2017年10月28日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-018

お昼になって,天気が良くなってきたので作業が進みました。

sv
ベムスターは,上塗りをした後,ちょこちょこと修正や塗り足しをしてつや消しをしないところをマスキングした後,つや消しのトップコートをかけました。角や爪などは,黄色という塗装指定があって,真っ黄色では玩具じみているなぁと思い悩んでいましたが,このマスキングテープの色なら結構いけるじゃないですか!!これと同じように調色することに決定です。

sv
長いこと放ったらかされていたベムラーは,ようやくドライブラシの段階です。思ったより暗くなっているので,もう一度,白でドライブラシをしてみます。それで満足がいったら,上塗りに進みます。

テレスドンは,今回は,足踏み状態です。♪さぁんぽすっすんでにぃっほさっがるう〜♪
posted by 五六式 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月26日

BANDAI FIGURE-RISE BUST FUMINA HOSHINO おすすめ度 ☆☆☆☆★

インジェクションでアニメキャラなどの胸像のキットをリリースするというFIGURE-RISE BUSTシリーズ・・・もう,22作目ですか・・・。で,このフミナさんは,メディオで特価品として売られていて,不憫に思ったのでGETしました。

fumina
バンダイさんの驚異の成型技術!!何と,塗装せずに瞳が表現できてしまうという・・・。昔,レジンキットの瞳をひいひい言いながら描いて,結局,似ていない!!と,絶望した同好の士たち(モデラーのこと)の涙は一体何だったのか・・・。

fumina
たった3パーツでこれです。現在の技術では,ほとんどスキルのない人でも,もれなくフミナさんの顔が再現できてしまうんだな・・・。

fumina
いいニッパーと切れるカッターさえあれば,ちょちょいのちょいと完成してしまいます。服の紺色の部分の合わせは驚異的でさえあります。

・両手は,パーティングラインがやや気になるのと部品の合わせにごくわずかに隙間ができるので肌色の部分は合わせ目の処理をして塗装すると良いでしょう。

・正面から見るとこのように素晴らしい出来ですが,残念なことに,コストカットと可動のためか顎の裏に空洞がどかっと空いています。正面から見るぶんには,何の不都合もありませんが,頸を見ちゃおという人にとっては,辛いところでしょう。まぁ,税込で¥1000しなかったので贅沢を言ったらバチが当たるというものです。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS

2017年10月18日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-017

雨の合間を縫って野外で塗装を進めました。

途中で雨が降ってきたので,娘の車のガレージに避難してきりの良いところまで塗装して今日のところは終了としました。というわけで,ベムラー君は手つかずとなりました。

sv  sv
テレスドンにドライブラシ→上塗り

ドライブラシをすると,思った以上に繊細なディテールが浮かび上がり,原型師の原詠人氏の造形力に驚かされます。

タミヤアクリルのレッドブラウンは,不思議な塗料で薄め液で希釈すると絵の具の茶色のような色になりますが,乾くと,焦茶色っぽくなります。テレスドンは,これより仕上げに入ります。もう一度眺めてレッドブラウンが薄いところにさらに上塗りをして,必要ならハイライトを入れた後,爪と瞳の塗装をして,仕上げにつや消しのトップコートを吹き付けます。

sv
ペムスターにドライブラシをしたところ。

この状態から,オリーブドラブやダークアースなどで上塗りをします。本体だけで4色の塗り分けなので各色のマッチングが思惑通りになるか不安です。でも,第二次大戦時のアメリカ軍のP-39やP-40に近い配色になるので大丈夫でしょう。既製の色をほとんどそのまま使うと楽ちんです。←しかし,これがマンネリに陥る罠でもあります。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月13日

GRECO D-100 久々に弦を張り替えました。

久々にGRECOのリゾネイターギターD-100の弦を張り替えました。

d100
メイプル製ボディにアルミコーン付き。

d100
リップスティックピックアップ装備のエレアコ(なのかな・・・)です。

d100
弦は,ダダリオのフォスフアーブロンズのライトゲージです。

テールピースに引っ掛ける形式は,楽そうで案外不便です。ある程度,弦が張れていないとすぐ外れてしまいます。後,ブリッジのカバーも結構邪魔です。五六式は,弦をテールピースに引っ掛けずにボールエンドのところを右手で引っ張りながら左手で弦をだいたい巻いておいて,後少しで引っ掛けられられなくなる寸前にボールエンドをテールピースに引っ掛けるという方法を採りました。ちょっと気を抜くと,弦が糸巻きからほどけてやり直しになってしまうので要注意です。

新弦を張ると,チューニングも押弦の感触もよくなりました。音(特に生音)もよくなったのですが,いままでの枯れた感じとかリゾネイターギター特有のBUZZ音が減じたように感じました。あちらが立てば,こちらが立たず・・・,深い・・・。
posted by 五六式 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | GUITARS

2017年10月11日

北房コスモス祭り

母親と奥さんと3人で北房町で開催されている"北房コスモス祭り"に行って来ました。

自動車道を通ると,楽勝で着いてしまうのですが,一般道でぽちぽちと景色を楽しんだり,たね井やさん(高梁市 農産物直売所&バイキングレストラン)に寄ったりしました。岡山市街や倉敷市街を通るのはしんどいので,早島町経由で行こうとしたのですが,早島町でちょっと迷いました。早島町では,ナビはちっとも役に立ちません。何とか2号線に出て,中庄経由で総社市→高梁市と進み,国道313号線を通って北房町のコスモス広場に行きます。

hkb
北房町に入ると,コスモス広場以外にも道沿いのあちこちにコスモスが咲いています(北房コスモス街道)。それらも愛でつつ,コスモス広場に着くと・・・おおっ!!100万本のコスモス!!出発した時は,やや曇っていましたが到着した時には良い天気になりました。

尾瀬の時もそうだったのですが,ここでもドローンが飛んでいました。操縦している本人は楽しいのかもしれませんが,あのエンジン音というか,プロペラの風切り音とというか,のんびりしたいと思ってやってくる関わりのない者にとっては鬱陶しいものです。何とかならんのかね。

hkb
ここのコスモスは,通常のものよりも大きな花が咲く品種だそうです。

すぐそばの"コスモスの里特産品ふれあいセンター"やちょっと東にある道の駅"醍醐の里"で栗や葡萄を買ったり食事をしたりして落合から建部町経由で自宅まで帰りました。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2017年10月09日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-016

ペムスターの下塗りをしました。

sv

背面→オリーブドラブ(アメリカ陸軍機用)+黒
翼の裏側→レッドブラウン+黒
羽毛→ミディアムブルー
腹部→ジャーマングレイ
副口→赤+黒

※いずれもタミヤのアクリルのつや消しです。ほとんどが戦闘機や戦車の色ですな。既製の色をそのまま使うと,レタッチするときにいつでも同じ色を使えるので楽です。後は,単調にならないようにドライブラシやウォッシングをして仕上げていきます。

ベムスターの塗装の資料といっても,TV本放送時の記憶とキットの説明書しかないのでどんな感じにしていいかプランを立てづらかったです。ネットの画像を漁ると、そこそこ出てきましたが,やっぱり,色味は分かりません。ソフビ人形やキットの作例の画像を見ても,配色がアレンジされていてとてもオリジナルの配色がどうだったか分かりませんでした。

・・・結局,あまり破綻のない程度に好き勝手に塗ればいいという結論にたどり着きました。五六式のやり方だと,色味は後の方でコントロールしやすいので,一応,近い感じの色をとりあえず塗っておくだけで十分です。次回は,下塗りの手直しをしてドライブラシをします。

sv
画像探しをしているうちに,某密林でお買い得価格のベムスターの出物を見つけました。これで,塗装のイメージもつかみやすくなるし,モチベーションも高まるというものです。・・・と,思ったら・・・なんだか満足してしまって・・・モチベーションが・・・あわわ・・・。

さて,残りの二体は,どうなっているかというと・・・。

sv
三体とも下塗りを完了しました。さぁ,次は,ドライブラシだ!!

・・・と,思っていたら・・・ベムスターの尻尾が外れてしまいました。急遽,付け直したのですが,パーツのつなぎめを処理せねばなりません。週末は,ずっと雨だというし,作業が滞ってしまいます・・・涙・・・。
posted by 五六式 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月04日

TVで見たゆば丼が美味しそうだったので作ってみようと思ったのだがゆばが手に入らなかったので豆腐でなんとかしてみた FD-065・お

TVの旅行番組で見たゆば丼が美味しそうだったので自分も作ってみようと思ったのですが,ゆばなんて田舎のスーパーで普通に売っているものではないので,豆腐を使えば食感はさておき,味は似たようなものになるのではないかと思ってなんとかでっち上げてみました。

tofu

ご飯は,一人当たりお茶碗1.5杯。出汁は,一人当たり一合とします。出汁は,干し椎茸は必須で他に昆布などで適当に取ります。出汁をとった干し椎茸は適当に切ってみりんと醤油で甘辛く煮ておきます。これは,ご飯が炊けたら混ぜ込みます。(これは,オリジナルと同じ)

出汁に薄く切った玉ねぎや細切れの豚肉(適当に食べやすい大きさに指でちぎる)などを入れて煮て火が通ったらみりん少々とお醤油でかけうどんのつゆよりちょっとだけ濃いかな〜というぐらいに味を整えます。(後で豆腐や片栗粉を入れるので水分が出ることも計算に入れます。)

豆腐を加えて煮込み,味がしみたら,ねぎ,水溶きした片栗粉の順に入れてあんかけ風にします。(ゆば丼なら,具の主体はゆばです。)

tofu

しいたけを混ぜ込んだご飯の上に豆腐の入ったあんをかけて出来上がりです。

あんの中に入れる具の種類と量は,お好みで。もやしとかしめじとかが美味しいかもしれません。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2017年10月03日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-015

ベムスターとテレスドンの下塗りが進行中です。テレスドンなんかは,遠目には完成してるようにも見えますが,あくまでも遠目に見てです。あとちょっと基本色をレタッチして,瞳を書いてトップコートを吹いたら30年前なら許してくれたでしょうに・・・。ベムスターは,塗り分けが多いので未完成感が漂ってますね。

sv

前回の写真と比較すると,ベムラーは変わりばえしないじゃんと思われますが・・・。

sv  sv
左=BEFORE 右=AFTERです。

気泡の跡やパーツのつなぎ目が消えて,口内の塗装が進んでいます。よ〜く見ると,仕上げが荒いところもありますが,あまり突き詰めるとサーフェイサーの層が厚くなってしまうのでここら辺で妥協します。神経質に傷を消さなくても,いつも使っているタミヤのアクリルは,塗膜が厚くなりがちなので細かい傷は分からなくなってしまいます。

このべムラーさん,前のめりに倒れやすかったので,左足の踵を削ってちょっとのけぞらせようとしたのですが,やっぱりこけてしまいました。一瞬,左足首を外して錘を入れようとも思ったのですが,またつなぎ目を消してサーフェイサーをかけて・・・と考えると気が遠くなりそうです。で,解決方法は,あっけないほど簡単なものでした。左足の一番内側の爪を延長して体をほんのわずかにのけぞらせるというものでした。実際の作業は,左足の爪の先にゼリー状瞬間接着剤を少し盛り,スーパー液で固めて耐水ペーパーで形を整えるだけです。3つとも爪を延長したのですが,一番内側の爪だけが有効に作用し,他の2つは姿勢の改善にはちっとも寄与しませんでした・・・涙・・・。しかも,わずかに1mm延長しただけでことが足りたのです。なんだかなぁ・・・。
posted by 五六式 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年10月01日

6ヶ月経ちました。

退職して6ヶ月経ちました。

倉庫の中の模型がちっとも片付かずにストレスが溜まっていますが,もともと自分の蒔いた種なので仕方がありません。日本に昂ぶったり(1/350宗谷)艦コレや蒼の艦隊関連に惹きつけられたり(1/350島風ちゃん 1/700間宮さん 1/350イ401)で艦船キットにまで手を出したのが災いしています。今まで艦船系には手を出していなかったのでHOW to 本を買って来て知恵をつけています。そういえば,おおすみって地元の三井造船で建造していたし,この前,さざなみが宇野港に来ていたっけ・・・ピットロードから出ていたかも・・・。

庭に植えているコノテガシワが大きくなりすぎて切り詰めています。切った枝は,燃やすわけにもいかんので30〜40cmくらいに切り刻んで袋に入れて燃えるゴミの日に出しています。燃える(ことえりさん,「萌える」を先に出すのはやめてくれ。)ゴミの日は,週2回なのでそれに合わせて枝を切っていくわけですが,何年も伸び放題にしていたおかげで何本枝を切っても見た目が一向に変わりません。10月いっぱいは,コノテガシワに振り回されそうです。

奥さん主導で娘の部屋のロフトにしまわれているものを整理しました。・・・五六式のものなんてあまりないやん・・・うちのムーブさんの後席いっぱいの粗大ゴミと45リットルのゴミ袋数個分の古着を放り出した後は,娘のぬいぐるみ収納スペースとなりました。

ついでに,娘の部屋の室内灯のスイッチの紐が切れたので修理をしました。まず,件の紐の付け根に到達するまでに4つの留め具と7つのネジを外さねばなりません。スイッチを本体から外すためには,さらに分解を進めなければならないので,スイッチを本体につけたまま劣化した紐を編み棒や手芸用のプライヤーを使ってタコ糸と交換しました。後は,紐の長さを調節して7つのネジと4つの留め具を締めてテストをして終了。帰宅した娘が,「お父さん,ありがとう。」と言ってくれて一件落着・・・したと思ったら,二日後に室内灯本体がお釈迦になってしまいました。何のこっちゃ。結局,買い替えどきだったということですね。

バイクが何となく曲がりにくくなったので修理に持っていくと,後ろのタイヤが劣化して割れていたことが分かりました。このまま放置していると,タイヤがオフロードタイプなのでげんこつ大のブロックがごそっと取れてしまいます・・・怖!!・・・。即,タイヤを取り寄せてもらって交換しました。何でも,長期間乗らないでいるとゴムの劣化が進むのだとか。そういえば,夏場はバテてしまってお出かけしなかったからなぁ・・・。

海洋堂のソフビキットが3体進行中ですが,やっと塗装の段階まで進んでいます。今月中には,3体とも完成してお披露目できるでしょう。面倒なところに突き当たると1週間放置,とかしていたら,そりゃ,進まんわな。で,実際に作業をしてみると,案外簡単に作業が進んだりするんですよね。

2017年の夏アニメでは,何と言っても"異世界食堂"が最高だったでしょう。伝説の勇者とか,妖精の女王とか,世界を救った龍神(赤と黒)とか,リザードマンの部族一の勇者とかが,ねこ屋で美味しそうに食事をする様は微笑ましく,何度見ても飽きません。最終回でねこ屋の亭主の意外な出自が分かったり,アレッタさんが可愛かったり,アレッタさんが可愛かったり,アレッタさんが可愛かったりするので,大満足です。次点は,"Recrator"の一期の総集編。メテオラさんのセリフ,「脳筋・・・。」には大爆笑でした。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記