2017年08月25日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-011

お湯通しをしたら,格段に組みやすくなったのでパカパカ瞬間接着剤で組んでみました。

sv
胴体の接合部は,曲者。自然に見えるようになるまで地道に処理を繰り返します。

sv
口が開いていないので,口内を塗装するとか,後から顎を取り付けて接合部を処理するとかいった面倒な作業が要りません♡

sv
尻尾は接合部の処理などで力がかかりやすいので両面テープで仮付けしただけです。もう少し作業が進んでから取り付けて接合部を処理します。

sv
テレスドンは,ここまで進んでいます。胴体の接合部をきちんと処理しておかないと手足の取り付けまで進めません。先に手足をつけると手が届かないところができそうなので日数がかかっても手足は後回しにします。上顎の内側の整形も面倒でくじけそう・・・。背中のトゲがなくなりかけて泣きそうになりました。(エポキシパテでちょろっとひねるだけで作れるんですけれどね。)

sv
ベムラーは,ここまで進んでいます。左右の手は,寸足らずで腕との接合部に段差ができます。右手で問題に気づいたので左手では裏技(バリを切り離さず腕に合わせて整形)を使って修正してあります。右手も,その応用(バリを挟んで同様に整形)で修正しました。頭部に付く二つのトサカは,芋付けで,しかも,接合部の形がちっとも合っていません。どないしよ・・・。

sv
一応,サーフェイサーを吹き付けました。一見,ましなようで全然よろしくありません。出来のいい完成品が溢れる中で敢えてキットを作る以上,大量生産品を凌ぐ丁寧な作りができるかどうかが作品の存在意義を左右します。というわけで,これから延々,接合部の処理と表面の気泡跡の処理をしていきます。
posted by 五六式 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年08月24日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-010

倉庫に眠っていた海洋堂のソフビキットを掘り出してきて,表面の油分を抜くために数ヶ月ほど中性洗剤液に漬けて放置していたのですが,いい加減にしないといつまでも水に漬かったままになると思って作業を進めることにしました。

キットは,海洋堂がレジンキットをソフトビニールキットに置き換えて廉価(¥3500だったのが¥1940に!!)で発売していたころのもので(テレスドンのキットの箱に1992年の表記がありました。)レジンキットより安い,軽い,組み立てやすい,気泡が少ない(あくまでも少ないだけで皆無ではない)とモデラーにとってはありがたいものでした。

sv
歯ブラシでゴシゴシこすった後,水洗いをしました。その後,バリを切り取って整形しました。

sv
1/350 ベムスター(帰ってきたウルトラマン) 原型 外川 祐 部品点数 9

スペシウム光線さえ吸収し,帰ってきたウルトラマンをタコ殴りした強力な宇宙大怪獣です。

部品点数が一番少なく,楽勝,と思いきや,大変な難関が・・・。

部品の左右を取り違えないように,組んだ後見えなくなるところに「L」「R」と名前ペンで印をつけています。

他のキットは,組み立て説明書に原型師の名前が書いてあったのにこのキットには「外川 祐」のクレジットがありませんでした。外川 祐さんは,初期の海洋堂を支えた作家の一人だったのに何があったのでしょうか?現在は,京都で活躍中とのことです。

sv
1/350 テレスドン(ウルトラマン) 原型 原 詠人 部品点数 14
尻尾は,仮に差し込んでいます。背中のトゲが写っていない・・・。

地底人の地上侵略の尖兵として送り込まれた地底怪獣。凶暴な面構えだけれどお目目は,フランス人形のような碧眼。

可動部が二ヶ所設定されていますが,オミットしてしまう予定です。

前に記事にした1/250ガメラと同じ原型師さんの作です。

sv
1/350 ベムラー(ウルトラマン) 原型 原 詠人 部品点数 14

ウルトラマン第一話に登場。凶悪そうな外見だけれども,ウルトラマンに追われていたということは,もしかすると,知的レベルは同等なのかも・・・(その割に戦い方が野蛮)。

分割が多い分,接合部の処理が大変。造形そのものは,現在の目で見ても秀逸。傑作ではないかと思います。

sv
ベムスターは,本体が二分割されていますが,部品の変形のため,さっぱり合いません。散々調整してみたのですが,やっぱりあきまへん。「スペーサー入れようかなぁ。」「でも,調整が微妙だしぃ。」「後でスペーサーが外れて,模型の中でカラカラいっても治せんし・・・。」などと悩んでいましたが,ダメ元でお湯で温めることにしました。

すると、あっけないほど部品の合いが改善しました。お湯でゆがくのは,ソフビキットの製作の基本中の基本。基本は、大事ですね・・・遠い目・・・。なべに放り込んでお湯を沸騰させてぐらぐら煮込む・・・みたいなことを書いてある本もありましたが,そこまで温めなくてもOKです。江戸っ子爺さんが意地を張ってかろうじて浸かっている程度の温度でも効果があります。ただ,お湯は,冷めていくので80℃くらいのを用意するとか,多めにお湯を用意するとかマージンを稼いでおく必要はあると思います。また,言わずもがなではありますが,くれぐれも火傷をすることがないよう,ご注意ください。

sv
念のため,他のキットも湯通ししておきました。
posted by 五六式 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年08月22日

モスラぁ〜やっ,モスラぁ〜♪ ST-020

「蝶と蛾だったらどっちが好き?」と質問されたら,ほとんどの方が蝶を選ぶと思います。蝶みたいに綺麗な色をしているものは少なく,やたらでかいのがいて不気味だし,幼虫は毛虫だし,中には,毒を持ってるのがいて触っただけで痒くなったり痛くなったり・・・しかし,今回,五六式は,ちょっと蛾の方に味方してしまいます。

<ケース その1>

mother
「なんなら,これは?小汚い蛾じゃねーの?」・・・と思う方が大半でしょう。う〜ん,確かに小汚いわな・・・木の幹の色に似せている保護色だから仕方ないんだけれど・・・。注目して欲しいのは,左の羽の先です。角に合わせて曲げているのがお分かりでしょうか?何とも涙ぐましい努力ではありませんか!!

mother
で,角度を変えて撮影したのがこの写真です。あんなに頑張っているのに丸見え・・・あほです。でも,だからこそ,愛らしい・・・。この人は,このまま5時間ぐらいそこでじっとしていました。

<ケース その2>

mother
玄関に紛れ込んできた蛾です。(←説明はいらんと思うが・・・。)取っ手のところに取り付いていて普通なら「ぎゃぁぁ〜!!こんなところに蛾がっ!!」と叫ぶお兄さんとか「気味悪い!!殺して!!殺して!!」と叫ぶお姉さんがいたりしますが,(←偏見に基づく性差別?・・・いいえ,実際に見聞きした事例です。)・・・。

mother
ちょっと窓ガラスの方に移るとこんな具合です。何とも優蛾・・・もとい,優雅な姿ではありませんか。蝶が綺麗なのは羽だけ。胴体や顔は蛾の方がよほど美しいものです。写真を撮影した後,ドアを開けてちょっと扇いでやると,お外に出てくれました。

蛾を見かけたら,パニクって「ぎゃぁぁ〜!!こんなところに蛾がっ!!」とか「気味悪い!!殺して!!殺して!!」とか言わずに見逃してあげてください。夜間でも,部屋の明かりを消したら勝手に出て行きますから。(夜は,明かりのある方に行きます。)それに,時々,モスラが人類を救ってくれたりするしね♪
posted by 五六式 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | へんなもの

2017年08月15日

マツダ キャロル 初代 1962〜1970 QC-040

前回に引き続き,マツダネタで初代キャロルです。

carol
昭和のものを展示している施設なんかでよく見かけます(写真は,愛媛県大洲市ポコペン横丁)が,実動している子を見たのは何十年ぶりでしょうか・・・。

carol
リアエンジン車なので前のボンネットが開いているけれど,エンジンは見えません。そこは,トランクになっています。

<実車について>

東洋工業(現マツダ)が製造販売したRR方式(初代フォルクスワーゲンと同じ)の軽自動車。量産軽自動車として初めて4ドア仕様車を設定したこと,360ccの小排気量ながら,水冷 4ストローク 直列4(!!)気筒 OHVアルミシリンダーエンジンを搭載したこと,リアウインドウ部のデザインをガラスを垂直に立てた「クリフカット」(ワカメちゃんの髪型みたい)としたこと,ボディをセミモノコック構造としたことなど技術的な特徴が多い。また,後には,600ccエンジンを搭載したキャロル600も発売された。

1970年の製造終了より長らくキャロルという名称の自動車は製造販売されなかった(1972〜1976年発売のシャンテが後継車)が,1989年よりスズキアルトのコンポーネントを流用し,マツダ独自のデザインを施した2代目キャロルが発売された。しかし,3代目以降は,スズキアルトのOEM供給車となり現在に至っている。

carol
リアエンジン車なので後部に排熱のためのグリルがあります。初代ポルシェ911と同じですね。現役当時は,ダサいデザインだと思っていましたが,今では,現行のほとんどの自動車より473万倍かっこいいと思えるから不思議ですね。

<プラモ>

旧LSの1/32スケールキットがマイクロエース(アリイ)から出ています。

ハセガワが,1/24でスバル360やN360やジムニーを出しているので,いつの日か,キャロルも出してくれるかもしれません。
posted by 五六式 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車

2017年08月14日

ソイジャーキー ブラックペッパー味 FD-064・お

先日,奥さんと生協で買い物をしていたら,どこかで見たことがあるような・・・

sj
大豆を使ったお肉のようなおつまみで黒胡椒味・・・しかし,これは,地元岡山のカバヤの製品。娘に「またネタで変なものを買って。」とバカにされつつも自腹を切って買ってきました。

sj
八角を使っていないし,地元の製品なので完全に日本人向けの味です。黒胡椒を使っているけれど,スパイシー過ぎることもありません。どちらかというと,ビーフジャーキーというよりはサラミソーセージに近いかな?脂質を抑えているのでお肉をパカパカ食べちゃぁいけない人には良いかもしれません。

岡山は,カバヤの地元なのにスーパーマーケットなどであまりカバヤのお菓子を見ることがありません。チョコレートプレッツェルなんて最近見たことがなく,売り場にあるのは,グリコのポッキーばかり・・・地産地消しようよ・・・あと,ペ◯ロは,いらん・・・。
posted by 五六式 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2017年08月12日

海洋堂EXPO in 岡山


kaiyodo
岡山駅のそばのイオンモール5Fで"海洋堂EXPO"が開催中です。会期は,8月20日までで,入場料は,大人¥1000です。ここのところの暑さでお出かけする気力がなかったのですが,娘が声をかけてくれたのできっかけができました。会場では写真撮影がOKだった(触ってはいけません)のでラッキーでした。

会場に入ってすぐのところにケンシロウと綾波レイ,女神様,三姉妹の等身大フィギュア(ホビーロビーにあったやつ?)が展示されていて記念写真を撮ることができましたが,五六式も娘もちょっと恥ずかしかったのでパス。海洋堂が街の模型屋さんだった頃の話やガレージキットの製造・販売から完成品の製造・販売に転じて現在に至るまでの歴史が分かるように展示されています。

kaiyodo
模型屋さんだった頃の海洋堂。懐かしいキットがたくさんあります。グンゼから発売されていたレベルの1/72スケールのファイターシリーズのお値段は,当時,¥100でしたね〜。消費税は,いらんかったし・・・。(ノートや鉛筆が¥10だったので物価は現在の10分の1とも言えます。卵を基準にすると,現在も50年前も同等になってしまいますが・・・)

若い頃に,門真市のお店に行ったことがあります(ホビーロビーができたのは,ずっと後のこと)。当時は,MHのキットが出ていた頃で,残り1個となった1/100アシュラテンプルのキットを大幅値引きで買うことができました。

kaiyodo
等身大よりちょっとだけ小さいシン・ゴジラ・・・昔,岡山にあった模型店M2さんに展示してあった巨大ビオ・ゴジを思い出してしまいました。それにしても,あのキットを個人で買って完成させた人はいるのでしょうか?

kaiyodo
これも,巨大な大魔神。この当時のガレージキットも,多数展示してありました。田熊さんとか,香川さんとか,懐かしい・・・。以前,当BLOGで取り上げた1/250ガメラもありました(バルゴン探さにゃ・・・)。海洋堂の造形物は,写真で見るよりも立体で見る方が断然いいんですよね〜。

娘:これ,親父の作ったガメラ?
親父:いや,これは,平成ガメラ。再販されたキット持っとるよ。親父の作ったのはあれ。
娘:・・・。
親父:おおっ!!マリーのアトリエ・・・これ,持っとるし・・・。
娘:・・・。
親父:おおっ!!トライガンのヴァッシュが・・・でも,うちにある浅井 真紀さんのキットの方がすごいよ・・・。
娘:・・・。
親父:MHが3つ・・・もっとたくさんキットが出てたんだけれどね・・・。
娘:・・・。

娘:親父,いい加減に作りなよ・・・。
親父:・・・。

kaiyodo
時代は移って,カプセルトイや食玩,リボルテックに主力商品が移行していきます。これだけ商品の種類が増えると,もはや個人の力では追いきれません。黒潮コメッコとか,不思議の国のアリスとか,WTM(World Tank Museum)とか,頑張ったのですけれどね。

展示を見たり写真を撮ったりしながら会場を2周しているうちに,奥さんとの待ち合わせの時間になっていました。

あと,物販は,もう少し頑張ってくださいね。お客さんは,展示しているものが買えるかもしれないと思っているはずです。展示しているもので現行商品があったら,なるべく物販に出して欲しいものです。
posted by 五六式 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年08月08日

BANDAI RE/100 1/100 AMX-103 HAMMA-HAMMA おすすめ度 ☆☆☆☆★

バンダイさんのRE/100シリーズのキットの紹介は2年前のディジェ以来かぁ・・・まだ色を塗っていないしなぁ・・・遠い目・・・

"ガンダムZZ"本放送の時にリリースされた1/144スケールキット以来,約30年ぶりのインジェクションキットです。

HH

<実機について>

ネオ・ジオンが開発した一般兵にも使用可能な改良サイコミュを搭載した量産型MSの試作機。全身に配されたスラスターの総数は,36基に及び,同世代の機体のほとんどを上回る高い機動性を誇る。しかし、多数のスラスターの稼働にジェネレーター出力の大半を喰われてしまうため,外付けのシールドに独立したジェネレータを搭載して武装へのエネルギー供給を担当させている。シールドという敵の攻撃に常にさらされるものにジェネレータを搭載するのは如何なものかと思うが,通常のビームサーベルでは容易に切断できない重装甲にすることで問題を解決している(しないと思う。こんな重いものを片側だけに搭載すると,重量バランスが崩れて運動性に問題が出るはず。この問題の解決のためにさらにスラスターを増設すると,ジェネレーターの出力が足りなくなって,さらにジェネレーターを増設,すると重量が増大して・・・)。
武装は,このシールドに搭載されている3連メガ粒子砲と3連装ビーム砲搭載の有線誘導アーム,ビームサーベル等。

名前からして,地上最強の親父とその息子みたいで強そうだし,Zガンダムを圧倒するほどのハイスペックな機体なんだけれど・・・「これに乗って戦争して来い!!」って言われたら嫌だなぁ・・・。

HH

<キットについて>

HH
何も考えずにニッパーでひたすらパーツを切り離します。この時点で140個ぐらい切り離しました。1/144スケールのHGならほぼ完成できるくらいの部品の数です。

何も考えずにというのは嘘で、ちょっとは考えて切り離すパーツを選んでいます。シールドのパーツは,すぐ分かるし,ゲート処理すればさっさと組んでしまえます。

赤い部品も、部品点数が少ないし,目立つのでこれもさっさと切り離してゲート処理をしておきます。

HH
このキットでは,右手と左手,右足と左足は,ほぼ共通の部品なのでぱっぱか切り離せます。

説明図を見ながら,Aの15と32を・・・などと部品を探しながら切り離して,ゲート処理をして・・・というふうに作ると恐ろしく時間がかかってしまいます。

HH
組めるだけ部品を組んで,さらに部品を切り離します。この時に、「あぁ,この部品が無かったから組めなかったわぁ。」と思った部品を優先して処理します。この時点で切り離した部品は200個あまりです。

HH
組み立てが進むように意識して部品を取ったのでかなり形になってきました。腕と足の部品がほとんど左右共通なので楽々作業が進みます。肩のスラスターも,部品を間違って組むことがないように配慮されているので,部品番号を参照しないでもパズル感覚で組むことができます。この時点で,切り離した部品は,280個あまりです。スラスターノズルは,全部で36個ありました。これらのゲート跡をひたすら処理します・・・涙・・・。

HH
残りの部品も少なくなって完成に近くなってきました。部品の総点数は330個あまり・・・ここまで組むと自重で潰れてきました。足首と肩のあたりが弱いようです。

HH
本体が完成しました。クリアピンクの部品が2個組み込まれていませんが,一度組み込むと外すのが困難なので,塗装をしたい人は,最後の最後に組み込むようにしましょう。同じ理由でシールドのジオンの国章も,そっと載せているだけにしています。

これに,腕を有線誘導している時の状態を表現するためのオプションパーツとビームサーベルが付きます。シールドは,かなり重いので左手が上がらず,全体に左肩下がりになってしまいます。実機があったとしたら、重量バランスの調整にさぞ苦労することでしょう。

ゲート跡の白濁は,爪で強くこすると少しましにはなりますが,やはり目立ちます。模型誌の記事では,よく「ゲート跡は,マーカーでタッチアップしましょう。」なんて書いてありますが,全塗装しないといかんじゃろ?

HH
スカートの部分をとってゴロンと置くだけで何だかJOJO立ちっぽいポーズに・・・。旧1/144スケールのキットと比べるとプロポーションの良さが際立っています。

・部品点数は多いものの,組み立ては簡単なので,時間をかけるのを厭わなければかっこいい範馬範馬・・・もとい,ハンマ・ハンマが手に入ります。シールドは・・・外すか,なんらかの支えをしておくか,各自工夫が必要でしょう。

・★一つは,シールドを装備すると自立しにくいところと顎の先の形の解釈。あとはすごくいいと思います。でも,「これに乗って戦争して来い!!」って言われたら嫌だなぁ・・・。
posted by 五六式 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS

2017年08月06日

友人の水彩画展に行ってきました。

友人が,昨年に引き続いて水彩画展を開いたので観に行ってきました。

sag

会場は,岡山市のシンフォニーホールのすぐそばの画材店"アムス岡山店"の三階で会期は8月2日から8月6日まででした。水彩画展を開いたのは,2回目で,1年間描きためた60作あまりの中から20作を選んで展示していました。これは,1週に1作以上ということで,本業があることを考えるとかなりのハイペースです。

sag

画材は,透明水彩絵の具で早く仕上がりますが,塗りすぎるとリカバーできないという難しさがあります。また,絵の題材は,中四国の風景で,観光地よりもごく普通の山並みや町並みを気の向くままに描いているそうです。(倉敷美観地区,倉敷市児島の下津井,高松市のサンポート近辺,大麻山,徳島の宍喰町,今治市街など)

この展覧会の"入り"ですが,1階の画材店で買い物をした人に店員さんが声をかけてくれているそうで,お客さんが1日に20人ほどきてくれているそうです。もう会期が過ぎてしまっていますが,来年も同じ時期に開催したいということでしたので興味がある人は観に行ってみてはどうでしょうか。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年08月05日

素肉片 黒胡椒 FD-063・な/お

先日,うちの奥さんが友達と台湾旅行をした時にお土産として買ってきました。

smh

外国からチョコレートや焼き菓子などを個人が持って帰るのは良いのですが,果実や肉類,ソーセージなどは,検疫で引っかかってしまうそうです。で,現地の肉料理をお土産として持ち帰りたい人のためのおすすめの商品がこの"素肉片 黒胡椒"だそうです。豚肉はNGだから大豆で代用し,肉料理の味をつけています。袋に「採用非基因改造大豆」(遺伝子組み替え大豆は使用しておりません)の表記があります・・・汗・・・。

smh

食べてみると・・・噛み応えは,おつまみのスルメ(上の写真みたいに加工してあるやつ)みたいで,豚の角煮味,それに,台湾料理でよく使われている八角の香りがします。日本人にはあまり馴染みがない香りなので最初は違和感がありますが,慣れればどういうことはありません。

奥様、ご馳走様でした。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS