2017年07月24日

内尾和正 心描画展 奇譚しるべ

合唱団の練習のために玉野市立図書館・中央公民館に行ったら,イラスト展をやっていました。

uto

内尾和正氏は,地元玉野市出身でエアブラシでファンタジー系の細密イラストを描く人で"ファイナルファンタジー"や"神撃のバハムート"などの背景やモンスターのイラストでよく知られている人だそうです。五六式は,最近,ゲームから遠ざかっているのでよく知らなかったのですが,その名は,海外にも知れ渡っているそうです。

今回の展示会では,玉野市や直島町の小学生や幼稚園児たちの描いた夢の生き物をリアルイラストにしたものが多数展示されています。また,動物単独のイラスト以外にも異世界を題材にした作品もあり,それらには,水墨画や盆栽,東洋の龍のテイストが感じられます。

入場料は,無料で月替わりで展示内容を変えながら9月30日まで開催しているので近在の方で興味を持たれた方は,観に行ってみてはどうでしょうか?

イラストレーターといえば,寺田克也氏も玉野市出身とか・・・結構,玉野市ってすごい・・・。
posted by 五六式 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興