2018年03月31日

1年経ちました。

退職して1年経ちました。

毎日,平均10kmほど歩いて減量に取り組んでいます。月間のノルマは,大体,600000歩,消費熱量30000kcal,脂肪燃焼量4000gといったところです。この4ヶ月で5kg体重が減りました。当面の目標は,年内にあと8〜9kgなのだけれど,梅雨になると歩けない日が増えるし,そろそろ気温が上がって虫が出てくるようになるし,喉も渇きやすくなるし,戦いはますます厳しくなってくるのかな・・・。

月に1回,高松でする仕事が終了しました。これで大分,気が軽くなりました。この仕事に関連して毎月,12時間ほど費やしていたので模型を作る時間が増えるかな?本来は,海洋堂のゴモラが年度内に完成してないといけなかったのですが,焦ってつまらないミスをしてキットをだめにするよりはましでしょう。

AR
最近,シェクターのエレクトリックギターAR-06Pが絶好調です。ネックがガンガン鳴っています。でも,調子に乗って机の角にぶつけてしまいました。

本日をもって定年を迎える友人がいくらかいます。その中で,非常勤であったり,定年延長であったりでまだまだ働く人が少なからずいます。みんなで遊ぶには,まだまだ時間がかかるのだなぁ・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | info

2018年03月30日

日産 ラシーン 1994〜2000 QC-044

TVアニメ"ゆるキャン△"完結&再放送決定記念!!

主人公,各務原なでしこのお姉さんの車,ラシーンを採り上げます。劇中では,お姉さんがラシーンでなでしこをキャンプ場まで送り迎えするシーンが何回か見られます。

Rasheen

<実車について>

7代目(B13型系)サニーの4WDシャシをベースに開発したコンパクトクロスオーバーSUV車。角張った厳ついデザインのフルタイム4WD車ではあるが,走破性能は重視されていない(FF2WDでもよかったのでは?)。とは言え,その独特な外見や日常の使用に適した扱いやすさから今なお愛着を持って所有しているオーナーも多い。

Rasheen

うちの娘の友達の家の自家用車がラシーンだったことがありました。今でも時々見かけますね。

Rasheen

<プラモ>

今のところ,スケールモデルはリリースされていないようです。アオシマからディフォルメモデルが出たことがあるようですが・・・。そのうちにハセガワかアオシマがやってくれると思います。

1/43のミニカーなら,現在でも入手が可能です。
posted by 五六式 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車

2018年03月29日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ゴモラとか・・・ MD-025

前回から,更に気泡を200個ほど埋めて口内の塗装を行いました。

最初に,口の中全体をスプレーのキャラクターホワイトで塗装します。

grr
次に,歯を残してその他の部分をタミヤのアクリルカラーのクリアーレッドを筆塗りします。どうしても歯のあちこちにクリアーレッドが付きますが,後からアクリルカラーの溶剤で溶かして除くことができます。はじめに塗装したキャラクターホワイトは,ラッカー系なのでアクリルカラーの溶剤の影響は受けません。

grr
クリアーレッドが乾燥したら,そこへ,もう一度,キャラクターホワイトをスプレーします。クリアーレッドを塗ったところは,ピンク色に変わっていくので,ちょうどよい具合になったらスプレーするのをやめます。その後、念のためにラッカー系のクリアーをスプレーしておきます。他の部分は,アクリル系で塗装していくのでそれが少々はみ出てもアクリルカラーの溶剤で修正することができます。

これで,頭部に顎をつけ,それを胴体に接着することができます。この後、角や目,口などをマスキングして保護した後,それぞれの部品のつなぎ目をプラパテで埋めて行きます。

つなぎ目の処理と全体のサーフェイサーがけが終わったら,下塗りに進みます。

・・・でも,最難関は,ゴモラの角の塗装なんだよなぁ・・・。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2018年03月21日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ゴモラとか・・・ MD-024

ゴモラは,ぼちぼち進んでいます。

gmr
現在,部品のつなぎ目を消したり,キットの表面に多数見られる気泡を処理したりしています。つなぎ目の大きなギャップは,無くなり,気泡を100個ほど埋めた後,サーフェイサーをかけました。

tool → tool
左が腹部のざらざらしたところのクローズアップ(実寸で約3cm四方)です。気泡を100個埋めても,焼け石に水です。後,100個ほど埋めて様子を見て,必要なら,もう100個埋めます。それ以上は,必要なモールドまで埋まってしまうので気になっても放置することにします。

tool
エディオン倉敷店に行ったときに工具や資材を買い足しました。ラッカー系のタミヤカラーの新色を買いたかったのですが,18日の時点で,まだ入荷していませんでした。代わりに購入したのがこの4点です。

ファインモールド ご機嫌クリーナー
離型剤落としです。離型剤がきついときや,長いこと中性洗剤につけておけばOKだけれど,急いで製作に取りかかりたいときに便利です。

タミヤ エッチングソー
筋彫りの復活のために導入しました。筋彫りに関しては,なかなか自分に合ったものが無くて(←練習しろョ)困っています。

タミヤ クラフトナイフ
ホルダーがエッチングソーに対応しているというので・・・。

ハズキルーペ・ラージ
これは,エディオン玉野店で購入。地元のお店を大事にせねば・・・。

細かい細工に便利。ただし,これをかけていると,TVは,さっぱり見えません。ながらモデリングは,もはや,夢のまた夢。

「弘法は,筆を選ばず。」と言いますが,五六式は後がないので道具に頼ることにしました。
posted by 五六式 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2018年03月17日

さらば,高松

本日をもって,高松市でのお仕事の全てが終了しました。

定年後,約1年が経ち,やっと,ボランティアで引き受けていたお仕事の任期が終わりました。

もう,フェリーの出航時刻を気にするとか,悪天候による欠航を気にするとかいうこともなくなったわけです。

本日のお仕事の前後に,お世話になった方々のところにご挨拶をして回りました。

voyager voyager

voyager voyager

voyager
高松市内を巡るため,2018年になって導入した探査船"VOYAGER"を持ち込みました。

"VOYAGER"は,折りたたんで輪行することが可能なため,今後も高松市で親戚巡りをしたり,うどん屋さんに行ったりするときに活躍することが期待されています。

正家
お昼ご飯は,務めていたときによく行っていた正家さん(高松市中新町1−35)でいただきました。この日のために温存していたスタンプカードを使って,これだけのものが,¥240とは・・・。←五六式は,鬼じゃ!!

正家さんに初めて食べに行ったのは,何年も前のこと。田町の商店街に案内板が置いてあったのを見かけて,気にはなっていたのですが,すぐ近くには,名店と言われる店もたくさんあってなかなか寄るチャンスがありませんでした。正家さんで最初に食べたのは,ざるうどん(2玉)でしたが,そのときは,正直,「これで2玉食べるのは厳しいな。」と思っていました。しかし,会計の時にもらったスタンプカードにつられて(現在は,廃止。)二度三度と足を運ぶうちに(某有名店のように長いこと並ばないでもすむのも大きかった。)麺もつゆもまるで目に見えるがごとくどんどんよくなってくるではありませんか。

現在では,ぶっかけも,釜揚げも,ざるも,かけも,天ぷらも,何を食べてもおいしいと自信を持っておすすめできるうどん屋さんに進化しました。これからも,私用で高松に行ったときは,必ず寄りたいと思います。

最後に,ギターリペアの中村さんに寄ると,何だか人だかりがしていました。全くの偶然でしたが,移転7周年のイベントの最中だったのです。ご主人にご挨拶をして一曲聴いて・・・としているうちにフェリーの出航時間が近づいてきました。名残惜しかったですが,"VOYAGER"の収納に若干時間がかかるので早めにお暇することにしました。

次回、高松に行くのは,お盆のお墓参りと9月の高松ニッパーズさんの展示会ぐらいになると思います。それまで皆さんお元気で!!
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月11日

玉仙岩(ぎょくせんいわ)にアタック!! TNG-005


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

(今回は,1月に取材した内容です。)

玉野市玉の商店街からふらふらと旧道(旧国道430号線)を宇野方面に向かって歩いていたら,玉野市シーバスの【藤井バス停】のそばでこんな立て札を見つけました。これは,宇野の藤井地区の住民でつくる有志団体『里山★玉仙岩』が設置したもので,同団体は,地元宇野の里山を守ろうと、竹林や古木の伐採をしたり,登山道の整備をしたりしているようです。

gyokusen
玉仙岩ってなんじゃろと思ったのですが・・・,

gyokusen
ちょっと離れたジョギングコース(TNG-004を参照)から見ると,よく分かります。中腹の岩に何やら彫り込んでいるのですが,この岩に彫り込まれた文字が「玉仙」なのですね。昔の仕事ですから,縦書きと同じく右から読むので,実際には「仙玉」となっていますが・・・。

gyokusen
立て札に従ってぽてぽて歩いて行くと・・・。

入り口は,イノシシよけのために閉じられています。扉は簡単に開きますが,通った後は,閉めておきましょう。玉野市では,至る処にこういったゲートが設けられており,その先は,奴らの領域となっています。真昼に行動するとか,食べ物を持ち込まないとか,鈴を持って行くとか,イノシシ対策を十分に行ってください。春から夏にかけて,子どもを連れた母親イノシシは,特に危険です。この時期の登山を控えることをおすすめします。

gyokusen
登山道は,ロープを張っているので比較的分かり易いです。

登り口から八本石柱→ツツジ広場→玉仙岩→山頂というコースです。ツツジ広場までは,中級,それ以降は,上級と説明されていますが,そこまではきつくないです。おそらく,まるっきり山歩きをしたことがない人基準なのでしょう。そういう人が舐めてかかると,怪我をしたり遭難したりしますから。慣れた人なら,初級かな。

gyokusen
八本石柱に着きました。大正時代には,建物があったようです。

gyokusen
玉仙岩です。この岩の前は,ちょっとした広場になっています。ここからすぐに岩に触れるところまでいけます。

gyokusen
山頂からの眺めです。玉仙岩から道が急になったり,滑りやすくなったりしていますが,三点支持をこころがければ何のこともありません。逆に舐めてかかって跳んだり,荷物のために片手が塞がっていたりすると思わぬ怪我をします。

gyokusen
雪が降ってきました。この先も探査したかったのですが,早々に立ち去ることにしました。

gyokusen
さらば,玉仙岩。屋根越しにその姿を見ることができます。
posted by 五六式 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2018年03月04日

AIRFIX 1/72 McDONNELL DOUGLAS PHANTOM FG.1 おすすめ度☆☆☆☆★

昨年,リリースされることを知って待つこと暫し,ブリティッシュ・ファントムの本場からのキットがようやく届きました。

<実機について>
イギリス海軍の空母搭載機として計画されながら開発中止となった超音速V/STOL機ホーカーP1154の代替機として,マクダネル・ダグラス社のF-4JファントムIIをイギリス向けに改修した機体。エンジンをロールス・ロイス製のスペイに換装し,出力と航続性能の向上を図り,アメリカの空母より狭いイギリスの空母に適応させるために,機首が折りたためるようにして格納庫への収容を容易にし,主脚が40インチ(約1m)伸びて離陸時に迎角を大きくし,より短距離で発艦できるようにするなど,各部に改良を加えている。

このイギリス海軍向けのファントムIIは,F-4K(Jの次,また,KINGDOM=英国のK)となり,イギリスでは,それをPHANTOM FG.1と呼称した(Fは,戦闘。Gは,地上攻撃を意味する。)。ファントム FG.1は,1970年より,DHシービクセンの後継機として空母アークロイヤルで運用され,1978年にアークロイヤルの用途廃止に伴い,イギリス空軍に移管された。

phantom
ハセガワやフジミの1/72スケールのファントムのキットの箱より大きい箱の中に入っています。デカールは,3種類でそのうちの一つは,よく知られている機番007でΩのマークがついた機体のもの。

<キットについて>
スペイエンジン搭載機の最新キットです。年内には(ホントかな?),空軍型のFGR.2のキットも出るようです。駐機中,発艦直前,飛行中の三つの状態の中から一つを選択して組み立てられるようになっています。

phantom
写真では伝わりにくいですが,この部品がエロい(貶してはいません。褒めています。)です。AIRFIX,どうしたんだ?!

phantom
主要な部位を組んでみました。水平(下反角がついていますが)尾翼の後縁が片方,わずかに欠けていました。2個買ったうちのもう1個のキットは,きちんとしていたのでたまたまでしょう。サンドペーパーですぐには気づかないようならしたのですが,指でなぞると分かっちゃうんです。人間て怖い。この水平尾翼は,発艦時と飛行中で角度を選べるようになっています。

複雑な形状の胴体を再現したり,吸気口のダクトを再現したりするためにたくさんの部品に分割されています。組みにくくはないのですが,精度がいまいち・・・。機体と主翼を取り付けるときには,機体の方を少し広げてやらないと隙間ができます。

写真に撮っていませんが,コクピット内もよくできています。エッチングパーツがなくても満足する仕上がりが期待できるでしょう。

phantom
キャノピーは,ぴったり合います。

phantom

phantom
垂直尾翼は,2種類入っています。外翼も2種類(通常とスラット展開)選択できます。この外翼の取り付けの精度がよくありませんが,取り付け用のダボを削ると解決します。また,武装は,スパロー,サイドワインダー,通常爆弾,マトラ・ロケット弾ポッドと,てんこ盛りです。

仕上がりをいろいろ選べ,部品の構成にも工夫があるよいキットだけれども,精度を出すためには,一人一人の工夫が必要かな・・・という感じです。
posted by 五六式 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS

2018年03月03日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ゴモラとか・・・ MD-023

寒い日が続いて,ゴモラ君を二ヶ月近く放置していました。部品のつなぎ目が大きくあいていて,それを塞ぐプラパテが十分固まるのに時間がかかったのと,余分なプラパテを除去するのに手間がかかったためです。

ゴモラ君は,ソフトビニール製のキットなので一般用のラッカーシンナーで余分なパテを拭き取ってもキット自体は溶けません。これで継ぎ目の処理は楽々できるのですが,自分の健康や家庭の平和を考えると,屋外で作業せねばなりません。2月中は,寒い日が続いたので全く外で作業をする気にならなかったのです・・・汗・・・。

先日,春一番が吹いてようやくその気になりました。萎えた気力を再び奮い起こして・・・。

gmr
屋外で一通り作業を終えて,サーフェイサーを吹きました。でも,まだまだ寒い・・・体が冷え切っちゃいましたよ・・・涙・・・。

この後,目立つ気泡や継ぎ目の荒れを処理して,もう一度サーフェイサーを吹き付けた後,塗装に入ります。上顎と下顎は,口内の塗装が終わるまで本体に取り付けません。
posted by 五六式 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ