2020年08月31日

MOUNT RAINIER SPECIAL COFFEE& LIME FD-082 び

奥さんと娘が買い物に行ったとき,話の種に買ってきました。

メーカーによると,

コールドブリューのブラックコーヒーにライムを加えた、すっきりとした飲み心地のコーヒー。

低温抽出製法で苦味や雑味を抑えたブラックコーヒーに、ライム果汁とほのかな甘みを加えることで、苦味が苦手な方でもすっきり飲める味わいに仕上げました。
常夏をイメージしたトロピカルなパッケージデザインで、夏のコーヒーブレイクをお楽しみください。

ですと

C&L
娘は,「うっ,×ずい!!」と言いながら,全部飲み干していましたが,奥さんは,それに恐れをなして暫く冷蔵庫に入れっぱなしにしていました。しばし後、ちょっとだけ味見してから残りは五六式が引き受けることに・・・。

まず、ライムジュースの味と香りが先行して次第にコーヒー味に移行して後味は完全にコーヒーに・・・。

一口ごとにこれのくり返しです。

これ,コーヒー味いらないんじゃ・・・?

コーヒー味を否定したらマウント・レーニアから出す意味が無くなるし・・・困ったもんじゃ・・・。
posted by 五六式 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2020年08月30日

できました。BANDAI RG1/144 MSM-07S Z'GOK

在庫を減らすために,限定品の一般機(青いヤツ2機)とともに製作を始めて,例の赤いヤツが,とりあえず完成しました。青いヤツの方は・・・,一応最後まで組みましたが,塗装する色の設計がまだ出来ていないので暫くお休みです。←在庫、減らんがな・・・。

組んだ部品数は,約500に及びました。

MSM
アニメの方では,薄い赤と濃い赤のツートーンカラーになっていましたが,RG版では,薄い赤も濃い赤も更に色分けされて成形されています。何だか悪趣味だなと思っていましたが,つや消しのトップコートをかけてみると案外いい感じになりました。というわけで,予定していたウォッシングも墨入れも中止してキットの良さを活かす仕上げにしました。腕や足のダークブルーのところは,「実際は,金属色だろ。」と思ったのでガンメタルに変更。ちらっとメタリックブラックにしようとも思ったのですが,ジョニー・ライデン機みたいになってしまうので却下しました。

MSM
いっぱい赤を使っているけれど,遠目で見ると違和感がありませんね。

・・・でも,ホントは,赤一色じゃないの?

44/1000  D-009
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年08月27日

できました。SWORD 1/72 DOUGLAS F-3D-2 SKYKNIGHT

完成しないと言われているチェコのSWORDのキットを組んでみました。お題は,1950年代から1970年代初頭までアメリカ海軍および,同海兵隊で使用された全天候艦上戦闘機ダグラスF-3D-2(後にF-10と改称)スカイナイトです。

SKYKNIGHT
塗装図のデカールの指定が間違っていたり,組み立てのためにドリルで小さい穴をたくさん開けなくてはいけないのに説明書には何も書かれていなかったり,部品が付くところの説明が曖昧だったり間違っていたりと,確かに組みにくいキットですが,部品の精度自体は高いので何とか完成しました。・・・ふぅ・・・。

ところで,SWORDの社員は,自分のところのキットを組んだことがあるのでしょうか?それとも,東欧のモデラー達は,みんな,超絶技巧の持ち主であるとか・・・?

ぐだぐだこのキットの組みにくさを語っていますが,スカイナイトの近代的なキットは,現時点では,SWORDのキットだけです。これよりきちんとしたキットも,組みやすいキットも,仕上がりのよいキットも存在しません。

SKYKNIGHT
朝鮮戦争当時、韓国に駐留していたアメリカ軍海兵隊の機体を再現しています。

並列復座の機体に捜索用と照準用の2つのレーダーを搭載している直線翼の機体は,その見た目通り,高速を狙ったものではありません(とは言え,ゼロ戦よりは断然優速です。)。夜間戦闘でMig-15を撃墜した機体もあるそうです。

43/1000  D-009
posted by 五六式 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年08月20日

鮭パスタ FD-081 ふお

夕食のおかずがたくさんだったので残しておいた鮭を具にして和風パスタを作りました。

1 鮭は,電子レンジで温め直し,骨と皮を取り除く。

2 お湯を沸かしてスパゲティをゆがく準備をする。

3 お湯が沸く前にネギ(太めに育っちゃった細ネギ)やエノキダケを洗って3〜4cmに切っておく。

4 塩少々とスパゲティをお湯に入れ,火加減を調整してゆがく。

5 フライパンにオリーブ油を少々入れてネギを投入,加熱して香りを出した後、鮭を入れる。鮭の油も加わるのでオリーブ油を入れるときは,それを計算に入れておく。

sp
6 スパゲティを茹でている間に,加熱した鮭の脂もエノキダケも投入、塩、こしょう,醤油で味をつける。

7 スパゲティがアルデンテぐらいになったら,ゆで汁オタマ一杯分とともにフライパンの具と合わせる。

8 味見をして必要なら,こしょうや醤油を追加する(調子に乗って入れすぎない)。

9 お皿に盛って焼き海苔をのせる。

sp
鮭の切り身一切れを一人前として作ります。他の食材の量は,食べたいだけで加減します。

2回目以降に作るときは,こってりさせたいのなら,バターを少々加えるとか,エノキタケをシメジに変えるとか,思いつきでアレンジするとよいです。

調子に乗って具材の種類を増やしすぎると,何が何だか分からなくなるので,ほどほどにすることが肝要です。
posted by 五六式 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2020年08月12日

人類の三大激痛、来ました。その10

まだ,ステントは入っている  のつづき

石はなくなったけれど,まだステントが入っているので血尿は出るは,すぐにトイレに行きたくなるは,我慢するとステントの形が分かるぐらいに傷むはで,不便で不調な一週間を過ごした後、外来でステントを抜いてもらいました。

手術無しで抜くために,尿道口からステントにつないだ糸が出ています。これをぐいっと・・・汗・・・不気味だ・・・。ステントが入っていると,立ち歩いて30分も経つと,腎臓から膀胱にかけて傷んでくるので,抜くときにどれぐらい痛いのか不安でしたが,数秒間で,さして傷むことなく抜けていきました。ちょっとどんなものか見せてもらうと,案外太い・・・直径3〜4mmはありました。・・・痛いわけだ・・・。これで,長くて一週間程度でもとの状態に戻るとのことです(個人差があるそうです。)。後は,帰宅して抗生剤を2回飲めば治療終了です。

病院からの帰りに岡山駅前(高島屋とドンキの間のビルの8階)の全国健康保険協会岡山支部に寄って健康保険高額療養費支給申請書の書き方を教えてもらいました。自分だけで悩まないで係の人に直接教えてもらえば,意外に簡単でしたョ。

せっかく岡山まで出てきたので,人に会ったり,本屋に寄ったり,昼食をとったり,弟のところにいろいろ持って行ったりと,よもよもしながら帰宅したのですが,ステントを取ったので快調,快調。ほとんど発症前と変わりません(個人差があるそうです。)。

なんて思っていたら,岡山市を抜ける手前からター坊(先代ムーヴ)の警告灯が点灯しました。燃料が切れるまでにあと20kmとのこと。ナビは,自宅まで20kmぐらいと表示していたので帰りにスタンドに寄れば大丈夫。でも,誤差だってあるし道路工事なんかで渋滞があったらアウトかな・・・と,びびりながら宇野のスタンドにたどり着きました。走行可能距離を計器で確かめると,5kmとのことでほっとしていたら,エンジンを切る直前にいきなり0kmに・・・なんだよそれ?

とにもかくにも,給油できたし,家にも帰れたし,めでたし,めでたし。

お家に帰るまでが通院です!!

おしまい!!
posted by 五六式 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月09日

人類の三大激痛、来ました。その9

あっ,何か来た!!   のつづき

何か来た・・・と感じた後,あっけなく意識が無くなって目が覚めたら病室で寝ていました。手術時間は,30分ほどで,前回のように体はしびれていないので,その日のうちに歩けるようになりました。何も,びびるほどのことでは無かったですね。

翌朝、1ℓほど点滴をしたら,点滴のラインも抜けて,1泊したら退院となりました。

前の入院で買ったTVカードの残量が6時間分あったのでTVを見たのですが,TVショッピングとコロナのニュースばかり・・・くだらない・・・。前回の入院で談話室のめぼしい本を読み尽くしてしまったので,持参した本2冊が頼りでした。

KAWADE夢ムック 総集編 異界と俗世の狭間から 諸星大二郎 (2011)
山と渓谷社 山怪 山人が語る不思議な話 田中康弘 (2015)

会計の人と入院費の話をして,翌朝、担当のお医者さんと次回の外来の打ち合わせをして,病室を引き払う準備をしていたら,奥さんと落ち合う時刻になりました。五六式は,生還したよ!奥さん・・・涙・・・!

奥さんは,手術後、取り出した結石を見せてもらったそうです。びっくりするほど小さくて(砂粒くらい。そんなものでもつまると激痛が・・・!),おかげで手術も簡単に済んだのだそうです。

入院費は,前回、16万円、今回、11万円でした。高額医療なので,健康保険の事務所に申請すれば,一部返還されますが,無保険なら,90万円ぐらいになるでしょうか・・・怖・・・?とにかく,支払いを終えて,奥さんの運転で家に帰りました。ありがとう,奥さん。

・・・でも,まだ,ステントは入っているんだな・・・。

つづく!!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月08日

人類の三大激痛、来ました。その8

引きこもることになりました。   のつづき

外来で手術の概要や入院の話を聞きました。

手術は,2泊3日で,内視鏡を使うので切開は一切無し、体の負担も軽く,手術の難易度も現代では一番易しいレベルだとか・・・。

・・・え!?全身麻酔ですと!?

"ER"とかの医療ドラマを見ていたら簡単な手術でろくなことがおこっとらん。生還できるのか?五六式・・・汗・・・!

全身麻酔でのアクシデントは1万回に1回あるかないか(何かあっても対処できるので実質無いに等しい)だそうです。

3日に,とうとう,手術の当日になりました。前日の夕食から絶食です。次に食べられるのは,36時間後。生還できたらね。

奥さんに病院まで送ってもらって,手術前の検査(X線撮影や血液検査など)が終わったら,病棟の病室に入って点滴をしつつ手術まで待機となります。コロナの影響で身内の者も病棟に入れず,退院の日まで奥さんに会うことが出来ません・・・涙・・・。。

午後に入って,手術着に着替えて手術室に運ばれ,麻酔薬が注入されます。すでに,点滴のラインが確保されているので,何の痛みもありません。

麻酔科のお医者さんが「眠くなってきますよ・・・。」というと・・・

あっ,何か来た!!  ホントにクるんです。

つづく!!
posted by 五六式 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月06日

人類の三大激痛、来ました。その7

一旦おしまい!!    のつづき

7月の末に一旦退院したものの,依然,体内に石は存在したままで全く問題は解決していませんでした。

右の腎臓と膀胱を結ぶ輸尿管にステントというメッシュ状のパイプを入れたまま,1回の外来を挟んで(手術のための検査と麻酔のための問診)2週間ほどで,結石を出すために再入院となりました。

最初の入院と次の入院の間、ステントが入っているため,すぐ尿意を催し,30分以上は立ち歩けない状態が続きました(座っていたり寝ていたりすると,1時間半は大丈夫)。大して尿がたまっていないのにステントの形が分かるぐらい鈍い痛みを感じるのです。おかげで,奥さんから外出禁止をくらってずっと引きこもることになりました。

つづく!!
posted by 五六式 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月02日

腹立たしい

あんまり悪口を書くのも何だけれど,腹が立つことが二つありました。

一つ目

先日、雑誌を買いに行ったら,明日入荷とのこと。楽しみにしていたのに・・・。岡山は,発売日から3日後が普通ですと。一時期,発売日の翌日までじりじり都会と差を詰めていたのですが,ここ数年で,また,じりじりと差が広がっています。東京だと,発売日の前日に手に入るものがあるので,その差は4日間です。ネットが普及した今,都会との情報のタイムラグは,ほとんど無くなっているのですが,何だか腹が立つ・・・!

都会の人は,普段から何やかやで地方と差をつけて,いい目をしているのに,GoToトラベルキャンペーンから外されたぐらいでがたがた文句を言うんじゃねぇよ!!

二つ目

NHKのBSプレミアムで,"シルクロード"の再放送をやっていました。

中国政府の協力で製作され,西域の少数民族やその文化を紹介しているのですが,偽善もいいところ。その中国政府は,今,西域で,何をしてるんだい?こんなのを再放送したら,いかにも中国政府が,西域の少数民族やその文化を大切にしているみたいじゃないですか?

あんまり腹が立ったので吐き気がしてきました。

NHKは,一体、何を忖度しているの?中国のために働く放送局なら,日本人から受信料を取らないでくださいな。

再放送をするのなら,せめて,新疆ウイグル自治区やチベットなど,侵略されて中国に併合されたところが解放されてからにして欲しいものです。

あんまり腹が立ったのでまた,吐き気がしてきました。
posted by 五六式 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記