2018年04月25日

クルーズ船コスタ・デリチョーザに乗ってエーゲ海の島々を訪れる その1

costa
退職して,一度は海外旅行に行こうと思っていたのですが,この度,ついにやってしまいました。

<出発まで>

JTBのパンフレットを見て,いろいろ検討した末に"憧れのエーゲ海クルーズ11日間"の中で,4月13日出発のコースを申し込むことにしました。ベネチアから出航して,イタリア南部,ギリシア,クロアチアの世界遺産を巡ってベネチアに戻ってくるコースです。

"憧れのエーゲ海クルーズ11日間"の料金は,¥278000〜¥518000。船室や季節によって上下します。一番安いのは,11月17日出発の窓なしの船室を選択した場合です。旅慣れていたら,窓なしの船室でも全く問題はないのですが,奥さんがいるし,ヨーロッパもクルーズも初めてなので海側のバルコニー付きの船室を選択しました。また,南欧の旅ですが,11月では寒いかもしれないので4月出発ということにしました。飛行機の席をビジネスクラスにすると,また,料金が跳ね上がります・・・涙・・・。

船上での経費や寄港地での買い物について,JTBの店舗に問い合わせると,親切に説明してくれました。

船内の費用については,基本的にクレジットカード(AMEX,VISA,MASTERのみ)決済です。クルーズ参加者に配られる船室の鍵を兼ねたカードにクレジットカードの情報が登録されるので,船内では,現金を使う必要はありません。船上のチップとして一泊一人あたり10ユーロかかるので,今回は,140ユーロ(¥20000弱)かかりました。船内の食事代は,料金の中に入っていますが,ちょっと贅沢に食事をしようという場合や,アルコール類,室内備え付けの冷蔵庫に入っているものを飲食した場合は,別途請求されます。船内の施設利用やイベント参加についても同様ですが,代金に含まれるもののみでも十分楽しめます。

寄港地での見学料や交通料金,買い物代,食事代は,ユーロで支払うかクレジットカードで決済です。トイレを使用するときには,コインが必要なのでクレジットカードは万能ではありません。クロアチアでは,EUに加盟しているのに,建前として,ユーロが使えないということになっています。クロアチアについては,後にいろいろ述べる予定です。

長旅になるので,カメラの予備バッテリーを持って行くとしても,充電は必須です。ほとんどの充電器は,115〜230V対応なので,それに加えてイタリアのコンセントに対応した変換プラグを用意しました。

クルーズ船に乗るとき,心配なのは,ドレスコードです。今回,乗船したコスタ・デリチョーザは,カジュアル船なのでドレスコードは緩かったです。念のため,五六式は,黒系のスーツ一式,奥さんは,黒のワンピースとハイヒールを持って行きました。

パスポートは,有効期限に余裕がないと旅行自体が申し込めないので注意が必要です。任意の旅行保険も,加入しておくと安心です。・・・と,なんやかやといろいろ準備が必要だったり費用がかかったりました・・・涙・・・。

出発の何日か前に,添乗員さんのM野さんから電話で挨拶があって,ツアー参加の最終確認や質問の受付がありました。よろしくお願いします。

<1日目>

関空まで行って飛行機に乗りました。出発は,23時45分なので,20時30分頃までに集合場所に行きました。M野さんの案内に従ってチケットを手に入れ,出国手続きをして飛行機に乗りました。

cat
航空会社は,ドバイを本拠とするエミレーツ航空(中継地のドバイまでは日航と共同運行)で飛行機は,ボーイング777-300でした。

飛行機は,まず,ドバイに到着,そこから乗り換えてベネチア(マルコ・ポーロ)空港に向かいます。ドバイまで飛行時間が約10時間,乗り換えに約4時間,ベネチアまでが約6時間です。時差があるし,イタリアでは夏時間を採用しているので時刻だけ見ると訳が分かりません。

機内では,2つのフライトで計3回食事が出るし,出発が深夜だったのですぐ寝てしまうし,前の座席の後ろ側にモニターがあって飛行情報や映画が見られたり,音楽を聴いたりゲーム(テトリスやオセロやカードゲームなど)ができたりするので退屈することはありませんでした。機内食は,パンにクラッーカーに,メインにサラダ,デザートも付いて必要十分。ハラルなので豚肉はNGです。ジュースやコーヒーのサービスがあるし,それでも空腹な人には,カップ麺(噂によると微妙な味らしいです。)のサービスまであります。アルコール類や炭酸飲料も貰えますが,一番おいしかったのは,食事に付いていたミネラルウォーターだったりします。

ドバイ空港では,飛行機から降りた後,乗り継ぎ用のゲートまで行くバスに乗りました。ドバイからどこに向かうかは,てんでバラバラなので誤って違うバスに乗ると,いくら乗り換え時間が4時間あるといってもゲートに辿り着けなければ大変です。係員の人に「To BENEZIA!!」とアピールして,案内してもらって,なんとか,同じツアーの人と合流し,ベネチア行きの飛行機に乗りました。

つづく!
posted by 五六式 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ