2017年01月31日

コール・ラ・メール 次回練習日

11月13日(日)に第21回玉野合唱祭に出演しました。

玉野市文化センターも,後,数ヶ月で使えなくなります。玉野市の行政さん達には,文化振興にもっと力を注いで欲しいものです。

新曲の練習が始まりました。

コール・ラ・メールは,岡山県玉野市の混声合唱団です。当合唱団は,宗教曲から日本の作曲家による合唱曲,ポピュラー音楽まで何でも歌える合唱団を目指しています。

常時団員を募集していますので関心のある方は,下記の練習予定をご覧の上,一度,練習を観に来ていただけたらと思います。

次回練習日時と場所は,1月29日,日曜日の13:30〜17:00で,玉野市文化センター2Fの予定です。
posted by HDSED at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | info

2017年01月06日

お注射の日

1年に1度の五種混合ワクチン接種の日がやって来ました。朝,うとうとしているところを襲って一気にケージに・・・。

「不意打ちとは卑怯だにゃー!!」

と言っていたかどうかは定かではありませんが,忰山動物病院まで車で行く間ずっと不機嫌そうに鳴いていました。で,着いたら着いたで今度はケージから出てきません。まずは,ケージをばらして診察台に乗せて体重を量りました。4.○kg。太り過ぎでもなく,痩せ過ぎでもなく,まずまずです。

tamao 怖がるタマオちゃん

診察は,すぐに済んで,注射もあっけなく終了。タマオは,ここまで,うなるでもなく,引っ掻くでもなく,おとなしくしていました。そして,帰るときには,自分からさっさとケージに入っていきました。診療代金は,5千円ちょっとでした。これでタマオちゃんが長生きしてくれたら納得の出費でした。

帰ったら,今日1日はおとなしくしているんだよ・・・。
posted by HDSED at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんこ

2017年01月04日

BANDAI HG 1/144 百里 おすすめ度 ☆☆☆☆★

部品の切り離しに失敗して部品請求しているうちに放置状態となってしまいました。そのあおりを受けて同時に購入した百錬もいまだ待機中です。

NEW KITとして扱うにはそろそろ難しくなってきましたが,まだ本放送中(鉄血のオルフェンズ)なので,まぁ,いいか・・・。

100ri

<実機について>

テイワズの下部組織,タービンズの女性パイロット,ラフタが登場する高機動型モビルスーツ。背中の巨大なバックパックは索敵センサーとブースター,および,武装ラックであり,高速戦闘時には,腕部も収納する。バックパックの質量が大きいため,重力下では,自立することすら難しく,地上戦には向いていない。

100ri

<キットについて>

安定のHGクオリティのキットです。この様なデザインゆえに,自立が難しいのでスタンドが付いています。

・ポリキャップが付いていますが,半分ぐらいしか使いません。関節部分の部品の樹脂は,柔らかく,ポリキャップの役目を一部,代行しています。ランナー枠Cの部品がそれで,細かい部位の可動や変形を可能にしています。このCの部品,ランナーとの接続部,ゲート周辺が僅かにヒケるようでゲート跡を平滑にするには,かなり削ってやらなければなりません。塗料も乗りにくいようなので手間がかかります。

・腕のE4の部品がはめにくいですが,本来は,他の部品と隙間無くはまるようになっています。強引にねじ込んだりせずに周りの部品がきちんと入っているかどうかチェックしたり,はめ込みの角度が適正かチェックしたりしてみて下さい。

・肘につけるシールド接続用のアダプターは,取付けにくいし,左右で別部品なので注意が必要です。

・手は,ライフルを持つための握り手のみです。平手とか,拳骨とかつけて欲しいです。

人型から外れているために組み立てが分かりにくかったり,難しかったりしますが,コレクションの中で異彩を放つよいキットだと思います。
posted by HDSED at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS

2017年01月01日

明けましておめでとうございます。

皆様,明けましておめでとうございます。

new year   new year
ねむねむなうちの営業部長

懲りずに観に来ていただき,ありがとうございます。

今年1年が皆様にとってよき1年でありますように心から願っています。

new year 奥さんと母上ががんばりました。

今年のプロジェクト

◯ 手持ちの物品をリストラする。

◯ プラモもばんばん組み立てる。去年は完成品が1つしか上がらなかったけれど・・・今年こそ,やる。

 有言実行

 海洋堂 1/350 べ◯スター ウルトラマンも手を焼いたあいつ。 
 ソード 1/72 ジェット◯◯◯スト もたもたしているうちにAIRFIXからも出てしもーた。
 スイート 1/144 96式艦上戦闘機 くるくる回る〜。

 が,現在,部品洗浄中です。上手く行けば,前年比300%は確実です。←前年実績が悪いんだョ!!

◯ 今年の旅行先は,関東地方の某県の某湿原の予定。

◯ 4月よりHNを変更する予定です。
posted by HDSED at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月31日

2016年もこれでおしまい

今年もいよいよあと数時間となりました。

今年のがっかり

まず,今年の震災と大火事の被災者の方々にお見舞い申し上げます。

<たくさん亡くなりました・・・>

今年も後わずかというときに,ELPのグレッグ・レイク氏が亡くなりました。3月に同,キース・エマーソン氏が亡くなっているので二重にがっくりです。唯一残されたカール・パーマー氏は,さぞやショックを受けているでしょう。

他にも,レオン・ラッセル氏,デビッド・ボウイ氏,ジョージ・マイケル氏と洋楽ファンががっかりするニュースが次々に知らされました。でも,もしかしたら,今年,未来に於いて私たちを感動させてくれる新たなミュージシャンがこの世に生を受けているのかもしれません。そうでも思わないと悲しすぎるではありませんか。

と言っているうちにレイア姫こと,キャリー・フィッシャー氏の訃報が・・・もう,こらえて下さい。

<模型が完成しない>

ガメラに続いていくらか(5つくらい)は準備しているのですが・・・涙・・・。来年がんばります。

<仕事が増える>

正直,定年が近いです。

新しいスキルは,いりません。

新しいプロジェクトにも参加できませんし,残留してお手伝いすることも不可能です。

ホントにこらえて下さい。

早く,残務処理に入りたいです。

<日本の商業音楽は終わった>

レコード大賞の最優秀新人賞に見知らぬK国のグループが選ばれました。

他の受賞候補者を見ると,知らない,ヒットしていない,聴いたことない人ばかりです。

大相撲かい。

お人好し丸出しで外国のわけの分からないグループに賞をくれてやるくらいなら,今年は,該当無しにしてもよかったのではないですか?賞自体の権威が疑われますよ?

こんなことなら,若い頃のビートルズにだって最優秀新人賞をやってもよかったのではないですか?

J-POPのCDもK-POPのCDも新品のときには高いけれど,中古になったら投げ売り状態。

内容がつまらないので,CDをいつまでも手許に置きたいというユーザーがいないという証拠でしょう?

あ,レコードという言葉も現在では死語かな?

え?◯MAP?

S◯APのことなんざ知らん。SM◯Pがどーなろーと知ったこっちゃないわ。リズム感はいいんだそうだけれどね。今度のごたごたも単に話題づくりのためだったりして・・・。

SMA◯が消えても何も困りません。

業界がユーザーを騙して,価値のないものを押し付けることができた時代を終わらせましょう。

<オスプレイ墜ちた>

沖縄でMV-22オスプレイが墜ちました。

左翼系の人は,騒いでいるけれど,どうも喜んでいるとしか思えません。

海兵隊は,MV-22オスプレイの前にCH-46シーナイトというヘリを使っていたのだけれど,これは,自衛隊でも使っていたことがあって,とっくの昔に退役した老兵です。これが,そのまま現役にとどまり続けたら,どういうことになるか,想像するだに恐ろしいことです。

米軍のパイロットは,市街地に墜とさないためにがんばったようです。軍人は,戦闘に於いて人を殺すことがありますが,敵でもないものをめったやたらに軽々しく殺すわけではありません。敵味方関係なく人を殺めるものを,人は,軍人と呼ばず,殺人鬼と呼びます。

墜落ということでオスプレイにケチがついて政治的には大喜びなんだろうけれど,飛行機が墜ちて喜ぶこと自体は健康的じゃないね。

<12月31日の朝日新聞>

1面トップは「引き取り手ない遺骨 倍増」ですと。他に1面トップに値するニュースは無かったのでしょうか?たしかに深刻な問題ではあるのだけれど,1面トップはないわ。こんなことをされると,何か別のニュースから読者の目を逸らそうとしているのではないかと勘ぐってしまいますが・・・。

ちなみに

読売
米、露外交官35人追放…サイバー攻撃に制裁

毎日
「自由奪った五輪」 円谷と縁談の女性、初証言

四国(共同通信系)
大納会20年ぶり高値

山陽(共同通信系)
米 ロ外交官30人追放

産経は見つかりませんでした。

今年のにまにま

<終わった!!>

前任者の負の遺産をほぼ解消しました。自分1人の手柄ではないのですが,遠くて長い道のりでした。同僚に感謝です。

<ガメラできました>

ひさびさの本格的な完成品です。総制作時間は,3連休全部使えば一気に完成するぐらいのものでした。

<うどんの国の金色蹴鞠>

香川県高松市のご当地アニメがオンエアされました。HDSEDは,香川県から亡命した身とはいえ,20年以上住んでいたところなので素直にうれしいです。最終回は涙,涙の展開でした。

<アオシマ好調>

日本の飛行機モデラーが待望していた1/72 OH-1ニンジャを飛行機のハセガワ,ヘリプターのフジミを押さえてアオシマがリリース。しかも,間を置かず,1/144 US-2をリリースし,どちらも秀逸なできあがりとは!!どれだけモデラーを喜ばすつもりなのでしょうか?

また,1/72 三式戦闘機飛燕には,迷彩パターンのデカールを添付と,どこまでサービスをするのか,アオシマさん。2017年も期待しています。

<タミヤ 1/48 F-14Aトムキャット>

中華系キットの乱発の嵐の中,タミヤさんがやってくれました。すごいキットを作ろうと思ったら,CADと現在の金型技術を持ってすれば,精密なキットを作るのは不可能ではなくなってきました。部品を細かく分けて,レジンパーツやエッチングパーツ,カルトグラフのデカール(個人的に三種の神器と呼んでいます。)を添付すれば無敵です。しかし,タミヤさんは,後づけのアフターパーツ無しに部品数を押さえて,しかも,比較的低価格でそれを実現してくれる・・・。つくづくよい時代になったと思います。

・・・と思っていたら,まさかの1/48 三式戦闘機の発売。本気のタミヤさんは,恐ろしいです。

・・・ハセガワさんは?・・・もうすぐ,1/72 二式大艇が出ますよ!!

<"HALLELUJAH"歌えた。>

縁があって,高松市レクザムホールで"HALLELUJAH"の合唱に参加しました(伴奏は,瀬戸フィルハーモニーアンサンブルの方々)。他の機会に何度も演奏しているので歌うぐらいは歌えるのですが,しつこく五線の上の方で"HALLELUJAH"を繰り返すのでむやみに突っ走ると最後まで声が持ちません。今回は,パワーのマネージメントが上手く行きました。我々は,後,3年は戦える・・・。
posted by HDSED at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月29日

カルビー 伊勢海老かっぱえびせん FD060 お

最近,なぜか,かっぱえびせんにはまっているうちの奥さんのために娘が買ってきました。

ab

親父:海老味のえびせん・・・ぷくくっ・・・。

娘:無理に食べんでもええんよ。

親父:いや,ごめんなさい。ちょっとちょうだい。

娘:無理に食べんでもええんよ。

親父:いやいや,ぱくっ!!

通常のかっぱえびせんと食べくらべるまでもなく,エビの風味が濃厚なことが分かります。もっとも,伊勢海老味なのかどうかというと,自分の結婚式の披露宴以来,伊勢海老を食べる機会がなかったもので,自信はありません。まぁ,原料の表示にも伊勢海老が使われているとありますし,伊勢海老味なのでしょう。

うちの奥さんは,変わり種のかっぱえびせんを買って来ては試食した後,袋を洗ってコレクションしています。わさび味とか,白醤油味とか・・・で,今回も・・・。

娘:もう少しで無くなるよ・・・。あれ?

ぴりりりりり・・・・

娘:あ〜っ!!

奥さん:お父さん、えびせんを買って来なさい。

娘:セブンイレブンで売ってるよ。少し高いけれど・・・。
posted by HDSED at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2016年12月23日

両備バスフレンズパック ドイツクリスマスマーケットとルネサンスイルミネーションクルーズ

奥さんが両備バスのツアーのパンフレットでこのツアーを見つけて申し込んでくれました。

ドイツクリスマスマーケットとルネサンスイルミネーションクルーズ・・・長!!

本場ドイツからやってくる「クリスマスマーケット」は、大阪に居ながらにして、ドイツを味わえる冬季大阪の最大級イベント。10万個を超えるイルミネーションが煌く世界最大級のクリスマスツリーが華やかに彩る。会場に並ぶ木製の小屋(ヒュッテ)は、クリスマスオーナメントや民芸品のプレゼントの販売、そして名物ホットワインなど、本場の雰囲気さながらのクリスマスを楽しめるマーケット。

だそうです。

うちの奥さんが本場のクリスマスマーケットに行きたがっていたのですが,ドイツは最近,物騒なので諦めていたところ,このようなイベントがあったとは・・・ラッキー(死語?)!!

集合場所まで出かけたら,後はお任せのらくちん旅行でした。集合は,午前11時過ぎで山陽道から三木のサービスエリアなどで休憩,午後2時30分ごろに梅田駅の近くの梅田スカイビル・ワンダースクエアまでやって来ました。ここで午後5時10分まで自由行動です。

christmas
クリスマスマーケットに行く前に,地下の滝見小路を見学。昭和テイストの飲食店街です。

christmas
昭和といえば,ミゼット,ミゼットといえば,昭和。定番のライトグリーンから外して,敢えて黒く塗ったセンスを評価したいです。HDSED自身(大村崑のCMをリアルタイムで観ています。),黒いのは見たことがありませんでした。ミゼットIIの黒いのは結構いますけれどね。

christmas
115年以上前に作られた,現存する中で最も古い部類に入る木製メリーゴーランドです。

christmas
オーナメントや食べ物を売るヒュッテが,30軒ほど並んでいます。

christmas
会場に灯りが灯く前に,梅田スカイビルの空中庭園にも行って来ました。三階のエレベーターで高度を稼ぎ,100mを超える高さに設置された外が見えるエスカレーターに乗り換えて上って行きます。

空中庭園を有する梅田スカイビルは、そのダイナミックかつ卓越したフォルムで世界的に知られる建築物。2008年には英紙「THE TIMES」にてタージ・マハルやサグラダ・ファミリアと並び「世界を代表する20の建造物」として紹介されました。

ですと。

christmas
空中庭園からの絶景。

christmas
またまた,地上に降りて来ました。マツダのショールームのロードスターのディスプレイが人目を魅いていました。しかし,うちのカメラは,赤色がうまく写せないですね。

christmas
再び,屋台巡りです。灯りもちらほら灯き始めました。

ココア・・・甘かったです。

ソーセージ・・・美味しかったです。

ピザ・・・ちょっと辛かったです。

シュトーレン・・・買いました。後のお楽しみ。

christmas
クリスマスツリー,点灯です。これより,集合時刻まで10分です。写真を撮って急げや,急げ。

christmas
日銀大阪支店・・・なぜか,インド。

大阪市内の渋滞の中を遊覧船の船着き場(淀屋橋駅大阪水上バス アクアライナー)まで走る両備バス・・・。やっと着いたと思ったらパトロール中の婦警さんが「混雑しているから。」とバスを停車させてくれません。どないせいっちゅうんじゃ?

なんとか遊覧船に乗って中之島の夜景を堪能した後,バスは,岡山へ・・・。本日のツアーは,これにて終了です。両備バスの運転手さん,添乗員さん,お世話になりました。

christmas
今回の戦利品。中は空洞で,お香やろうそくを入れて楽しむことが出来るようになっています。
posted by HDSED at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年12月04日

第6回 暮らしを彩る器フェア

今年も年に一回コンベックス岡山で開催される陶器市に行って来ました。

去年までは,"暮らしを彩る器フェア大陶磁器スタジアム"だったのに,今年は,"暮らしを彩る器フェア"ですと。一体何があったのでしょうか?

utsuwa

西日本を中心に全国各地の窯元や手作り雑貨やドライフルーツなどのお店が100あまり,それに軽食や喫茶のコーナー,手作り体験や生け花展示などさまざまな催しがあって毎年楽しみにしています。

utsuwa

出展窯元の花器を用いて地元岡山の華道家が生けた作品の展示です。なかなか気合いが入っていますよ。

utsuwa utsuwa

岡山や近県の名物ファーストフードの出店で昼食も可能です。奥さんとHDSDが頂いたのは,千屋牛を使った肉うどんと肉焼きそば。どちらも¥500で手軽に千屋牛を楽しめました。

utsuwa
今回の戦利品 その1 岐阜県須賀窯のきつねさん 

高いところに孤独に置いておくと雰囲気が抜群です。

utsuwa
今回の戦利品 その2 滋賀県 陶工房鮫島の一輪挿し

金属っぽく見えるけれどそうではない不思議な彩色。去年買おうと思ったのですが,資金切れだったので購入を断念,今回,やっと入手できました。

utsuwa
今回の戦利品 その3 土岐土器屋のすり鉢

胡麻などをすって,野菜を入れて和え,(デザインがすっきりしているので)そのまま食卓に出せるという優れものです。

utsuwa
今回の戦利品 その4 益子焼 道祖土 和田窯のお茶碗

うちの奥さんは,一度にたくさん食べられない人なので小さいお茶碗が役に立ちます。左の青がきれいですね。

明日(12月5日 10:00〜1600 入場料¥500)までやっています。興味がある方は,ぜひ。
posted by HDSED at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年11月28日

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 MV-189

奥さんが「映画が観たくなった。」というので,娘も誘ってちょいと東宝シネマズ岡南まで行って来ました。

<お話>

ハリーポッターシリーズよりも70年前の話。時は,1926年,第一時世界対戦の傷も癒え,地下鉄の建設が進み,電灯が整備され,自動車が行き交う大都会ニューヨークにイギリスからの客船が着岸した。

客船から上陸したのは,ニュート・スキャマンダー,魔法学校ホグワーツを卒業後,イギリスの魔法省に勤めていたが,現在は,魔法生物の研究家である。彼は,ある目的のためにニューヨークに来たのだが,上陸早々,持参していたトランクから何匹かの魔法生物に逃げられてしまう。ニュートは,逃げた魔法生物達を追ううちに,缶詰工場に務めてはいるが,パン屋として開業しようと銀行を訪れたジェイコブ・コワルスキーと関わることになる。

<アメリカ>

子どものときに思い描いていたアメリカってこんなんでした。アメリカの女の人も,こんな感じ。色彩も押さえ気味で大変よかったです。

<コワルスキー>

ロシア系の移民かしら?昔,キラー・コワルスキーっていうプロレスラーがいましたね。←歳がばれる。

戦争でひどい目にあって,何もかも失って缶詰工場の工員になっています。見た目は,太めのおっさんですが,優しく善良で志のある人物です。本作のコメディー・リリーフ。

<大人の魔法使い>

ハリー・ポッター・シリーズと世界観をともにしているので魔法を使う仕草や人物の相関関係が共通しています。今までのシリーズを観て来た人達には,うれしい配慮ですね。

ここで注目したいのは,ニュート達の魔法の使い方。魔法学校に通っているような拙いところはなく,成熟した使い手の技が堪能できます。

<続編>

ニュートは,もう一回ニューヨークにやって来そうだし,ニュートと英国魔法省とのトラブルなど回収できていない伏線もあるし,続編は,きっと制作されるでしょう。老後の楽しみが増えました。
posted by HDSED at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES

2016年11月26日

目つきが悪いけれど・・・

伯父のお見舞いに行ったときに見かけたにゃんこです。

nyan

ちょっと目つきが鋭くてこわい子かと思っていたのですが・・・。

写真を撮らせてくれたので「ありがとう」と言うと,

「ふにゃ〜」と鳴きながら近づいて来て背中を向けました。

背中をさすれとのリクエストです。以外と寂しがり屋さんなのかな?

何か食べさせてあげたかったのですが,手許には飴しかなかったし,側に「ネコに餌をあげないでください。」という札がかかっていたしで何もしてあげられませんでした。切ない・・・。
posted by HDSED at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんこ

2016年11月19日

第35回 未完成チーム 模型展示会

恒例の未完成チーム模型展示会を観に行って来ました。相変わらず,完成度の高い作品がいっぱい展示されており,新キットのサンプルやホビー誌に掲載された作例も観られるという楽しい催し物でした。開催は,11月20日(日)夕方(16時ころ)までです。

<80年代>

今回のテーマの一つが80年代。30年ほど前ですね。HDSEDもその頃のキットをたくさん抱えています。

未完成0909 
バンダイ NON Dr.スランプ アラレちゃん キャラメルマン1号

メタリック/キャンディ塗装が決まっています。そうか・・・アルクラッドを使えば解決するのか・・・。

ちょっと違うと思うぞ。

未完成0909
イマイ 1/72 オーガス ガウォーク

"マクロス"と同じく,"オーガス"もイマイとアリイが分担し合ってキットをリリースしていました。イマイ版の方がシャープなできで箱絵も美しい(高荷先生の作品)ものでした。

オーガスシリーズについての記事を見つけました。

未完成0909
イマイ/WAVE 1/72 レギオス・アーモソルジャー

WAVE版は,全体にごつくて太いプロポーションで筋彫りがたくさん入っています。現在の技術で作られているので組み立ても容易でよく動く・・・一方,イマイ版は,原作に近いプロポーションになっているようです。今回は,アーモファイター形態の完成品も展示されていました。

<ガンダム>

未完成0909
バンダイ RE/100 1/100 MSK-008 DIJEH

キットの状態でガンダム系のアイ・センサーの接続部分が再現されています(2つ買ってねってこと?)が,この作品は,それを更に推し進めたもの。しっかりガンダムになっています。

<高橋良輔監督>

キャラクターモデルの展示は,高橋監督の作品をテーマにしていました。高橋監督って"ママ4"("ママは小学4年生"←娘が観ていました。)も監督していたのか・・・。

未完成0909
WAVE 1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット

このキット,定価で買うと2万円近くするんですね。・・・一体5千円。お〜,こわ。

ちょっと見,分かりませんが,4人の方の共作です。よ〜く見ると,カメラの部分の処理やウェザリングの程度が微妙に違っていて興味深かったです。

未完成0909 未完成0909
TAKARA/MAX FACTORY 1/72 SOLTIC H8 ROUNDFACER

これも,新キットが出ました。とは言っても,2014年のリリースだから2年も経つのか・・・。こうして並べてみると,旧キットのプロポーションの方が好みである方も少なくないかもしれません。

<スケールモデル>
未完成0909
アオシマ 1/24 "BACK to the FUTURE II"デロリアン

空が飛べるようになったデロリアンです。アオシマさんがときどき再販してくれるので,某密林でプレミア価格のキットを買わないでも済みます。各部のコード類の塗り分けがみごとでした。

未完成0909
ハセガワ 1/24 VOLKSWAGEN TYPE 3

ハセガワのVOLKSWAGEN TYPE 3は,バン,トラック,バスの3つのバリエーションがあります。今回は,4台を展示していましたが,この配色は渋い。

未完成0909
タミヤ 1/48 ミリタリーミニチュア(クロムウェル,シャーマン,ブレン・ガンキャリアなど)を使用してのジオラマ

映画"戦場に架ける橋"の1シーンを再現。ホビー誌に掲載された作品です。10台を超える車両にリアルな樹木,写真に撮って薄目で見ると,本当に映画の映像のようです。

未完成0909
タミヤ 1/35 新旧 M10

M10駆逐戦車は,旧作発売から40年以上経っての新版となりました。丁寧に作られているのでどちらがよいとも悪いとも・・・汗・・・。旧作の方が太くてごつい印象です。

未完成0909
童友社 1/144 FOCKER F27 FRIEND SHIP

うちにも同キット(全日空のモヒカン塗装のやつ)がありますが,それを組み立ててもこうはなりません。新キットが出るのを待ち望んでいます。

未完成0909
AIRFIX 1/72 TSR2

日本では,あきれるほど売れたという,アニメ"ストラス 某"版も作られたという,AIRFIX 1/72 TSR2,この作品は,もし,採用されて中東で使われていたら・・・という仕様です。これ,自分が知っている同キットじゃないです・・・。王道の試作壱号機も展示されていました。

未完成0909
ハセガワ 1/72 B-47 STRATOJET

冷戦時代のアメリカの戦略爆撃機です。後継機のB-52にすぐ交代してしまいました。ハセガワ版は,ベテランキットですが,未だにこれを超えるキットは出ていないというすごいものです。発売当初は1000円だったかなぁ・・・。

未完成0909
ハセガワ/FROG 1/72 アブロ シャクルトン

現在でもイースタン・エキスプレスから発売されています。REVELLやAIRFIXから新キットが出ましたが,あれは,前期型。こちらは,後期型です。HDSEDは,新キットが出ると言うのでこちらは手放してしまいました。シャクルトンのキットを3つも抱えているなんて・・・想像するだに恐ろしい・・・。

このキットは,パネルは,凸モールドで,リベットが鬼のように打たれており,(FROGの作風やないやろ!!)舵面も可動というもの(当時のREVELL 1/72 B-17などのように大型飛行機モデルのスタンダードな仕様です。)。延々,これにペーパーがけして筋彫りを施すという作業をした後,部品を接着すると,あちこちに隙間が・・・という展開が目に見える(AIRFIX版に転ぶわけです。)ようです。

これも,当時,1000円。今の貨幣価値(ハセガワ 1/72 F-100 やライトニングが250円でした。)だと,6000〜8000円くらいかな・・・。

<その他>

会場では,艦船モデルも展示してありましたが,気付いたら,写真を撮っていませんでした。いつもの城郭を載せたオリジナル戦艦も数点,艦船モデルならではの巨大作品,何かと話題のハセガワ 1/700 いずも(ピットロードもフルハルモデルを近日発売)など見るべきものがたくさんありました。

ほんの短時間でしたが,うちのガメラ君も展示させていただきました。

友達のA葉氏が好きな宇宙戦艦アンドロメダのミニモデル(フルスクラッチ)が展示されていました。

昔懐かしいムサシヤのラムちゃんや1/20リン・ミンメイなどフィギュアも展示されていました。

さぁ,これから,プラモを作って,1年間生き延びて,また,未完成チームさんの展示会に行こう!!
posted by HDSED at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

タミヤ 1/48 F-14A TOMCAT おすすめ度 ☆☆☆☆☆☆

今年の飛行機プラモの最大の収穫は,本キットと12月発売予定のハセガワ1/72二式大艇と言い切っていいのではないでしょうか?(ボークスのF-4は,大都会に住んでいない人は,通販でしか入手できないからね。後,来年は,AIRFIXのVICTOR。)

タミヤ 1/48 F-14A TOMCATを(職場のある高松での)発売日に入手しました。

<実機について>

名機F-4ファントムIIの後継防空戦闘機としてアメリカ海軍が選定したのは,空軍との機種統合(TFX計画)を目指して開発されたGD/グラマン F-111Bであった(空軍向けは,GD/グラマンF-111A)。F-111Bは,着艦性能や航続性能を高めるため,VG翼を採用,武装として200kmを超える射程を誇るAIM-54 フェニックスミサイル(試験中ECM環境下での迎撃にも成功、6目標に対し6発を発射して4発命中)を装備し,アメリカ海軍の防空もこれで万全・・・というわけにはいかなかった・・・。F-111Bは,はじめから大きな機体だった上に改良の度に機体重量が増大していき,艦載機としては不適格とされて開発は中止されてしまったのだ。

F-111Bの開発中止を受けてグラマン社が新たに開発したのがF-14 TOMCATである。エンジンとVG翼,火器管制装置をF-111Bから受け継ぎ,防空戦闘機としてシェイプされた機体は,空母上での運用や格闘戦により適したものとなった。F-14Aに搭載されたTF-30ターボファン・エンジンは,F-111AやF-111Bに装備されたものと同じものであったが,出力が十分でなく,コンプレッサー・ストールをおこし易い(ぶっちゃけ,扱いが難しく,すぐエンジン停止する)という問題を抱えていたので,後に,TF-30自体の改良やF110エンジンへの換装(B型D型)が行われた。

F-14は,1973年にアメリカ海軍に正式採用され,ベトナム戦争の最末期上空支援に参加した後,中東やアフガニスタンでも作戦に参加,2006年に退役した。唯一,海外で採用されたのはイラン空軍であったが,その後,国交が断絶,退役したF-14のほとんどがイランへの部品供給を絶つためにスクラップにされた。なお,件のイラン空軍では,F-14同士からの部品の流用やホークミサイルを改良したものをフェニックス・ミサイルの代替品とするなどの努力により今なお主力戦闘機としての地位を保っている。

<キットについて>

本キットは,すでに複数のホビー誌によって紹介されていますのでいまさらHDSEDがどうこう言うこともないのですが・・・敢えて言おう,傑作であると!!

F-14

機首と胴体背面前後,4個の部品を切り離して繋いだだけでこの状態です。接着剤は一切使っておらず,手で一カ所握っただけですが継ぎ目が見当たりません。娘曰く,「さすが,タミヤ,日本製品!」

F-14

継ぎ目,分かります?

F-14

機体の内側の継ぎ手で接続をしっかりサポート。

F-14

胴体背面前後のつなぎ目は,段差がありますが,実機にもある段差です。気を利かして段差をなくすると他でつじつまが合わなくなります。この部分も裏側にはしっかり継ぎ手があって正しい接続をサポートしています。

仕上がりをきれいにするため,一部のゲートがアンダーゲートになっていますが,ここの処理がシビアです。削りすぎると部品の合わせ目が開いてしまいます。もともと精度が良くて部品がぴったり合うだけにゲート跡の削り過ぎは避けたいもの。誰じゃろ?簡単に組めると言ったのは?・・・とは言っても,接着してしまえば,多少の隙間は消えてしまうはずですから気楽に作業していった方がいいかもしれません。

<何でかな?>

それにしても,これほどのキットが実売7000円弱で買えるとは驚きです。

人件費が安いはずの中華メーカーや垢出身のキットが高騰を続けているのに!!

どこやらのホビー誌のマガジンキットを4冊分(総額で一万円超え)を買わなかったら1/72のF-14Dの部品が揃えられなかったのに!!

1/72イリューシン2のときも思ったのですが,タミヤが本気を出すとすごい!!怖いくらいです。

〇戦のときもそうだったけれど,もで◯ぐら◯○○くすがマガジンキットを出すと,タミヤさんがカウンターを打ってくるなぁ。ふぁいん・も◯◯どさん,だいじょうぶかなぁ。
posted by HDSED at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | NEW KITS

2016年11月06日

第17回おかやま骨董アンティーク市

oa

年2回,岡山市のオレンジホールで開催されているおかやま骨董アンティーク市に行って来ました。

oa
会場でアンケートに答えると,案内のハガキが来て,そのハガキを持参すると,ガラポンで抽選ができて・・・いつもは,アメちゃんが当たっていたのですが,今回は,何とぉ!!お買い物券が当たってしまったのです!!

oa

唐揚げやレンコンコロッケ,焼き芋など,食べ物のお店も出ています。

oa

花の苗も売っています。うちの奥さんは,ナデシコの苗と多肉植物の鉢を少々購入しました。

oa

会場の雰囲気は,こんな感じ。いつも出ているおなじみのお店が多いですが,少々の入れ替えもあるようです。三原市の寳田さんの陶器のお店が来なくなったなぁ・・・。

oa

かなり大きいライト・フライヤーの模型。この大きさの割に,かなりお買い得な値段でした。

oa

昔懐かしいオロナインの携帯容器です。いつも,理科の実験器具を持って来ているお店の商品です。

oa

ここも,よく出展しているミニ盆栽のお店です。

oa

金剛杵だよ・・・こんなものまで・・・本物なのか,レプリカなのか・・・。
posted by HDSED at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年11月05日

BANDAI 1/12 C-3PO おすすめ度☆☆☆☆★

先日,友人のA葉氏と電話で話していたら,「BANDAIの1/144ミレニアム・ファルコン号を組んでみたら,部品の合わせ方があまりにも巧みで感動してしまった。」という話になりました。BANDAIによるスターウォーズ関連のプラモの展開は,一般ユーザー(A葉氏は,本格的に模型を趣味にしているわけではありません。)にとってはよいことなのでしょうね。

で,今回のお題は,おしゃべりロボットC-3POです。

c3

<実機について>

スター・ウォーズの世界に存在する多数の種族間で互いの意思の疎通ができるように設計されたプロトコル(儀礼・通訳用)ドロイド。600万を越す宇宙言語や暗号,各種族の儀礼に精通しており,初対面のものにそれを自慢げに語る癖がある。非常におしゃべりでのべつまくなしにしゃべり続けているが,周りのものには聞き流されている。

c3

<キットについて>

・バンダイお得意の多色成形,全身可動スナップ・フィット・キットです。

・C-3POの金ピカのボディを表現するため,主要な部品はメッキ処理されており,ゲート処理のときにメッキが剥がれた部分が露出しないようにアンダー・ゲートになっている部品がたくさんあります。しかも,映画の新シリーズ仕様で右足のみが銀色になっています。

c3

・両腕は,可動重視のものと外観重視のものと2通りが用意されています。写真は,可動重視仕様。シリンダーの部品の色がメッキじゃないので少し悲しい・・・。

・腹部のごちゃごちゃしたコード類の部品は,用意されていますが,ややオーバースケールです。かといってこれをプラスチックの部品のまま細くするのは難しいでしょう。潔く素組みにするか,がんばってディテール・アップするか,当面は素組みで気が向いたら手を加えるか,悩ましいところではあります。
posted by HDSED at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS

2016年10月30日

三菱 GTO 1990〜2001 QC-036

今回も,敢えて三菱を応援と言うことで・・・くどくてごめん・・・。三菱 GTO です。

gto

<実車について>

当時生産されていた三菱ディアマンテのエンジンやシャーシを基本として開発された四輪駆動のスポーツクーぺで3000ccDOHCエンジンを搭載,NA仕様で225hp,ツインターボ仕様で280hpを発揮する。車名はGTOとなっているが,実質は,スタリオンの後継車。北米市場を意識して直線道路を余裕を持って高速クルーズできるよう性格付けされていた(曲がるのが不得手?)。

gto

生産期間を見ると,20世紀から21世紀にかけて生産された車,と言うことになるのかな?

<プラモ>

1/24でタミヤから出ています。実車のリリースに合わせて開発されたので入手困難かと思いきや,普通に買えるようです。・・・と,安心していたら,カタログ落ちしてしばらく買えなくなるやもしれません。一期一会,一期一会。

ちなみに,FTOは,1/24でフジミから出ています。
posted by HDSED at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車

2016年10月23日

STAR TREK BEYOND MV-188

うちの奥さんがはまっている"スタートレック"の劇場版の最新作"STAR TREK BEYOND"を観に行って来ました。劇場は,東宝シネマズ岡南。いつものところでいつものように映画鑑賞です。

<お話>

宇宙探査の任務を遂行中のカーク船長は,補給のために立ち寄った宇宙基地ヨークタウンで異星人の宇宙船を救助して欲しいと要請を受ける。そして,辿り着いた惑星アルタミッド(何で英語?)で待ち受けていたのは,無数の小型宇宙船であった。正体不明の宇宙船軍の攻撃を受け,エンタープライズ号は,あっという間に破壊され,多数のクルーの命が奪われる。エンタープライズ号は,崩壊しながら惑星アルタミッドに墜落して行く・・・。

<ジェイラ>

惑星アルタミッドでスコットが遭遇した異星人。なぜか英語を習得していますが,その理由は後に明らかになります。

・・・忍者?・・・だよね。

<クラール>

今回のラスボス。なぜか英語を習得していますが,その理由は後に明らかになります。

・・・ジャミラ?・・・だよね。

<カーク船長>

無茶ばかりしてます。こんなのにつき合うクルーは大変。宇宙戦艦ヤマトに乗るのとエンタープライズ号に乗るのとホワイトベースに乗るのとでは,どちらが死亡率が高いのでしょうね?

勘弁してよ。

<TVシリーズ>

本作では,TVシリーズのネタがたくさん盛り込まれています。バルカン人の内蔵の配置とか,TVシリーズでおなじみのクルー達の会話とか行動とか・・・論理的であることを重んずるとか言ってるどこかの異星人は,相変わらず言行不一致でした。

<疲れました。>

アクションやスペクタクルがてんこ盛りです。2時間ほどの上映時間があっという間に過ぎました。3Dで観なくてよかった・・・ほっ。
posted by HDSED at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES

2016年10月20日

うどんの国の金色毛鞠 MV-EX019

香川県(主に高松市)のご当地コミック"うどんの国の金色毛鞠"(篠丸のどか)がアニメ化されて放送が始まったというので観てみました。ごくごくローカルな作品ですからON AIRしている局は少なく,地上波4局,BS2局の他は,ネット配信となるようです。HDSEDは,岡山在住ですが,西日本放送(RNC)の放送エリア内なので何の問題もなく地上波デジタルで受信できます。

tanu
"鉄"の間では古い車両を運用しているので有名なコトデン。そのコトデンには,"うどんの国の金色毛鞠"とコラボしている電車があります。

<お話>

うどん屋の息子俵宗太(30歳)は,上京して現在は,ウェブ・デザイナーとして働いている。

父親が死去したため,遺品や実家の始末のために帰郷した宗太は,うどんを茹でるための釜の中で寝ている子どもを発見する。

<・・・って>

タヌキの部分以外は,HDSEDが大嫌いな映画"UDON"(2006 本広克行監督 主演 ユースケ某←こいつが嫌い。香川をなめている。)とそっくりじゃなイカ。("侵略!イカ娘"いつの間にか連載終了していました。)

主人公が標準語をしゃべっとるところも・・・。(中の人は香川県出身,早乙女アルトの人)

・・・ううう・・・気付かにゃよかった。

<讃岐弁>

主人公の幼なじみ,中島忍以外は全くアウトです。お姉さんとか坊さん(高松では"ぼんさん"と言う)のセリフは,違和感725%増量という感じでした。

隣の県(岡山とか徳島とか愛媛)の人が素でしゃべっている方がよっぽどましです。

これも,あの映画"UDON"と同じ・・・とほほ・・・。

<えぇ〜!!ここ,やめちゃったんですか?(劇中のセリフ)>

この夏,HDSEDも,久しぶりに立ち寄ったうどん屋さんが廃業していてショックを受けました。

香川県では,年間70軒のうどん屋さんができて,70軒閉店するそうです。経営が立ち行かなくなってやめるところもあるけれど,後継者がいなくてやめるところも少なからずあります。

ちなみに,HDSEDの知り合いの高松の某有名店の息子は,「うどん屋はせん。」とのこと。

<まぁ,第1話だけしか観とらんから>

絵は上品できれいだし,背景とかは,ほぼ現地のままだし,次の展開に期待しましょ・・・。

tanu tanu
高松祭りともコラボしています。

映画"UDON"(2006)は大嫌いだけれど,・・・はぁはぁ,つい,感情的になってしまいました。本作には何の恨みもありません。数少ない香川県のご当地アニメです。うどん県副知事の要潤氏も予告編の中の人として出演しています。みなさん,応援してやってください。
posted by HDSED at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES

2016年10月03日

アオシマ 1/72 新明和 US-2 お進め度 ☆☆☆☆☆

前回に続いてアオシマさんの飛行機のキットです。

海上自衛隊が装備する大型飛行艇US-2を組み立てて手許に置きたいと思っているモデラーはたくさんいるでしょうが・・・キットが無い!!・・・いや,あったんですけれどレジン・キットだったし・・・というわけで,今回のリリースは非常にありがたい!!これからも,この調子でP-1とか,C-2とかどんどん出していただきたいですね!!(かつてのマル◯ンやイ◯イみたいにならない程度に)

us2
塗装に支障がない程度に組んでいます。

<実機について>

大戦時の傑作飛行艇,川西二式大艇の流れを汲む新明和PS-1/US-1を改設計して大幅に性能を向上させた機体。PS-1/US-1譲りのSTOL性能と消波機構により波高3mの荒海への着水が可能な他,新規にキャビンを与圧式にし,加えてアビオニクスを大幅に近代化している。このことにより,救難飛行艇として世界第一級の性能を誇る。

us2

<キットについて>

・全面に筋彫りと適度なリベット打ちに加えて,どの部品もぴたりと付く精度の高いキットです。艇体の真ん中ほどの主脚収容部の裏側あたりに補強が入っていて,しっかり艇体が組み上がります。

・展示用スタンドと尻餅防止のためのおもりが付属しています。この展示用スタンドがなかなかのものでゲート跡が目立たないようになっており,機体に穴を開けないでもよいように継ぎ手になる部品も入っています。ちょっとスタンドのアームと継ぎ手の接続がゆるくなっているので調整が必要です。

・写真の状態では,まだおもりを入れていません。このままでは,機首を上げてひっくり返ってしまうので,バランスをとるために機体を前傾させいてます。ちょっと格好悪いけれど,今は,これが精一杯・・・。

・主脚収納のためのバルジの部品の精度が高く,胴体にぴったりとくっつきます。胴体の塗り分けラインがそこらにあるのでこれは本当にありがたい!!胴体背面の部品や主翼の接合部は,少し擦り合わせをして接着するとよいでしょう。

・離水時のフラップダウン状態を無改造で再現可能となっています。ここは,その状態で組み上げたいところですが,パイロットの部品が入っていません。ドローンでもあるまいに,ここは,どっからかパイロットをスカウトしてこなければなりません。これが,このキットの数少ない欠点かな?(旅客機の完成モデルによくあるようにスモークグレーなどで窓を塗りつぶすという手もありですね。)
posted by HDSED at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS

2016年10月02日

ダイハツ ミゼット(二代目) 1959〜1972 QC-035

先日,出張で同僚の車に同乗していたら・・・

HDSED:あっ!!あれは!?
同僚 1:・・・
HDSED:ミゼットじゃ!!
同僚 1:・・・
HDSED:写真撮るから止めて!!
同僚 1:・・・
同僚 2:早く,お昼ご飯を食べに行こう。
HDSED:止めて!!

・・・・・・あああ゛・・・・・

後日,別件で自転車に乗って近くまで行ったときに写真を撮らせていただきました。

midj

<実車について>

多くの方がミゼットといえば,この型を思い浮かべるかもしれないが,初代のミゼットは,オートバイのようなハンドルをつけた幌付きで単座のもっと小さな三輪車(250cc 10hp)だった。

二代目のこのタイプは,カエルさんのようなキャビンと通常のハンドルを備え,エンジン出力もアップした(305cc 12hp・・・それでも箱根越えは厳しい・・・)2人乗車可能なモデルとなった。

戦後の狭い町中の道路をその小型な車体をいかして駆け回り(「街のヘリコプター」と言われた。),町の零細事業者の手足となって戦後の人々の暮らしを支えた真の名車と言える。

総生産台数は,33万台あまり,約半数が東南アジアに輸出され,パキスタンでは,ノックダウン生産も行われた。なお,後継車のハイゼット(HIGH MIDJETの意)やミゼットIIは,四輪車となっている。

midj

写真の個体は,ナンバー付き,走行可の現役車です。ちなみに,三輪車は,3ナンバーです。

黄色と緑の目立つカラーリングは,オーナーが,道行く人の目を引いて見に来てくれるようにとリペイントしたものです。HDSEDも引っかかったので,効果は確かにあるようです。ま,旧車の象徴であるフェンダーミラーを見逃すようなHDSEDではありませんが・・・。

写真を撮りながら,オーナーの方と,しばし,旧車についての話が弾んだので,最初にこの車を見かけたときに同僚の車を止めないでよかったです。そして,そこには,あんなものやこんなものやそんなものが・・・

midj 「あんなもの」です。

<プラモ>

初代 マイクロエース(旧LS) 1/32
弐代 マイクロエース(旧LS) 1/32
MIDJET II フジミ 1/24
posted by HDSED at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車

2016年09月22日

アオシマ 1/72 川崎 OH-1 NINJA お進め度 ☆☆☆☆☆

新キットの記事がこの5ヶ月間1個も上がっていませんでした。この間,な〜んにもキットを買っていなかったわけではなく,1/48シュペルなにやらとか,1/700三◯とか,1/144VFかんたらとか買っていたのですけれどガメラの方に精力を吸いとられてしまって・・・バルゴンも見つからんし・・・。

最近,涙もろくなったのか,"君の名は"を観て泣き,"魔法使いの嫁 5巻"を読んで泣き,本部のおっちゃんのかっこよさ(ピクルを助けた!!)に感激し,アオシマのUS-2とニンジャを見て泣く・・・。というぐらい今回のアオシマさんの新キットはうれしいものでした。何で,ヘリの◯ジミがキット化せんのや!!何でひこーきの◯セガワ(昔,UH-1で失敗してるし,ま,いいか・・・)がキット化せんのや!!何で◯ミヤはイタレリにキット化してもらってウォーバードにラインアップせんのや!!と思っていたのはHDSEDだけではないでしょう。

<実機について>

陸上自衛隊のOH-6観測ヘリコプターの後継機として1997年に正式採用,2000年に量産1号機が納入された。

攻撃ヘリに多く見られる直列複座の機体でコクピットの直後に複合センサーを装備,生存性を高めるために自衛用の対空ミサイルポッドを搭載する。テールローターは,アエロスパシアルガ特許を持っていた(現在は,特許の期限切れになっている。)フェネストロン方式で,更に,8枚のローターブレードは,風切り音を小さくさせるために不均等に配置されている。

その運動性は,宙返りや機首を上に向けての垂直上昇などのアクロバット飛行もこなせるほどに優れている。

ninja
箱に比べてキットは小さいです。もちろん,必要十分の部品数となっています。

ninja
塗装に差し障りがない程度に部品を接着した後,仮組みしてみました。

<キットについて>

初回特典でおまけ資料が入っています。

胴体部品を切り離すとき,垂直尾翼の先の衝突防止灯を切り飛ばさないようにしましょう。

胴体部品の張り合わせがタイトです。スナップフィットみたい。要調整です。

ミサイルポッドの合わせ目は,埋めてはいけないみたいです。

ローターハブやテールローターなど,繊細な部品が多いです。慎重に取り扱いましょう。

キャノピーのふくらみをスライド金型で再現してあります。

ninja
アオシマさんのBLOGにも書いてあったように,排気管の縁は,薄くなるように成形されていますが,更に薄くするとよいとのことです・・・納得・・・。リベットが細かく打ってありますが,これをいかしたままあちこち部品の継ぎ目を処理するのが大変そう・・・。

アオシマさんの飛行機キットといえば,青い◯嵐とか,◯雲とか,他のメーカーが出さないキットだけれど,完成度は???なものというイメージがありました。しかし,真大戦機シリーズが出てそのイメージは覆されました。(真大戦機シリーズは,再販される度によく売れているとのことです。)その真大戦機シリーズも大きく分けるとわずか3系統(Ta-152,紫電/紫電改,三/五式戦)。飛行機のキットの開発の経験が決して豊かとは言えないでしょう。そう考えると,今回リリースされたUS-2とOH-1の出来のよさに感動しないではいられません。
posted by HDSED at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS