2018年05月20日

第22回 たまの港フェスティバル

恒例の玉野港フェスティバルも今年で第22回となりました。

tf
海上自衛隊の実験艦あすかと海上保安庁の巡視艇たまなみとせとかぜが参加しました。あすかの一般公開には,たくさんの人が並んでいました。ホントに玉野市になんでこれだけたくさんの人がおるんじゃという感じの人出でした。五六式は,スケジュールが合わず,見学はできませんでした・・・涙・・・。

他にも,いしいひさいち展示会やミニSL,ふわふわロボット,昭和昔遊び縁日など様々な催し物で楽しむことができました。

tf
フリーマーケットでは,雑貨や備前焼、プラレールなどのお店が出ていました。

tf
たこ焼きや牛串,飲み物などの出店がたくさん並んでいました。

tf
実験艦あすか。自衛艦に装備するエレクトロニクスや武装の運用試験を任務とする艦艇です。スリムな船体に巨大な艦橋の外見はちょっと怖いですが,あくまで実験艦ですから,どこかの軍艦と砲弾の撃ち合いをすることはありません・・・と思います・・・というか,この艦まで担ぎ出される状態になったら相当やばいです。

tf

tf
海上保安庁ヘリ"ベル412"によるつり上げ救助訓練の様子です。204かな?と思った人は,五六式のような老人。212かな?と思った人は,歳食ったおっちゃん。204(退役)の胴体を延長して積載量を増やしたのが212(退役),更に回転翼を4枚にして近代化を図ったのが412(現役)なんだそうです。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興