2017年06月30日

マツダ ファミリア・クーぺ 初代 1965〜1968 QC-039

去年から今年にかけて,マツダの初代ファミリア・クーぺに岡山と香川で1台ずつ遭遇しました。製造年から推定すると,お年は,50歳前後,しかも,現役でした・・・。(実は,マツダネタは,もう一つあります。)

fmc

<実車について>
オート三輪車を主力商品としていた東洋工業(マツダ)は,車両の生産を四輪車に移行させるべく,軽自動車キャロルと小型車のファミリアの開発に取り組んだ。先行したキャロルに続いて,ファミリアは,まず,ライトバンから,続いてセダンとクーぺが生産されることになった。このセダンとクーぺは,ベルトーネによるイタリアンデザインで非常に好評だったようだ(写真を見てもわかるようにかっこいいでしょう?)。

ライトバンとセダンのエンジンは,キャロルのエンジンの拡大版の水冷 直4 OHV 782cc(42hp)であったが,後期モデルの一部やクーペには1000ccクラスのエンジンが搭載されていた。また,いずれのモデルにもバッテリーが上がった時に備えてクランクでエンジンを始動する機構が搭載されていた。

昔の映画には,時々,クランクでエンジンを始動するシーン(たいがいうまくいかない)がありましたね。

fam c
後席の窓は,ボディ内に収容されるのではなく,後ろに座っている人が自分でおし拡げて開ける仕様です。何でもオートにして便利さを追求する現在の車に乗っていることは幸せと言っていいのでしょうか?

fam c
シートのウレタン地を再生してくれる業者さんの駐車場で発見しました。惜しいことにモールの一部が取れていました。

<プラモ>

・・・思い当たりません。あったとしても,当時の技術でのキット化であれば,できの方は期待できないでしょう。

よほどのことがない限りキット化される日はおろか,ミニカーになることも・・・。今の車にはない味わいがあるデザインなので惜しいことです。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車

2017年06月24日

アオバハゴロモ ST-019

庭のアジサイに白っぽい埃のようなものが付いていたので払おうとするとぴょんぴょんと逃げて行きました。よく見てみると・・・。

aoba
足が6本見えました・・・昆虫ぢゃ・・・。調べてみると,アオバハゴロモという昆虫の幼虫でした。

aoba
アオバハゴロモは,カメムシ目ヨコバイ亜目アオバハゴロモ科に属する昆虫で,成虫の方は見た人も多いと思います(薄水色の三角の羽のやつ)。幼虫も成虫も,アジサイの樹液を吸うので大量に発生すると木が衰弱します。

薬液で駆除できますが,うちのタマオが庭をうろついているので物理的に排除しました。

木が衰弱しなければいいので,全滅するまで頑張りませんでしたが,あまり殺生はしたくないものです。
posted by 五六式 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | へんなもの

2017年06月17日

この世界の片隅に MV-192

観よう,観ようと思っていたら,映画館での上映が終わってしまっていて見逃していた"この世界の片隅に"が,地元の公民館の映画会で上映されることになったので渡りに船と観に行ってきました。チケットを売り込んでくれたI田先生に感謝!

今回,うちの奥さんと娘は,「悲しいお話は,いや。」ということでパスされました。

<お話>

第二次世界大戦の末期,18歳の浦野すずは,広島市江波から呉の北條周作のもとに嫁ぐ。呉鎮守府の軍法会議録事(書記官)として務める周作は,幼少時に広島市内ですずを見初め,海苔を扱う家の娘であることと,あごのほくろと年頃だけを手がかりにすずを探し出して結婚を申し込んできたのだ。

<すず>

絵を描くのが得意な,ぼーっとした普通の娘さんです。でも,本当に可愛らしい。

隣の県に住んでいるので言葉が近くて,なんとなく身内のような親近感がありますね。

そんな娘さんが,なんでこんな目に合わんといかんのか・・・涙・・・。

原作では,もっとひどい目に合うそうです。

戦争で女子どもを辛い目に合わせるのはやめてくれ。殺し合うのは、そういうことが好きな者同士でやっとくれ。

<大和>

日本人なら・・・赤ん坊は無理・・・誰でも知っている史上最大の戦艦です。呉の軍港に停泊していましたが,戦時中は,軍事機密扱いで地元の人以外にはその存在を知られることがなかったそうです。

1.4tの砲弾を初速マッハ2で撃ち出す46cm三連装の主砲を3基備えている大和級戦艦は,味方にあれば頼もしい存在ですが,敵側にとっては最悪の破壊兵器だったのでしょう。沖縄に向かう作戦のために航行中,米国の機動部隊の艦載機による攻撃によって鹿児島県坊ノ岬沖で沈没しました。この時,乗組員3000人あまりのうち,9割以上が戦死し,艦とともに海中に没したと言われています。

注:ワープしたり,波動砲で大陸を丸ごと破壊したりしないし,真っ白だったり,二つに割れたり,重力砲を撃ったりもしません。

<呉と広島>

この映画では,当時の地方都市の様子が描かれていますが,あの頃までは江戸時代や明治時代の面影があちこちに残っていますね。もし,あの戦争がなかったら今の都市風景はどうなっていたのでしょうか?・・・ていうか、欧米がアジアにちょっかい出さんかったら,こんなことにはならんかったじゃろうが。

米軍は,軍港であった呉を執拗に空襲しておきながら,すぐ近くにある広島にはあまり攻撃して来ませんでした。

「あの日」までは・・・。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES

2017年06月13日

にんげんだもの 相田みつを展

うちの奥さんと高梁市成羽美術館で開催中の"にんげんだもの 相田みつを展"を観に行きました。

会期が長いからと油断していたら,そろそろ終わりに近くなっていることに気づいて焦ってしまいました。

ningen
展示の写真は撮れないのでポスターで

展示は,書のみならず,詩作やろうけつ染など多岐にわたり,作品の意図や変遷,禅との関わりについてもよくわかるようになっています。ピカソが最初期には写実的な絵を描いていたように相田みつを氏も,終戦直後には基本に忠実な端正な作品を書いています。やはり,始めは「やればできる」ことを示しておかないといけないんだなぁ・・・。(なお,普段展示している児島虎次郎作品,古代エジプトコレクションは展示していません。)

「にんげんだもの」は,数多く書かれており,その変遷を辿ることができます。

ningen
高梁市成羽美術館は,国道180号線を北上して高梁市の市街地の手前(川沿いに屋根瓦で堤防を飾っているあたりの手前)
から左折して橋を渡りしばらく行ったところにあります。成羽と言っても,ベンガラの町みたいに遠いところではなく,比較的近いところにあります。

なんだかすごく近代建築です。駐車場から入り口までが迷路のようにややこしいアプローチになっています。これを楽しむのもアートの鑑賞ということで・・・。

ningen
吹き抜けのところを見下ろしても,アート。モネのスイレンを思い起こさせられます。

ningen
階段も,アート。

ningen
おトイレもアートでした。

入るときはややこしかったけれど,出るのはあっけないほど簡単でした。

ningen
相田みつを展を観て,まだ時間に余裕があったので,"道の駅かよう"経由で久米南町の花菖蒲園に寄りました。

"道の駅かよう"までは,簡単に行けたのですが,国道483号線経由で国道53号線まで出ようとしたら道が曲がりくねっているわ,突然細くなって対向不能になるわ大変な道でした。これが,酷道というものなのか・・・。ナビ搭載車で走ることをお勧めします。

国道53号線に入ってからは,津山方面に向けて北上,"花菖蒲園"の道標を見つけて左折するだけです。ただ,花菖蒲園の道標の通りに行くと,車1台通るのが精一杯の道(たかだか20〜30m)になるので,わずかに手前の農協の敷地から入るのがお勧めです。農協の入り口にも"花菖蒲園"の標識(とても小さい)があるので,通るのに問題はないと思います・・・って車で走っていたら気付かんって!!

ningen
この花菖蒲園は,個人で世話をしているものを一般に無料で公開しているもので,写真を見てもわかるように個人の手によるものにしてはかなり大掛かりで入場料を取れるくらいのものです。しばし,見入ったり,写真を撮ったり・・・行って良かったです。見頃は,あと1週間くらいかな・・・。

ningen
今回の戦利品。ミュージアムショップで売られていたメジェド様の巾着(¥1000)です。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年06月10日

次は,伊香保温泉

尾瀬散策の翌日,伊香保温泉に一泊してから帰ることにしました。

9:27発の尾瀬戸倉発のバスで沼田駅まで行って,4駅戻って渋川からバスに乗って伊香保温泉に入ります。

バス停から宿舎(伊香保温泉 ホテル木暮)までは近かったのですが,伊香保神社や階段街までは上り坂になるので宿舎にチェックインして荷物を預かってもらった後,車で送ってもらいました。

gmm
伊香保神社前。400年ほど前に作られたという階段は,365段あります。お昼の時間になったのですが,火曜日は,定休という飲食店が多くて困りました。週休2日制と月曜日の代休の普及のため月曜日定休が火曜日にずれ込んだためでしょう。平日の旅行代金がお得・・・と思っていると,思わぬところで足をすくわれるものです。

gmm gmm
カフェレストラン"SARA'STerrace Arraiya"さんが開いていたのでお世話になりました。美味しいのはもちろんですが,器もおしゃれです。右のなんか,チャーシュー麺が入っているとは思えません。キーマカレーも,スパイシー過ぎず,適度な辛さで美味しゅうございました。

gmm
昼食後,伊香保おもちゃと人形 自動車博物館に行くためにバスに乗りました。伊香保周辺で運行しているバスは3系統(群馬バス・関越交通バス・伊香保タウンバス)あってチケットを共有できません。また,安価に利用できるタウンバスは,この博物館行きの便が土日しか出ていません。

伊香保からだと水沢観音の方に寄ってからJRの駅に向かう便がいくつか出ています。本当は,渋川駅から博物館に寄って伊香保に向かう方が合理的だし,バス代も安くつきますが,荷物を抱えての移動やバスの便がいくつあるか分からない状況だったのでまぁ,よかったことにしましょう。

gmm
水沢観音の付近は,水沢うどん街道と言って十数軒の店構えの立派なうどん屋さんが並んでいます。日本の三大うどんとは,香川の讃岐うどん,秋田の稲庭うどん,群馬の水沢うどん(3つ目は諸説あり)だそうですが,ホテルで食べた感じでは,三大うどんでいいんじゃないかと思いました。

しかし,敢えて言おう,

讃岐うどんは,単価¥200のところでも美味しいんだよ

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館は,上の原バス停を降りるとすぐのところにあります。

gmm
入場すると,すぐテディベアの展示,続いて,昭和の町の様子やおもちゃの展示となります。未だに白黒のブラウン管のテレビが当時の番組を写しているのには驚きました。写真に写っているのは,鉄腕アトムとブースカとロボコンですね。

gmm
日本一有名なお豆腐屋さんの営業車の展示です。モデルになった地元渋川市の藤野屋さんの建具や看板がこちらに移されているそうです。

gmm
40〜50年前の車のコレクションも充実しています。これは,初代日産チェリー・クーぺX-1R。1200ccの自然吸気エンジンながら100HPを発生。1tを切る車重も相まって加速力と直進性に優れるというものでした。

就職した時,購入するチャンスがあったのですが,当時の同クラスのFF車らしく,ブレーキが弱い,曲がらないという欠点があり,購入を断念しました。こういうじゃじゃ馬を乗りこなすのが漢というものだという意見もありますが,現在考えてみれば,普通に運転していればそんな欠点なんか出てこないんだよね〜。

他にも,初代セリカLBとか,初代サニー・クーペとか,初代ミニカとかお宝ざっくざくという感じでした。こんなにたくさん並んでいると,ありがたみが薄れるというか・・・複雑な気分です。

英国車の旧ミニの展示も充実していますが,撮影禁止だったので紹介できませんでした。

gmm
古い映画の展示もありました。屋外には,迷路のようになっている中に映画のパネルや"三丁目の夕日"のセットが展示されています。

他にも,リス園があったり,カフェやショップがあったり,キューピーの絵付けコーナーがあったりと盛りだくさんでお腹いっぱいになります。

夕方には,ホテル木暮に戻ってお風呂に入ったりお土産を買ったりしました。お風呂は,源泉掛け流しで,庭園露天風呂やジェットバスなどたくさんの湯船があり,一回りするだけでもかなり楽しめます。また,毎日,男湯と女湯が入れ替わるので夜と次の朝とで別のお風呂が楽しめるようになっています。

うちの奥さんがたくさん食べられないので,夕食なしのプランにしてもらったのですが,朝食が美味しかったので夕食も推して知るべしだろうと思います。

gmm
帰りは,温泉まんじゅうを買って早めに高崎駅まで帰って高崎駅の駅ビルでぶらぶら遊んでから新幹線の乗り継ぎで岡山まで帰ってきました。

・・・尾瀬で23km歩いた疲労はまだ残っていて,家に帰った次の日もだらだらしてしまいました。
posted by 五六式 at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年06月09日

はるかな尾瀬〜♪

奥さんと一緒に,体力があるうちにということで尾瀬まで行って来ました。歌に歌われている♪みっずばっしょお〜のはっなっが〜さいている〜♪という風景の見頃は5月から6月上旬だということで,

6月7日に出発,
6月8日に尾瀬を散策,
6月9日に伊香保温泉で宿泊,
6月10日に帰宅

という日程でした。ただし,この時期,尾瀬では,他の花はあまり咲いていないのでたくさん花を見たい方は7月以降がおすすめです。

まずは,上越新幹線高崎駅からJR上越本線沼田駅まで行ってバスに乗り換え,尾瀬戸倉温泉まで行きます。沼田市は,真田氏の城下町で,NHKの"ブラタモリ"で河岸段丘の町として紹介されたりしましたが,今回は,市内観光はパス。昼食をとった後,バスが出るまでお土産屋さんをのぞいたりしながらだらだら過ごしました。近くにロックハート城なるものもあるのですが,翌日の歩きのことを考えて無理はするまい・・・。

gmm
尾瀬散策では,団体を受け入れるキャパがあり,乗合バスが寄ってくれるという尾瀬高原ホテルをベースとしました。岡山からは,ここ(尾瀬戸倉温泉)までで6時間以上,自宅からなら更に・・・涙・・・着くだけで精一杯です。

尾瀬戸倉温泉が,シーズン中に一番尾瀬に近いところまで自家用車で行ける宿泊地ですが,老神温泉など周辺の温泉地からも尾瀬行きの定期バスや乗合バス,乗合タクシーが出ています。料金は,戸倉からだと\950です。バスの便については,それぞれの宿泊地に直接問い合わせてみるとよいでしょう。

近隣に在住の方は,一気に尾瀬の山小屋まで行って泊まるという方法,日帰りの観光バスで直接近くまで行く方法もあります。山小屋に行くには,チェックインの時刻までにバス停から3.3kmの下り坂を歩き切らなければならないので注意してください。

gmm

今回のコース
は,朝,バスで鳩待峠までバスで上がり,山道を3.3km下って山の鼻のビジターセンターまで行きます。途中,トイレはないので注意してください。鳩待峠以降は,トイレは有料(¥100)です。その後,牛首分岐,竜宮小屋,ヨッピ橋まで足を伸ばして帰ります。歩くのは,全行程23km,標準的には,6時間のコースですが,歩き慣れていない人がパーティにいる場合,売店でお茶をしたりお土産を買ったりしたい場合,じっくり写真を撮りたい場合は,1〜2時間余裕をみてください。

山の鼻までの道のりは,3.3kmですが,坂が急なのは最初の1kmぐらいです。小学生みたいに調子にのってどんどん降りると膝にキます。もっとも,ゆっくり降りても膝にクるのですが・・・。行きが下り坂なので帰りでは上り坂になることを意識しておきましょう。

スタート地点で標高1600m,平地より約9〜10度気温が低くなっています。五六式は,半袖(3枚重ね)で通しました(放熱を重視,寒くなった時のために羽織るものやポンチョを用意)が,一般的には長袖+チョッキに加え、雨具持参を推奨します。見栄を張って無理をしないこと。(五六式は,バイク通勤で何度ももっと寒い目にあっています。)

登山靴やトレッキング用の靴が推奨されています。最初の方で湧き水が溜まっていたりするので山道を舐めて普段履いている靴や運動靴で歩くと滑ったり靴ごとびしょ濡れになって何時間も我慢するということになりかねません。

多くの入山者が,クマよけの鈴を吊り下げていますが,人がたくさんいるので単独行でない限りクマも寄ってこないのではないかしら・・・?

また,ストックを持っている人もたくさんいましたが,使いこなせなければ,本人にとってはデッドウエイト,周りの人間にとっては障害物でしかありません。必要がないのにやたら地面をつつく人,斜め横について人の進路を妨害する人,体重をかけていないので杖をついているのにちっとも楽になっていない人などがたくさんいました。

gmm
当日は,素晴らしいお天気。午後から少し雲が出て来て,翌日は曇り,翌々日は雨となりました。遠くに見えるのは,至仏山,行き道の進行方向には,燧ケ岳が見えます。

gmm
ミズバショウの花が咲いています。

竜宮までくると,昼食の時間になります。竜宮とは,湧き水の出ているところ。そこだけドカンと水深が深いところがあります。うちのカメラには偏光フィルターがつかないので水中の様子を取るのは諦めました。うちのカメラは,普及機ではないけれど,こういう時に高級機や一眼レフとの差を感じてしまいます。

gmm
竜宮から更に奥に行くと帰れなくなるので,尾瀬沼まで行ってみたい方などは,山小屋で宿泊となります。五六式と奥さんは,ここで左折して一級河川ヨッピ川にかかるヨッピ橋を見てから帰路につきます。スタミナ的には,ここで旅程の中間となるでしょう。1時間弱行くと,元の道の牛首分岐まで帰れます。

gmm
ミズバショウ(サトイモ科 ミズバショウ属)

白いのは花びらではなく苞というもの。それに包まれているなんだか可愛くない黄色の部分が花。

gmm
リュウキンカ(キンポウゲ科 リュウキンカ属)

湿地に生える。花を見ると,なんとなくキンポウゲの仲間だと分かる。

この日は,ドローンが飛んでいて少々耳障りでした。何じゃな,無粋な痴れ者はと思いつつ,更に進むと調査中と札をつけた一行に遭遇しました。ドローンのご主人様もこの人達でした。宿についてニュースを見ていると,件の調査隊のことが報じられていました。65年前から今に至るまでの尾瀬の生態系についてのデータがなく,基礎データを収集中なのだそうです。そーか,ご苦労様です。でも,他の日にやって欲しかった・・・。

gmm
鳩待峠への上り坂は,きつかったけれど,どうしようもないと言うほどのものではありませんでした。道は整備されているし,たくさんの人が歩いているので草や木の枝が進路を塞ぐということも,手を使ったり鎖や梯子がないと登れないということもありません。ただ,渋滞しているとペースが乱されてしんどくなるかな・・・。

定期バスに乗り遅れても心配はありません。乗合バスや乗合タクシー(チケットは共通)が満席になり次第発車しています。ただ,定期バスの最終が17:10なのでこの時刻よりもあまりにも時間が過ぎていると帰りの便の確保に困ると思います。

五六式達が乗ったのは,ミニバンの乗合タクシーでした。下り坂なので速い,速い。ガードレールすれすれに走るし,側溝(蓋はあります。)にリアタイアを乗せるし,さすがは,"頭文字D"の地元。運転手さん,ダウンヒルは得意なのかな?毎日,十何往復もしていそうだし,道幅も把握しているので行けるのだろうけれど一般にはお勧めできません。

一日で相当消耗したので,宿舎でお土産を買ったり夕ご飯を食べたりしてだらだらしました。きっとあちこち痛くなると思って湿布を持ってきたのですが,全然足りませんでした。

・・・つづく
posted by 五六式 at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ