2017年10月18日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-017

雨の合間を縫って野外で塗装を進めました。

途中で雨が降ってきたので,娘の車のガレージに避難してきりの良いところまで塗装して今日のところは終了としました。というわけで,ベムラー君は手つかずとなりました。

sv  sv
テレスドンにドライブラシ→上塗り

ドライブラシをすると,思った以上に繊細なディテールが浮かび上がり,原型師の原詠人氏の造形力に驚かされます。

タミヤアクリルのレッドブラウンは,不思議な塗料で薄め液で希釈すると絵の具の茶色のような色になりますが,乾くと,焦茶色っぽくなります。テレスドンは,これより仕上げに入ります。もう一度眺めてレッドブラウンが薄いところにさらに上塗りをして,必要ならハイライトを入れた後,爪と瞳の塗装をして,仕上げにつや消しのトップコートを吹き付けます。

sv
ペムスターにドライブラシをしたところ。

この状態から,オリーブドラブやダークアースなどで上塗りをします。本体だけで4色の塗り分けなので各色のマッチングが思惑通りになるか不安です。でも,第二次大戦時のアメリカ軍のP-39やP-40に近い配色になるので大丈夫でしょう。既製の色をほとんどそのまま使うと楽ちんです。←しかし,これがマンネリに陥る罠でもあります。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ