2019年08月29日

できました。KP MODEL1/72 LET Z-37 CMELAK ☆FAC-013

チェコのKPモデル製のキットに初挑戦しました。お題は,チェコスロバキア(2つの国に分かれる前ね)の農業機,LET Z-37 チメラックです。

 Z-37
視界が広いキャビン・・・中も広くて宴会ができそうです。農業機なので,低空をゆっくり飛びます。

 Z-37
機体下面には,農薬噴霧器が設置されています。昆虫にとっては,大量破壊兵器・・・かな?

27/1000  D-003
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2019年08月17日

台風をかわしつつ信州方面へ その3

松本について,駅前の宿舎プレミアホテル-CABIN-松本にチェックインした後,イオン松本でうろうろして旅行三日目は終了。旅行最終日は,松本市内観光です。一日のバス乗車と観光スポットの割引がセットになったチケットが松本周遊バス"タウンスニーカー"車内で購入できます。降車時に運転手さんに申し出ればOKです。松本城も開智学校も松本市美術館もチケット提示で割引価格で入場できました。

松本
松本観光と言えば,まずは,松本城。耐震強度が不足しているそうで,一度にたくさんの人が入城することができなくなっています。待ち時間1時間は覚悟しなければなりません。城内の階段はかなり傾斜がきついですが中に入る価値は十二分にあります。

松本
長野県宝松本市旧司祭館。

松本
旧開智学校。重要文化財。日本を代表する擬洋風建築であるばかりでなく,当時の松本の教育の志の高さがよく分かる展示が素晴らしい施設です。

松本
通るだけで楽しい,カエルがシンボルの縄手通り。雑貨屋さんや飲食店が並んでいます。

松本
プラモやゲームなどホビー関連を扱う宇宙堂。ちらっと覗きましたが,なかなかマニアックな品揃えでした。以前,縄手通りに来たときには,娘がカードゲームを買いました。

松本
草間彌生氏の作品でびっくりさせられる松本市美術館では,「不思議の国のアリス展」をやっていました(9月8日まで)。定番のテニエルの他にラッカムやオクセンバリーなどの作品も展示されていました。

「アリス展」を観た後は,JRでひたすら岡山まで帰ってきました。台風10号は,もたもた足踏みをしていてくれたのでなんとか無事に帰って来られました。とは言え,三泊四日の強行軍はきつかったかも・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2019年08月16日

台風をかわしつつ信州方面へ その2

明神池からバスターミナルに帰っておやきや肉まんで簡単に昼食を済ませたら,慌ただしく奥飛騨温泉郷へ。もたもたしていると,バス待ちの列がどんどん長くなって長いこと次の便を待たねばなりません。

まずは,奥穂高温泉郷の入り口平湯温泉のバスターミナルで,バスと神穂高ロープウェイがセットになっている乗車券をGET!2日間有効で,その都度乗車券を買うよりかなりお得になっています。あとは,ロープウェイ行きのバスに乗るのみ。

上高地
神穂高ロープウェイで展望台へ。前述のチケットは,そのまま使えず,ロープウェイ乗り場でチケットを出して,切符を発行して貰わなければなりません。

上高地
展望台より,上高地から見た景色の裏側,焼岳や穂高連峰、槍ヶ岳が展望できます。写真左端が焼岳です。

上高地
二泊目は,ロープウェイの乗り場から少し帰ったところにある穂高荘山のホテルです。最寄りのバス停が山のホテル前となっていてバスの最終に乗り遅れなければ楽勝で辿り着けます。

上高地
廊下が畳張りだったり,和風の意匠が素敵だったり,お風呂が良かったりと今回の旅行で一番豪華なお宿でした。

上高地 上高地
お料理の一部。後、煮物とか,すき焼きとか,お蕎麦とか,デザートとか・・・どれもこれもおいしゅうございました。

朝ご飯もおいしゅうございました。

上高地
ちょっと早めに宿舎を後にして,再び上高地に帰り,松本行きのチャータータクシーで松本へ。タクシーの出発時刻まで河童橋で景色をぼーっと見たり,お土産を買ったり,昼食をとったりしました。

写真は,バスターミナル二階の食堂でいただいた山賊焼きカレー。

タクシーに乗り合わせるはずだった別口の二人が出発時刻になってもやって来ず,15分待たされたり(結局,やって来なかった。),松本までの帰路で2ヶ所も事故があって渋滞していたり,運転手さんは,さぞ胃が痛かったでしょう・・・。

つづく!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2019年08月15日

台風をかわしつつ信州方面へ その1

8月10日から,お盆休みを利用して,家族でただ1人現役で働いている娘を慰労するために,五六式と奥さんと3人で信州に出かけました。

台風10号がじわじわ近づいていたのですが・・・さて・・・

上高地
JRを乗り継いで松本まで行き,JTBがチャーターしたタクシーで上高地に入りました。大正池のところで下ろして貰って,そこから徒歩で宿舎までハイキングしました。大正池の立ち枯れの木は,年々数を減じています。大正池自体もどんどか縮小しているとか・・・。

上高地
田代池周辺です。この正面遠くに穂高連峰が見えます。左に目をやると焼岳も見えます(写っていないけれど)。

上高地
一泊目は,田代橋の近くの上高地温泉ホテルです。上高地で温泉のある宿は,こことお隣の上高地ルミエスタホテル(清水屋旅館)のみです。

上高地
2日目は,朝から明神池まで行きました。まず,てくてくと河童橋まで。朝早いと,観光客は少なめです。

上高地
河童橋から穂高連峰を望む。穂高では,同僚が滑落して命を落としています。素晴らしい風景を楽しみつつ,複雑な気持ちになりました。

上高地
梓川左岸をさかのぼり,ビジターセンターでお土産を買いつつ,明神池に到達しました。

上高地
素晴らしい風景です。

つづく!

posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2019年08月02日

JTB 2カ国周遊!アルプス三大名峰とアルザス地方の旅9 その7

<ストラスブール観光>

sws
ストラスブール市内をトラムと呼ばれる路面電車が走っています。

sws
クレベール広場の近くの四つ星"MAISON ROUGE"で二泊。

sws
ストラスブールは,ライン川の支流のイル川に囲まれたアルザス地方の中心都市です。

sws
水路のあちこちにロゴの落書きが・・・。スイスでも目に付いたけれど,世界中にこのようなキチ(ピー)がいるんだね。あんたら,決してアーティストじゃないからね。勘違いするんじゃないよ。

sws sws
遊覧船が通れるように橋が回転します。

sws
昔ながらの木組みの家にも注目。

sws
ノートルダム大聖堂の塔は,片方しかありません。左右対称にしたかったのですが,地盤が悪くて片方しか建てられなかったのだそうです。

sws
立派と言えば立派ですが,仰々しいよね。

sws
大聖堂の内部。仕掛け時計が動く時間帯は見学有料。その他の昼間の時間帯は,儀式がなければ,無料で見学可です。ステンドグラスやパイプオルガンも見事なものです。

sws
大聖堂の近くの船着き場から,遊覧船が出ています。料金は,15E。2人だと27Eでお得。水位が異なるところは,閘門で水位を上下させて通ります。

sws
ストラスブールには,欧州議会(ルイズワイスビル)や フランス誤とドイツ語で文化的な番組を放送するARTE(アルテ)の本社があります。

sws
夕ご飯は,クレベール広場にあるサンドイッチで済ませました。フランスでは,アイスコーヒーは,邪道とされ,入手しにくいですが,このパン屋さんの広場を挟んで向かい側のスターバックスでGETすることに成功しました。

最終日は,午前中,ゆっくり過ごしてお昼からチャーターバスでフランクフルト空港まで行って,ルフトハンザ便で帰国しました。"JTB 2カ国周遊!アルプス三大名峰とアルザス地方の旅9"と言うことでしたが,実際には,スイス,イタリア,フランス,ドイツの4カ国周遊でした。添乗員のW田さんによると,内容が盛りだくさんで調整が大変なので来年も同じようなツアーができるかどうか分からないとのこと。来年,JTBのパンフレットに同じようなツアーが載っているかどうか確かめてみようと思います。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2019年08月01日

JTB 2カ国周遊!アルプス三大名峰とアルザス地方の旅9 その6

<アルザス地方観光>

ルツェルンから国境を越えてフランスに入り,コルマールで観光,その後、リクヴィルでワインを試飲しつつ観光,ストラスブールに至ります。

アルザス地方は,ドイツとの国境近くにあり,古くからドイツ領になったりフランス領になったりその帰属がころころ変わっています。そのため,民家がどことなくドイツ風であったり料理がどことなくドイツ風であったりするところがあります。

sws
ドイツ風の木組みの家が建ち並ぶ中世の趣を今に伝えるコルマールで昼食をいただきました。この日のテーマは,アルザス地方の可愛い村巡り・・・なのですが,建物自体は,3階建て,4階建て,5階建てと巨きいんだよね〜。

sws sws
前菜のキッシュをおいしくいただきました。シュークルートは,量が多くて日本人には持て余し気味か?

sws
プチヴェニスと呼ばれるあたりは美しゅうございました。

sws
桃の形が,ちょっと違っています。ミニトマトは,枝ごと売っています。

sws
ミニ列車が走っていてテーマパークみたい。

sws
フランスの最も美しい村と賞されるリクヴィルは,ホントにコンパクトな町並みです。

sws
縁起がよいとされるコウノトリが,煙突のてっぺんに巣を作っていました。

sws
写真は,試飲させていただいたお店の看板です。ワインの試飲をしていたら,町中が突然の停電に。

sws
かつての城門、ドルデーの塔。

sws
お土産屋さんの他に,クリスマスオーナメント専門のお店もありました。

sws
ここにもミニトレインが・・・。

長かった旅行もいよいよストラスブール観光を残すのみ!!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ