2020年08月08日

人類の三大激痛、来ました。その8

引きこもることになりました。   のつづき

外来で手術の概要や入院の話を聞きました。

手術は,2泊3日で,内視鏡を使うので切開は一切無し、体の負担も軽く,手術の難易度も現代では一番易しいレベルだとか・・・。

・・・え!?全身麻酔ですと!?

"ER"とかの医療ドラマを見ていたら簡単な手術でろくなことがおこっとらん。生還できるのか?五六式・・・汗・・・!

全身麻酔でのアクシデントは1万回に1回あるかないか(何かあっても対処できるので実質無いに等しい)だそうです。

3日に,とうとう,手術の当日になりました。前日の夕食から絶食です。次に食べられるのは,36時間後。生還できたらね。

奥さんに病院まで送ってもらって,手術前の検査(X線撮影や血液検査など)が終わったら,病棟の病室に入って点滴をしつつ手術まで待機となります。コロナの影響で身内の者も病棟に入れず,退院の日まで奥さんに会うことが出来ません・・・涙・・・。。

午後に入って,手術着に着替えて手術室に運ばれ,麻酔薬が注入されます。すでに,点滴のラインが確保されているので,何の痛みもありません。

麻酔科のお医者さんが「眠くなってきますよ・・・。」というと・・・

あっ,何か来た!!  ホントにクるんです。

つづく!!
posted by 五六式 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記