2017年12月25日

コール・ラ・メール 次回練習日

11月12日(日),第22回玉野合唱祭(玉野市立荘内市民センター)に出演しました。

演奏したのは,3曲で,ラストの曲は,まさかの約40年前の懐メロ"異邦人"(松本孝弘や徳永英明など20人以上にカバーされています。)でした。

コール・ラ・メールは,岡山県玉野市の混声合唱団です。当合唱団は,宗教曲から日本の作曲家による合唱曲,ポピュラー音楽まで何でも歌える合唱団を目指しています。

常時団員を募集していますので関心のある方は,下記の練習予定をご覧の上,一度,練習を観に来ていただけたらと思います。

次回練習日は,12月25日で詳しいことは,未定です。分かり次第,この記事を更新します。

場所:メルカ二階中央公民館中の多目的防音室(小)の予定です。

変更がありましたら,分かり次第お知らせします。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | info

2017年11月19日

第36回 未完成チーム 模型展示会

毎年恒例の未完成チーム模型展示会にお邪魔しました。

今年のテーマの一つが「猫」。猫ブームですからね。
わたしらの世代だと,F-4FかF-6Fになるんですけれどね。人気のF-14トムキャットがずらり。トムキャットは,近年になってキットが代替わりしていますね。

 未完成
シトロエンH(アッシュ)を猫柄でラッピングしています。作品の解説にエブロの1/24キットの弱点が・・・読むんじゃなかった!!

 未完成
F-6Fヘルキャット・・・じゃなくて,敢えて,AFVの方を持ってくる・・・。

 未完成
フルスクラッチの猫娘とニットーのねずみ男。近作のアニメとは違う原作に近いキャラで造形しています。ねずみ男は・・・いつも変わらんね。

二つ目のテーマは,コトブキヤ。

 未完成
ホイホイさんたちの揃い踏み。1/1です。FAガールばかりが並ぶかと思っていたら,意地を見せてくれました。

三つ目のテーマは,艦載機。U.S.NAVYの機体が多くなるのはやむ無しか・・・。

 未完成
タミヤ1/48F-2Aバッファロー。発売後,かなり経っていますが,未だに衰えを見せない良いキットです。

 未完成
ハセガワ1/72A-1スカイレイダー。うちにも在庫がありますが・・・ハセガワさん,デカールをなんとかして・・・号泣。

 未完成
シンゴジラの一場面をタミヤの1/48キットで再現。十式がいっぱい!!

 未完成
週間でパーツを買って完成させるディアゴスティーニの1/144TB2号。全部揃えると,19万円くらいかかるんだョ。こういうのを買うのには,覚悟がいりますね。TB2号,すごい大きさです。

 未完成
同じく,アシェットの1/144伊400。これは,20巻のところまで買って,晴嵐を追加購入。これも4万円くらいかな?
晴嵐,欲しいです。

未完成
アオシマの1/700補給艦ましゅう。"霧の摩周湖"を十八番にしている友人がいますが・・・じゃなくて,地元,三井造船玉野で作られた船です。今度,五六式も買っちゃいます。

未完成  未完成
フルスクラッチの1/700沿岸漁船多数。いつまでも眺めていたい・・・。

未完成
1/100範馬範馬。やっぱり,立てらんのね。緑色のチョイスが良いですね。いかにも宇宙戦用の機体らしく見えます。

未完成
ギャン子ちゃん。髪の塗装や布製のスカートの新造など,力が入りまくっています。

未完成
うちの子たちも展示させてもらっています(19日の昼過ぎくらいまでは会場にいます。)。

いつもながら,力の入りまくった作品がずらりとならぶ様は、壮観。写真は載せなかったけれど,ニチモの護衛艦とか,ノルマンディー上陸作戦の時のAFVとか,欧州車とか,見所満載でした。来年も見に来ますので宜しくお願いします。
posted by 五六式 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年11月15日

できました。 海洋堂 1/350 ベムスター/テレスドン/ベムラー・・・☆FCA-002〜004

8月から取り組んでいた海洋堂のソフビキット,1/350 ベムスター/テレスドン/ベムラーが完成しました。テレスドンは,既に画像を上げているので残りを掲載します。

sv
爪の色を彩度を落としたキャラクターイエローにしてツヤを消しました。前回の記事よりちょっと見やすくなったかな・・・。照明の関係でディテールが潰れていますが,実物はもう少しモールドが生かされた仕上げとなっています。

実力でこの人に敗れたUJが,やけくそになって現場から逃亡,たまたま出会った兄貴分に武器をもらってお礼参り,もらった武器でこの人を滅多斬り・・・どっちが悪もん?・・・宇宙ステーションだろうが,スペシウム光線だろうが,何でも食ってしまうので人類としては,野放しにはできないのですけれどね。

sv
グレー系の体色は,設定に準拠していますが,ちょっとブルーに振っています。脇腹の青いところは,お魚が婚姻色で色鮮やかになってるみたいなイメージ。発光するとか,感情によって色が変わるとか,そういう器官という設定で塗り分けてみました。

目線は,原作に準拠してロンパリにしています。そうしないと、ベムラーらしさが出ないと思います。

この人を追ってきたUMと科学特捜隊員ハヤタの乗機が衝突,ハヤタの生命は失われてしまいました・・・。暴走族を追っていたパトカーが事故を起こすみたいなことが起きているんですね。

この人の設定には「宇宙空間をマッハ1.3の速度で移動できる」とあるのですが,宇宙空間では音が伝わらないのでマッハ1.3だろうが,マッハ1000000000000だろうが,1mmも移動できないはずですね。それは,置いておいて,この人,いかにも邪悪そうな面構えですが,自力で恒星間航行できるぐらいだから,案外,人類を上回る知性を持っているのかもしれません。人は,見かけによらぬもの。

sv
今回製作した三体の揃い踏みです。テレスドンのコメントがなかったので,下に書いておきます。

この人の主な武器は口から吐く強力な火炎だそうですが,UMに対して使う間もなく叩き伏せられてしまいました。これって「敵基地先制攻撃」と同じだよね。現実の世界では,プロレスみたいに,「敵の攻撃を受けきって逆転」なんてことはしないわな・・・。"シンなんたら"では,ゴXXが幼生のうちに機関砲なり,ミサイルなりを撃たなかったから被害が甚大になりました。相手の実力や潜在能力を甘く見ると手痛いしっぺ返しを食らうってことですね。

4/1000
posted by 五六式 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2017年11月13日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-021

ベムスターの瞳を入れました。目にクリアーを入れたので勝手に瞳が光ります。そのため,ハイライトは入れてありません。手抜きじゃないョ。

sv
一応,完成までいきましたが,爪の色に納得がいかないので真の完成はもう少し先になります。もう少し,明度や彩度を落としつつ黄色らしさを失わない・・・なんて,できるのだろーか?

sv
ベムラーは,ここまで。瞳は,水性ボールペンで仮に入れてあります。

このキット,上半身は素晴らしいのですが,キャストキットであった時のパーティングラインを消しきれないままソフビキットにしたので,下半身の鱗のモールドが,いまいちです。そのため,モールドを生かした塗装をすると,アラが顕に・・・アラだけに・・・。キャストキットなら,モールドをもう一度彫り直すこともできるのですが,ソフビでそれをすると大変なことになります。なんだか,ぐだぐだですが,モールドの強調を抑えることで無難に完成させることにしました。

二体とも,週末までには,なんとかできるといいなと思っています。今週前半は,左手の療養のため作業中断です。
posted by 五六式 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年11月07日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-020

テレスドン,できました。着手から2ヶ月半経ちました・・・涙・・・。

sv
最後に,瞳を塗るだけになっていたのですが,目全体で米粒程度の大きさなので難儀しました。筆が届かんし,左右の目の膨らみ方が違うし,瞳の大きさがなかなか揃わんし・・・米粒にお経を書く人は,どんなんしょんじゃろーか?一応,完成したのですが,完全には満足していません。でも,キットを買った当時の技術だったら,ここまではいかなかったろうとも思います。

今回活躍してくれたのは,三菱のUNI STYLE FITという水性ボールペンです。色の数が多いし,失敗しても水で濡らしたティッシュで拭き取れば元に戻るし,瞳の位置決めをこれでやっておいて,後は,タミヤのアクリルのクリアブルーでちょちょいと瞳を塗ってやりました。

今回,彩色の参考のためにテレスドンの画像を検索して色々見たのですが,このキットの造形は,オリジナルのぬいぐるみを含めて最高峰ではないかと思いました。あらためて,これを1/350サイズで作る原詠人氏のすごさを思い知らされました。

ベムスターは,黄色で爪や嘴を塗るところで足踏み状態です。黄色を塗るのは難しいので二の足を踏んでいます。いっその事,他を全部マスキングして缶スプレーかエアブラシですぱーっとやっちゃおうかとも思うのですが・・・頑張れ,自分・・・。

svsv
ベムラーは,ドライブラシをして上塗りをしました。左より右のほうが落ち着いた感じにはなっているのですが,ぱっとしません。上塗りのグレーの隠蔽力が強すぎて,二色重ねているのに単色で塗ったように見えてしまうんですよね。おかしなことに,胸から上も同じようにしていて,こちらの方は,まあまあの感じになっています。どうしてでしょうか・・・深い・・・。背中は,もう一段黒くしようと思っているのでそこら辺も含めて要検討です。
posted by 五六式 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年11月05日

何だかなぁ・・・

その1

10月23日(月)の某大手新聞に"「くじ引き民主主義の導入を」 提言した政治学者に聞く"という記事が載ったそうです。五六式は,当日の某大手新聞を読んでないのですが,デジタル版にも載っているし,まぁ,ホントなんでしょう。

件の提言は,地方の人口が減少して無投票当選者が増え,選挙をするのもままならぬ,議員を選べないのなら,いっその事,(議員のなり手のない自治体は)くじ引きで議員を選出してはどうかという趣旨でした。(原文は,"くじ引き民主主義"で検索して探してくださいね。)

選挙があっても,結局,地元の有力者が世襲で議員になったり市長になったりするので,選挙なんてちゃんちゃらおかしい・・・みたいな自治体の場合(限定)なら,ちょっといいかも・・・。全く共感できない話ではありません。もっとも,実現のためには,当選した人の生業を,議員在職中,どうするのかとか,任期満了後の元議員の生活の保障ができるのかとか,様々な課題を解決しなければなりませんが。

よくないのは,これを衆院選直後の月曜日に載せたこと。紛らわしいじゃろ。国政選挙もくじ引きでってか?

あくまでも提言の対象になっているのは,それ自体が形骸化している地方自治体の選挙じゃろ?この限定の部分を読み取れない読者が結構多いらしく,議員を決めるのにくじ引きなんてとんでもないとあちこちで批判されているみたいです("くじ引き民主主義"で検索して探してくださいね。)。

また,そこ(読者の読解力不足)につけ込んで,国政選挙もくじ引きでと誘導しようとする編集者の悪意・・・黒い・・・。何だかなぁ・・・。

その2

某密林からおすすめ商品の紹介のメールが届きました。筆頭は,"タミヤ 1/24 スバル アルシオーネ 4WD VRターボ"価格: ¥ 27800(!!!!!)←箱絵から見ておそらく初版(1985年に発売。キットナンバーは24055。現在の1/24スケールの現行商品の最古のものは,キットナンバー24059のフェラーリ テスタロッサ)。

先月,タミヤから再販になるというので,某密林で買えるかなと検索を入れたら,この始末です。初版をどうしても手に入れたいとか,宝くじでン億円手に入ったので金銭感覚がおかしくなってるとか,五六式は,そんな人じゃないですから・・・怒!・・・。タミヤから再販後も,某密林では,割増料金で売ろうとする業者ばかりが紹介されます。まぁ,通販だから送料がかかるのは仕方がないんだけれども,えげつないわ。

案外,他の業者を当たると,適正価格で売っていたり近場の模型屋さんで普通に売っていたりする(他のキットの場合で,某密林でプレミア価格で売っていたのに電気屋さんのエディオンで2割引で平積みされていたということがありました。)ので,手に入れたい人は,焦らずに探してみるとよいでしょう。近所の模型屋さんで問屋さんに問い合わせてもらうという手もありです。そこまでするのは面倒という人は,無理して入手しなくてもいい人なわけだし・・・。長生きすれば(後30年),また再販があると思います。五六式は,無理かもしれんけれど。

それにしても¥ 27800かな・・・何だかなぁ・・・。←定価は,¥ 2160

その3

学校法人「加計学園」の獣医学部新設は,認可される見通しだそうです。

認可するも何も,ここを見ると,建物だってかなり工事が進んでいるではありませんか!!

これで,一転,ダメになるとこのどんがらはどうなるの?一部を買い上げて地域の公民館にでもして,生け花教室とか子供のための科学工作講座でもするんかな?駐車場が広く取れてええじゃろな。

玉野市には,王子が岳のてっぺんに開業前に廃棄されたアルカディアホテルが建っていて,景観をぶち壊しながらハイカーの進路を邪魔しておりますが,今回は,そんなものじゃ収まらないでしょうが。

そもそも,西日本には,獣医学部を持っている大学が少ない,獣医以外にもこれからは,研究者だってもっといて欲しい。地方都市に獣医学部が来れば,地域の活性化にもつながるってことだったのではありませんか?学生の保護者(特に中四国)だって子弟の通う学校が少しでも近い方がいいはず。

獣医学部新設は,加計学園にとって,ビジネスチャンスであることは間違いないけれど,教育関係で商売をするのが全て汚いというのなら,予備校だって,進学塾だって,模試の業者だって,教材販売会社だって,文房具屋さんだって,本屋さんだって,給食のためにパンを納入するパン屋さんだって,制服や制帽を製造販売している業者や地域の洋品店だって同列でしょ?獣医学部新設の折には,優秀な人材を育成して国や地域に貢献してもらいたいものです。

それにしても,獣医学会から思いっきり献金をもらっている議員(しかも四国出身)が,必死に獣医学部開設を妨害しておいて,こいつが追求されずに追求する側に回っているのを誰もおかしいとは思わんのかね?この獣医学会から思いっきり献金をもらっている議員(しかも四国出身)にとっては,四国の発展とかはどうでもいい,もしくは,発展されては困るというのかね?獣医学会から思いっきり献金をもらっている議員(しかも四国出身),地方を蔑ろにするにもほどがあるぞ!!

10月22日の衆院選で,この獣医学会から思いっきり献金をもらっている議員(しかも四国出身)が,当選しました。もしかすると,香川二区(あわわ,言ってしもーた。)の有権者にとっては他に選択肢がなかったのかもしれませんが,・・・何だかなぁ・・・。
posted by 五六式 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月04日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-019

テレスドンは,塗装のミスが見つかって下半身丸ごと塗り直しとなりました。

sv
リテイクが終わって,つや消しのトップコートを吹き付けました。後は,瞳を書き込んで爪を少し汚すだけ。瞳を書き損じると,今までの苦労が水の泡となります。ヤな作業ですが,ここを乗り越えないと完成に至りません。他の二体も少しずつ進んでいます。

next next
次に作るキットもパーツを洗浄しています。1/350のゴXXと1/220の小林版バXXXXxXです。ガレージキットや中華プラキットを作る際には,離型剤を落とすことは必須の作業です。中性洗剤を入れた水の中に放置して,気が向いた時に古歯ブラシでゴシゴシやっています。小林版バXXXXxXの方は,一部のパーツに気泡がたくさん出てきて難儀しています。この気泡のために買ってすぐに作業を中断し,それからン十年間も放置しておりました。今度こそ,根性見せます。←根性が品切れにならにゃええが。
posted by 五六式 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月28日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-018

お昼になって,天気が良くなってきたので作業が進みました。

sv
ベムスターは,上塗りをした後,ちょこちょこと修正や塗り足しをしてつや消しをしないところをマスキングした後,つや消しのトップコートをかけました。角や爪などは,黄色という塗装指定があって,真っ黄色では玩具じみているなぁと思い悩んでいましたが,このマスキングテープの色なら結構いけるじゃないですか!!これと同じように調色することに決定です。

sv
長いこと放ったらかされていたベムラーは,ようやくドライブラシの段階です。思ったより暗くなっているので,もう一度,白でドライブラシをしてみます。それで満足がいったら,上塗りに進みます。

テレスドンは,今回は,足踏み状態です。♪さぁんぽすっすんでにぃっほさっがるう〜♪
posted by 五六式 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月26日

BANDAI FIGURE-RISE BUST FUMINA HOSHINO おすすめ度 ☆☆☆☆★

インジェクションでアニメキャラなどの胸像のキットをリリースするというFIGURE-RISE BUSTシリーズ・・・もう,22作目ですか・・・。で,このフミナさんは,メディオで特価品として売られていて,不憫に思ったのでGETしました。

fumina
バンダイさんの驚異の成型技術!!何と,塗装せずに瞳が表現できてしまうという・・・。昔,レジンキットの瞳をひいひい言いながら描いて,結局,似ていない!!と,絶望した同好の士たち(モデラーのこと)の涙は一体何だったのか・・・。

fumina
たった3パーツでこれです。現在の技術では,ほとんどスキルのない人でも,もれなくフミナさんの顔が再現できてしまうんだな・・・。

fumina
いいニッパーと切れるカッターさえあれば,ちょちょいのちょいと完成してしまいます。服の紺色の部分の合わせは驚異的でさえあります。

・両手は,パーティングラインがやや気になるのと部品の合わせにごくわずかに隙間ができるので肌色の部分は合わせ目の処理をして塗装すると良いでしょう。

・正面から見るとこのように素晴らしい出来ですが,残念なことに,コストカットと可動のためか顎の裏に空洞がどかっと空いています。正面から見るぶんには,何の不都合もありませんが,頸を見ちゃおという人にとっては,辛いところでしょう。まぁ,税込で¥1000しなかったので贅沢を言ったらバチが当たるというものです。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS

2017年10月18日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-017

雨の合間を縫って野外で塗装を進めました。

途中で雨が降ってきたので,娘の車のガレージに避難してきりの良いところまで塗装して今日のところは終了としました。というわけで,ベムラー君は手つかずとなりました。

sv  sv
テレスドンにドライブラシ→上塗り

ドライブラシをすると,思った以上に繊細なディテールが浮かび上がり,原型師の原詠人氏の造形力に驚かされます。

タミヤアクリルのレッドブラウンは,不思議な塗料で薄め液で希釈すると絵の具の茶色のような色になりますが,乾くと,焦茶色っぽくなります。テレスドンは,これより仕上げに入ります。もう一度眺めてレッドブラウンが薄いところにさらに上塗りをして,必要ならハイライトを入れた後,爪と瞳の塗装をして,仕上げにつや消しのトップコートを吹き付けます。

sv
ペムスターにドライブラシをしたところ。

この状態から,オリーブドラブやダークアースなどで上塗りをします。本体だけで4色の塗り分けなので各色のマッチングが思惑通りになるか不安です。でも,第二次大戦時のアメリカ軍のP-39やP-40に近い配色になるので大丈夫でしょう。既製の色をほとんどそのまま使うと楽ちんです。←しかし,これがマンネリに陥る罠でもあります。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月13日

GRECO D-100 久々に弦を張り替えました。

久々にGRECOのリゾネイターギターD-100の弦を張り替えました。

d100
メイプル製ボディにアルミコーン付き。

d100
リップスティックピックアップ装備のエレアコ(なのかな・・・)です。

d100
弦は,ダダリオのフォスフアーブロンズのライトゲージです。

テールピースに引っ掛ける形式は,楽そうで案外不便です。ある程度,弦が張れていないとすぐ外れてしまいます。後,ブリッジのカバーも結構邪魔です。五六式は,弦をテールピースに引っ掛けずにボールエンドのところを右手で引っ張りながら左手で弦をだいたい巻いておいて,後少しで引っ掛けられられなくなる寸前にボールエンドをテールピースに引っ掛けるという方法を採りました。ちょっと気を抜くと,弦が糸巻きからほどけてやり直しになってしまうので要注意です。

新弦を張ると,チューニングも押弦の感触もよくなりました。音(特に生音)もよくなったのですが,いままでの枯れた感じとかリゾネイターギター特有のBUZZ音が減じたように感じました。あちらが立てば,こちらが立たず・・・,深い・・・。
posted by 五六式 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | GUITARS

2017年10月11日

北房コスモス祭り

母親と奥さんと3人で北房町で開催されている"北房コスモス祭り"に行って来ました。

自動車道を通ると,楽勝で着いてしまうのですが,一般道でぽちぽちと景色を楽しんだり,たね井やさん(高梁市 農産物直売所&バイキングレストラン)に寄ったりしました。岡山市街や倉敷市街を通るのはしんどいので,早島町経由で行こうとしたのですが,早島町でちょっと迷いました。早島町では,ナビはちっとも役に立ちません。何とか2号線に出て,中庄経由で総社市→高梁市と進み,国道313号線を通って北房町のコスモス広場に行きます。

hkb
北房町に入ると,コスモス広場以外にも道沿いのあちこちにコスモスが咲いています(北房コスモス街道)。それらも愛でつつ,コスモス広場に着くと・・・おおっ!!100万本のコスモス!!出発した時は,やや曇っていましたが到着した時には良い天気になりました。

尾瀬の時もそうだったのですが,ここでもドローンが飛んでいました。操縦している本人は楽しいのかもしれませんが,あのエンジン音というか,プロペラの風切り音とというか,のんびりしたいと思ってやってくる関わりのない者にとっては鬱陶しいものです。何とかならんのかね。

hkb
ここのコスモスは,通常のものよりも大きな花が咲く品種だそうです。

すぐそばの"コスモスの里特産品ふれあいセンター"やちょっと東にある道の駅"醍醐の里"で栗や葡萄を買ったり食事をしたりして落合から建部町経由で自宅まで帰りました。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年10月09日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-016

ペムスターの下塗りをしました。

sv

背面→オリーブドラブ(アメリカ陸軍機用)+黒
翼の裏側→レッドブラウン+黒
羽毛→ミディアムブルー
腹部→ジャーマングレイ
副口→赤+黒

※いずれもタミヤのアクリルのつや消しです。ほとんどが戦闘機や戦車の色ですな。既製の色をそのまま使うと,レタッチするときにいつでも同じ色を使えるので楽です。後は,単調にならないようにドライブラシやウォッシングをして仕上げていきます。

ベムスターの塗装の資料といっても,TV本放送時の記憶とキットの説明書しかないのでどんな感じにしていいかプランを立てづらかったです。ネットの画像を漁ると、そこそこ出てきましたが,やっぱり,色味は分かりません。ソフビ人形やキットの作例の画像を見ても,配色がアレンジされていてとてもオリジナルの配色がどうだったか分かりませんでした。

・・・結局,あまり破綻のない程度に好き勝手に塗ればいいという結論にたどり着きました。五六式のやり方だと,色味は後の方でコントロールしやすいので,一応,近い感じの色をとりあえず塗っておくだけで十分です。次回は,下塗りの手直しをしてドライブラシをします。

sv
画像探しをしているうちに,某密林でお買い得価格のベムスターの出物を見つけました。これで,塗装のイメージもつかみやすくなるし,モチベーションも高まるというものです。・・・と,思ったら・・・なんだか満足してしまって・・・モチベーションが・・・あわわ・・・。

さて,残りの二体は,どうなっているかというと・・・。

sv
三体とも下塗りを完了しました。さぁ,次は,ドライブラシだ!!

・・・と,思っていたら・・・ベムスターの尻尾が外れてしまいました。急遽,付け直したのですが,パーツのつなぎめを処理せねばなりません。週末は,ずっと雨だというし,作業が滞ってしまいます・・・涙・・・。
posted by 五六式 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月04日

TVで見たゆば丼が美味しそうだったので作ってみようと思ったのだがゆばが手に入らなかったので豆腐でなんとかしてみた FD-065・お

TVの旅行番組で見たゆば丼が美味しそうだったので自分も作ってみようと思ったのですが,ゆばなんて田舎のスーパーで普通に売っているものではないので,豆腐を使えば食感はさておき,味は似たようなものになるのではないかと思ってなんとかでっち上げてみました。

tofu

ご飯は,一人当たりお茶碗1.5杯。出汁は,一人当たり一合とします。出汁は,干し椎茸は必須で他に昆布などで適当に取ります。出汁をとった干し椎茸は適当に切ってみりんと醤油で甘辛く煮ておきます。これは,ご飯が炊けたら混ぜ込みます。(これは,オリジナルと同じ)

出汁に薄く切った玉ねぎや細切れの豚肉(適当に食べやすい大きさに指でちぎる)などを入れて煮て火が通ったらみりん少々とお醤油でかけうどんのつゆよりちょっとだけ濃いかな〜というぐらいに味を整えます。(後で豆腐や片栗粉を入れるので水分が出ることも計算に入れます。)

豆腐を加えて煮込み,味がしみたら,ねぎ,水溶きした片栗粉の順に入れてあんかけ風にします。(ゆば丼なら,具の主体はゆばです。)

tofu

しいたけを混ぜ込んだご飯の上に豆腐の入ったあんをかけて出来上がりです。

あんの中に入れる具の種類と量は,お好みで。もやしとかしめじとかが美味しいかもしれません。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2017年10月03日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-015

ベムスターとテレスドンの下塗りが進行中です。テレスドンなんかは,遠目には完成してるようにも見えますが,あくまでも遠目に見てです。あとちょっと基本色をレタッチして,瞳を書いてトップコートを吹いたら30年前なら許してくれたでしょうに・・・。ベムスターは,塗り分けが多いので未完成感が漂ってますね。

sv

前回の写真と比較すると,ベムラーは変わりばえしないじゃんと思われますが・・・。

sv  sv
左=BEFORE 右=AFTERです。

気泡の跡やパーツのつなぎ目が消えて,口内の塗装が進んでいます。よ〜く見ると,仕上げが荒いところもありますが,あまり突き詰めるとサーフェイサーの層が厚くなってしまうのでここら辺で妥協します。神経質に傷を消さなくても,いつも使っているタミヤのアクリルは,塗膜が厚くなりがちなので細かい傷は分からなくなってしまいます。

このべムラーさん,前のめりに倒れやすかったので,左足の踵を削ってちょっとのけぞらせようとしたのですが,やっぱりこけてしまいました。一瞬,左足首を外して錘を入れようとも思ったのですが,またつなぎ目を消してサーフェイサーをかけて・・・と考えると気が遠くなりそうです。で,解決方法は,あっけないほど簡単なものでした。左足の一番内側の爪を延長して体をほんのわずかにのけぞらせるというものでした。実際の作業は,左足の爪の先にゼリー状瞬間接着剤を少し盛り,スーパー液で固めて耐水ペーパーで形を整えるだけです。3つとも爪を延長したのですが,一番内側の爪だけが有効に作用し,他の2つは姿勢の改善にはちっとも寄与しませんでした・・・涙・・・。しかも,わずかに1mm延長しただけでことが足りたのです。なんだかなぁ・・・。
posted by 五六式 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月01日

6ヶ月経ちました。

退職して6ヶ月経ちました。

倉庫の中の模型がちっとも片付かずにストレスが溜まっていますが,もともと自分の蒔いた種なので仕方がありません。日本に昂ぶったり(1/350宗谷)艦コレや蒼の艦隊関連に惹きつけられたり(1/350島風ちゃん 1/700間宮さん 1/350イ401)で艦船キットにまで手を出したのが災いしています。今まで艦船系には手を出していなかったのでHOW to 本を買って来て知恵をつけています。そういえば,おおすみって地元の三井造船で建造していたし,この前,さざなみが宇野港に来ていたっけ・・・ピットロードから出ていたかも・・・。

庭に植えているコノテガシワが大きくなりすぎて切り詰めています。切った枝は,燃やすわけにもいかんので30〜40cmくらいに切り刻んで袋に入れて燃えるゴミの日に出しています。燃える(ことえりさん,「萌える」を先に出すのはやめてくれ。)ゴミの日は,週2回なのでそれに合わせて枝を切っていくわけですが,何年も伸び放題にしていたおかげで何本枝を切っても見た目が一向に変わりません。10月いっぱいは,コノテガシワに振り回されそうです。

奥さん主導で娘の部屋のロフトにしまわれているものを整理しました。・・・五六式のものなんてあまりないやん・・・うちのムーブさんの後席いっぱいの粗大ゴミと45リットルのゴミ袋数個分の古着を放り出した後は,娘のぬいぐるみ収納スペースとなりました。

ついでに,娘の部屋の室内灯のスイッチの紐が切れたので修理をしました。まず,件の紐の付け根に到達するまでに4つの留め具と7つのネジを外さねばなりません。スイッチを本体から外すためには,さらに分解を進めなければならないので,スイッチを本体につけたまま劣化した紐を編み棒や手芸用のプライヤーを使ってタコ糸と交換しました。後は,紐の長さを調節して7つのネジと4つの留め具を締めてテストをして終了。帰宅した娘が,「お父さん,ありがとう。」と言ってくれて一件落着・・・したと思ったら,二日後に室内灯本体がお釈迦になってしまいました。何のこっちゃ。結局,買い替えどきだったということですね。

バイクが何となく曲がりにくくなったので修理に持っていくと,後ろのタイヤが劣化して割れていたことが分かりました。このまま放置していると,タイヤがオフロードタイプなのでげんこつ大のブロックがごそっと取れてしまいます・・・怖!!・・・。即,タイヤを取り寄せてもらって交換しました。何でも,長期間乗らないでいるとゴムの劣化が進むのだとか。そういえば,夏場はバテてしまってお出かけしなかったからなぁ・・・。

海洋堂のソフビキットが3体進行中ですが,やっと塗装の段階まで進んでいます。今月中には,3体とも完成してお披露目できるでしょう。面倒なところに突き当たると1週間放置,とかしていたら,そりゃ,進まんわな。で,実際に作業をしてみると,案外簡単に作業が進んだりするんですよね。

2017年の夏アニメでは,何と言っても"異世界食堂"が最高だったでしょう。伝説の勇者とか,妖精の女王とか,世界を救った龍神(赤と黒)とか,リザードマンの部族一の勇者とかが,ねこ屋で美味しそうに食事をする様は微笑ましく,何度見ても飽きません。最終回でねこ屋の亭主の意外な出自が分かったり,アレッタさんが可愛かったり,アレッタさんが可愛かったり,アレッタさんが可愛かったりするので,大満足です。次点は,"Recrator"の一期の総集編。メテオラさんのセリフ,「脳筋・・・。」には大爆笑でした。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月25日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-014

口内の塗装が終わりました。"異世界食堂"も,終わってしまいましたけれど・・・アレッタさん可愛い・・・。

ベムラーの舌とテレスドンの口内の塗装には新技法を使っています。とは言っても,外から見ても効果はあまり分かりません。作った自分しか分からないのもなんだかな・・・。まぁ,製作者の特権ということで。

sv
全員アルビノってことで完成!!

というのは・・・よく・・・ないわな・・・。

これより以降,ベムスター優先で仕上げていきます。同じ色を塗るとか,手が空いた時とかに他のを進めることはありますが。

sv ベムスター
歯は,もう少し白くした方がいいかな・・・。三体の中で一番塗り分けが多いので厄介です。

爪や角などを黄色く塗ることになっているのですが,真っ黄色にするとちょっとちゃちい感じになるかもしれないのでどうしようかな・・・。

sv テレスドン

欠けていた歯の再生で手間取っていましたが,塗り分けは,これが一番楽勝。顎の開閉は,組立図の指定と違う方式で実現しています。

sv ベムラー
頭部を接着すると,継ぎ目消しが大変。完成に一番遠い感じがします。仮組みの段階では問題がなかったのですが,安定が悪く,置き場によっては,前方へ倒れてしまいます。

子供の時に本放送を見たとき(当時のTVは,14型の白黒。カラーになったのは"ウルトラセブン"以降。)は,全身ダークグリーンだと思っていたのですが,資料を漁ってみると,ダークグレーでした。ちょっとアレンジを加えて見所を作ろうと思っています。
posted by 五六式 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年09月22日

BMW 02 series 1966〜1977 QC-041

ハセガワさんから新キット発売記念!!

というわけで,このカテゴリーのために撮りためている(我々は,3年闘える!!)ストックから写真を見つけて来ました。

1911年撮影ということで,この個体が今も現役かどうかは分からないのですが,最も若い個体で40歳以上という大ベテランです。

btw
グリーンメタリックは,標準色の一つのようです。

<実車について>

BMWの小型セダンBMW1500(1500ccエンジン搭載)の2ドアモデルとして発売されたBMW1600-2(1600ccエンジン搭載。分かりやすいお名前・・・)は,後に1602と改称,その後,1802や2002といった排気量の大きいモデルが次々に発売された。その後,2002のターボモデルや廉価版の1502(1600ccエンジン搭載。なぜだぁ!!  1600ccエンジンをデチューンし,省燃費・排ガス規制に対応。)も発売され,これらのシリーズ全体を02(日本では,非公式にマルニ)シリーズと呼称する。

エンジンが大きくなってもシャーシ自体は同じものを使用したため,各モデルの全長は変わらず,それらを一目で見分ける識別点は,テール部のエンブレムのみ(だと思う)。ちなみに,写真の個体は,2002tii(インジェクション装備モデル。ターボの次に速い。)である。

btw
BMWだとしか言いようのないフロントグリル

<プラモ>

最近,ハセガワさんから1/24スケールで2002 tiiが出ています。

11月にターボモデルが発売予定です。
posted by 五六式 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車

2017年09月16日

さざなみが来ました

所用でフェリーに乗って高松に行った時に,ふと宇野港の方を振り返ると・・・

sazanami
軍艦が入港していました。この艦船は,海上自衛隊の護衛艦さざなみです。

さざなみは,海上自衛隊のたかなみ型護衛艦の4番艦(2003年進水)です。
基準排水量4650t。対潜ヘリコプターSH-60JまたはSH-60Kを1〜2機を搭載。
兵装は,54口径127mm単装速射砲 × 1門 CIWS× 2基 VLS× 32セルなど・・・この人とは喧嘩したくないですな・・・。

sazanami
昼間,一般の人に乗船公開していましたが,五六式が宇野港に帰ったのは18時過ぎになっていたので乗船はかないませんでした・・・残念・・・。また,17日も台風接近のため,公開が中止になってしまいました。重ね重ね残念でした。
posted by 五六式 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2017年09月15日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-013

冷却期間を置いたのでぼちぼち作業が進みました。

sv
前の状態から表面の気泡を20箇所ほど埋めてサーフェイサーがけの後,ラッカー系の白で下塗りをしました。

ベムラーは,口内の塗装が済むまで待機です。

テレスドンの歯の部分にできていた気泡があまりにひどかったので,歯を2本新造して移植しました。

テレスドン:先生,歯が痛むんですが・・・。

歯医者:あっちゃ〜,虫歯,多いですねぇ・・・。奥の方の歯は,詰めもの(サーフェイサー)で何とかなるんですが,2本は,どうにもならないですね。抜きましょう!!
テレスドン:え?
歯医者:放っておくと,下顎の骨も溶けてしまいますよ。
テレスドン:え?そりゃ困る。何とかしてくださいよ。
歯医者:チクっとしますよ・・・。(嘘です。患者の承諾なしにいきなり抜いたりしません。)
テレスドン:え?
歯医者:麻酔が効いて来ましたか?これ,感じますか?では行きますよ〜
テレスドン:え?
グキッ!!
テレスドン:あがが・・・!!

テレスドン:歯が2本抜けると,なんだか間の抜けた顔に見えるな・・・。何とかなりませんか?
歯医者:インプラント行きましょう!!
テレスドン:え?

・・・というわけでどうにもならなかった歯を2本カッターで切り落としました。そして,歯を移植するべく下顎の歯茎の部分に穴を開けようとしたのですが,ソフビ製なのでしっかりした穴になりません。

そこで

1 思い切って穴を口内から顎まで貫通させる。
2 顎の方から瞬間接着剤を塗った歯(爪楊枝を加工したもの)を口内に向かって押し込む。
3 瞬間接着剤が固まったら,余分な部分を切り取る。
4 歯を押し込んだ後を整形する。

sv 
ドリルで穴を開け,貫通させる。

sv 
他の歯と同じくらいの高さになるまで顎の方から楊枝を差し込む。

という手順で歯を移植することにしました。荒技ですが,歯に大穴が開いたまま放置するよりましです。

sv sv
加工の跡は,分からないと思います。

ここでひとまず,部品の加工は一段落して次に口内の塗装に進みます。
posted by 五六式 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ