2019年07月07日

世論誘導

<読めたよ,シャア>

高齢者の運転事故についての報道が目立つようになっています。

現在の80代の方は,自動車が普及し始めた頃に20代だった世代です。それ以前の世代の方は,たくさん戦死しているし,自家用車を持つことがなかった方も多いし,平均寿命も短かったので高齢者ドライバーになる前に亡くなった方も多かったと思います。

その後,技術の進歩で自動車の性能は向上する,オートマチック車が増える,自動車道が増える,しょっちゅう都会へ出て買い物をしなくては生活できない(そういう生活スタイルが一般的になった)といった状況が高齢者の運転事故を増やしているようです。

どこかのTV番組で「マニュアル車しか運転できないようにすればいい。」という意見が出ましたが,マニュアル車に乗れないようだったら技量が不足しているのは明らかです。へたすると発進もできなくなるのですから,事故を起こしそうな人は早々に運転を諦めるでしょう。オートマチック車のような便利なものが普及すると,それなりに弊害が現れてくるものだと思いますということです。

五六式が,怪しいと思っているのは,高齢者の運転事故の報道と自動運転の報道が並行するように増えていることです。自動運転の普及のために高齢者の運転事故をことさら印象づけようとしているのではないかと・・・。ね,ね,自動運転が普及するといいでしょ。これからのトレンドは自動運転だよ。何もしなくても事故の心配なく目的地に運んでくれるよ。みたいな。

私らは,自力であちこちに行けるから自動車を買ってきたのです。宅急便みたいに運ばれるために自動車を買うのは本意ではないのでメーカーさんは勘違いしないようにしてください。自動車に乗れなくなったら,自宅におこもりします。

・・・海外の他社との競争が・・・そんなことは知らん。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記