2018年11月25日

第37回 未完成チーム 模型展示会

恒例の岡山未完成チームの模型展示会に行って来ました。

未完成18
バンダイ 1/144 ウォーカーギャリア&カプリコ

何気にあちこち手を入れて精密に仕上げています。

未完成18
バンダイ NON スターデストロイヤー& モデルグラフィックス NON デススター

デススターは,雑誌のおまけなのでまねしようと思ってもできないなぁ・・・。

未完成18
ヤマダ NON ビックリ分解自動車オペル

小学生のとき,見た記憶があります。モーターで走って壁に当たると分解します。少し前に,童友社から再販があったようです。

未完成18
レベル 1/144 シーシャドウ

"超人ロック"に出てきそうなデザインですね〜。

未完成18
タミヤ 1/48 SU-122

殺伐とした場面なのに道ばたには花が・・・。人間,何をやってるのかね?

未完成18
ドラゴン 1/35 T-34/76&SU-100

真備町のエラヤさんの水没セール品を組んだもの。エラヤさんは,岡山のモデラーの心の支えでした。

未完成18

未完成18
クラウン&オータキ改造 1/144 EF-111(上)&FB-111(下)

メーカーが逆かもしれません・・・汗・・・。調べてみると,クラウン製とオータキ製は別物だったのですね。現在では,それぞれ他社からたまに再生産されているようです。元のキットの面影がないほどに改修とディテールアップが施されています。・・・というか,早く他社から新キットが出ないかね。

未完成18
エアフィックス 1/72 フーガ マジステール

元のキットからは想像もつかないほど改修されています。五六式は,エレール版とエアフィックス版は,同じものだと思っていたのだけれど,別物だったんだね。

未完成18
モデルズビット 1/72 ミラージュVV

お高いキットだと思っていたけれど,かなり大きな機体だと分かりました。リフトジェット周りにたくさんのエッチングパーツが使用されています。製作中に,あっ!でこのキットがお釈迦に・・・と思ったら,怖くて作れません。

未完成18
エレール 1/72 ブロック174

これは,かなり古いキット。有名機でもないので新キットが出る可能性も低いのだとか・・・。色使いが素晴らしいです。

未完成18
モデルズビット 1/72 ベリエフ Be-12

でかい!!1万円超えのキットです。でも,どこか心惹かれるキットです・・・作りたい・・・。1万円超えといっても,週間でパーツを集めて買うキットに比べればお安いものですが。

未完成18
デルタ2 1/72 サボイア・マルケッテイ S.55X

一応,プラモデルで,1973年初版,80年代に再版というものらしいです。どうやって手に入れたのかとか,どう組んだのかとか想像もつきません。

未完成18
ホビーボス 1/32 コンベア B-24J

デモンストレーションで素組み無塗装のものが展示されていました。こんなん,どーやって飾っとくんじゃろ?(天井からぶら下げるという人もいましたが・・・。)ほんまに中国って,共産主義の国なん?貧富の差ありすぎやろ!!

未完成18
タミヤ 1/18 ホンダ NV / ハセガワ 1/24 ホンダ NU / LS 1/32 ホンダ NV

スケール違いのN360のそろい踏みです。これらが,全部入手可能という奇跡に感謝したいです。

未完成18
エレール 1/16シトロエン DS19

DS19の本国より,でっかいキットが再販されました。どうやら,組み上げるのがたいそう困難なキットらしいです。日産フィガロみたいなカラーリングが素敵です。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2018年11月24日

できました。AIRFIX 1/72 De HAVILLAND CANADA DHC-1 CHIPMUNK ☆FAC-005


初版は,1970年の古いキットですが,赤箱になってデカールが驚くほどよくなりました。いや〜,AIRFIX,素晴らしい・・・。

DHC-1
細身のプロポーションがしっかり再現されています。デ・ハビランド製のタイガーモスやモスキートなどに共通する尾翼のデザインが優雅ですね。実機は,まだまだ500機ほど現役だということです。もし,自分が大金持ちだったら,持っておきたい・・・。

DHC-1
黒と白のカラーリングがスタイリッシュ。

基本的には,製作は簡単で,部品がしっかりはまり,頑丈にできあがります。特に,主脚あたりの頑丈さは素晴らしく,接着して10分ぐらいで機体がしっかり自立します。ごついリベットをさらっと削ってインテークの開口や水平尾翼のフィンの追加など,ちょちょっと手を加えました。窓枠の塗装が面倒ですが,少し塗っては日を置いて,集中力が途切れないよう心がけました。失敗しても慌てずに,後日修正すれば,何とかなりました。

大戦機と違って,空中線を張らなくていいので楽ちんです。

14/1000 D-002
posted by 五六式 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2018年11月15日

GODZILLA 星を喰う者 MV-201


CGアニメ版ゴジラ三部作の3話目です。TOHOシネマズの鑑賞ポイントが貯まったのでただで見ることができました。

<お話>
エクシフの神官メトフィエスは,メカゴジラによるゴジラ殲滅に失敗した人間達の敗北感につけ込むように彼らをエクシフの教えに帰依させていく。祈りによって神を降臨させ,ゴジラを倒すというのだが,それは,ゴジラを倒す手段ではなく,エクシフの一族の真の目的であった。

メトフィエスは,エクシフの教えに帰依したもの達を生け贄とし,ハルオを依り代として異次元から破壊神ギドラを降臨させることに成功する。

<カルト>
前作では,機械文明の行き着く先のヤバさ(人を捨てて機械と一体となる)が描かれましたが,今作では,カルトか・・・。カルトの究極は,更にヤバいのかも・・・。

<モスラ>
出ました。ちょっとだけ。卵の形が昆虫らしいのが今までと違って新しい・・・というか,何で今までそうしなかったのでしょうか?

<ギドラ>
首しか出てきませんでしたが,このお話の設定では,全身が出てきたらアウトでしたからね。全身を見たい,怪獣バトルを見たいと思う人は,2019年公開の次作を観てねという・・・東宝さんも商売上手ってことで。

<ハルオ>
うちの娘は,「最低の男!!」と憤っていましたが,自分の子どもと奥さんを守るためには,あのタイミングで自分とヴァルチャーとナノメタル(元カノ)を始末せざるをえなかったんですよ。特に,超兵器ヴァルチャーの存在は,まずい(ゴジラに狙われる→フツアの集落ごと人類滅亡)と判断したのでしょう。ひどい男だと思うけれど,そういう星回りだったんですね。
posted by 五六式 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES

2018年11月14日

ボヘミアン・ラプソディ MV-200


あふれる音楽的な才能を持ちながら,AIDSによる気管支肺炎で45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーに焦点を当てた伝記ドラマです。どこかのレビューでは,「華々しい軌跡の裏の知られざる真実を映す。」とあるんだけれど,フレディがピーで,ピーで,ピーなことぐらいロックファンだったら知ってるよね〜。

<お話>
当時イギリス領だったザンジバル島出身のインド系の少年ファルーク・バルサラは,空港で働きながらロックスターになることを夢見ていた。ファルークは,前々から注目していたSMILEというバンドのベース兼ボーカリストが脱退したのを契機に,バンドに加入,名前もフレディ・マーキュリーと改める。加えて,ベースにジョン・ディーコンを迎えたバンドは,QUEEN(どうも,裏にヤバい意味があるらしいです。)と改名する。

<父親>
フレディの父親は,公務に携わっていてフレディに「good thoughts, good words, good deeds(善き考え、善き言葉、善き行い)」をするようにと諭していましたが,結局,フレディは,ロックビジネスという堅気とはほど遠い世界に身を投じ,すさんだ生活を送るようになってしまいます。父親の嘆きはいかばかりか・・・。映画の終盤にフレディと父親が和解する下りは涙無しには見られません。

<リズム隊>
劇場で大音量でクイーンの曲を聴いて,改めてロジャーとジョンのリズムセクションの重要さを感じさせられました。あの二人がリズムを押さえていたからこそ,派手なクイーンの楽曲がロックであったのだと思います。

<ロジャー>
ボヘミアン・ラプソディのコーラスの一番高い音域は,ロジャーが担当していました。フレディーじゃないのね。

<ジョン>
ほとんどのシーンでプレシジョンベースを弾いていました。男は,黙ってプレシジョンベース。ロックベーシストは,こうありたいものです。

<ブライアン>
例の暖炉の木で作ったという手作りギターをコインをピック代わりにして弾いていました。彼は,バンドが商業的に成功すると,サブギターとしてレプリカを作って貰っています。多分,映画に出ていたのは,バーンズ製(グレコのじゃないよね。)なのでしょう。
posted by 五六式 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES

2018年11月11日

福山城までお出かけ


娘が車に乗って福山市の美術館に刀剣を観に行くというのでナビとして一緒にお出かけしました。

娘が刀を見ている間,市街地をふらふら歩いて待ち合わせの時間までに車のところに帰って来るという手はずだったのですが・・・。

fukuyama
一緒にお城にも行くことになりました。

fukuyama
お目当ては,お城で開催されている武具展です。刀剣の展示会は,始まったばかり,そして,武具展は,この日が最終日でした。偶然とはいえ,うまいことやったなぁ,娘。

fukuyama
親父の方は,待っている間に菊花展を見ることにしました。何だか,やたらと年寄り臭いなぁ・・・。結局,娘と一緒にもう一週見て回ったのですけれどね。

帰りに,1日つき合ったギャラとして,喫茶店でコロッケバーガーを奢っていただきました。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2018年11月07日

香川進空会「美しい翼」エアプレインフォト&創作モデル展2018


香川進空会さんの模型展示会に行って来ました。

日時:11月6日(火)〜11日(日)9:30〜19:00
場所;高松市美術館 市民ギャラリー(高松市紺屋町10−4)

進空解散の展示会は,会期が長いのとゆったり展示していることとが特徴ですね。 

shinku
入り口にいきなりエアフィックスの1/72 ANGEL INTERCEPTERの3機編隊が!!

初版は,1968年ですと。この間作ったタミヤのイロコイよりも古いじゃん・・・。7年前に再版がありましたが,某密林ではプレミア価格となっています。

shinku
エンジェル機の足下には,新旧レース機が。エアフィックスの1/72 DH-88コメットは,かっこいいけれど,かなり古いキットなので,ここまで持って行くのはかなり大変そう・・・。

shinku
アシェットの1/8スカイライン。全長50cm+,総額18万円超え!!この手のキットは,資力と忍耐力が無ければ完成させられません。

shinku
ハセガワ1/24ギャランGTO。新キットもさくっと完成。

shinku
ダイナベクター 1/48 A-2D スカイシャーク。バキュームフォームキットもかちっと完成。

shinku
アオシマ 1/32 小惑星探査機 はやぶさ。今回は,スペースクラフトのコーナーもありました。スペースシャトルやアポロ月着陸船なども展示してありました。

shinku
レベル 1/72 F-89 スコーピオン。ちょうど,うちの倉庫にあったのを掘り出してきたところです。参考になりまくっています。作ろーかな,もちょっと置いとこーかな・・・。

shinku
リンドバーグ 1/48 ドゥペル・デュッサン単葉機。当時の記録映画の一コマみたい。

他にも,艦船模型やAFVの模型の展示がありましたが,写真のできがよくなかったので今回は紹介を見送りました。例の島風ちゃんの展示もありましたョ。この記事の公開後も,展示会をやっていますので近隣の方で興味がある方は,観に行ってはどうでしょうか?
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2018年11月03日

RSK感謝祭 カレーフェスタ


奥さんと娘と三人でRSK感謝祭カレーフェスタに行きました。

カレーフェスタ
会場は,コンベックス岡山、会期は,明日,11月4日までです。

家族三人でてんでにカレーなどを買って,三人で分けて味見をすることにしました。

カレーフェスタ
岡山県のKAMP CURRYさんのKAMP特製ポークビンダルー

ご飯は,ターメリックライスでちょっと酸っぱめのカレーでした。

カレーフェスタ
福岡県門司の門司港地ビール工房さんの地ビール煮込み焼きカレー

ビールの香りとコクがプラスされた焼きカレーでした。調理の過程でアルコールが飛ぶので子どもやドライバーも安心して食べられます。

奥さん達は,石窯パン工房麦のひげのカレーパンや吉野川ハイウェイオアシスさんの阿波尾鶏とり天カレーなどを買ってきました。

で・・・一番おいしかったのは,へたに凝っていないとり天カレーでした。いろいろ食べて,結局,お家カレーに近いものが一番おいしいという結論。

他に,今回出店したお店のカレーや自衛隊の飛行艇カレーなどの日本各地のレトルトカレーを集めた売店もありました。

カレーフェスタ
岡山県内の物産の即売もやっていました。

カレーフェスタ
県内の自動車や自動二輪の販売会社のブースもありました。

カレーフェスタ
子ども向けにフワフワ遊具も設置してありました。

カレーを食べた後、娘が買ってきたシュークリームを分けて,買い物をしてから帰宅しました。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ