2020年09月21日

大起の肉うどん FD-083 かお

先日、母親と倉敷市児島の大起といううどん屋さんで肉うどんを食べ来ました。児島といっても,中心街から離れて北の方にあるうどん屋さんで,倉敷や岡山に向かう旧街道を北上して児島線に合流する手前にお店があります。おすすめは,肉うどん(¥700 大盛り¥800)だとか・・・。

肉うどん
注文して待つことしばし,おつゆも肉もたっぷり入っております。

うどんは,少し固めでつるつる感は少なめです。その分,おつゆが麺によく絡まる感じがしておいしくいただけました。母親は,高松の某有名うどん屋さん(すでに閉店)で働いていたことがあるので違和感があったようですが,もともと,うどんにルールなんて無いのじゃ。五六式は,一品ごとにそれぞれのおいしさが完結していればそれでよいと思います。

肉うどん
母親が注文したのは,肉天うどん¥990。揚げたて熱々の大きな海老天がどーんとのっています。
posted by 五六式 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2020年09月10日

FIAT PANDA 初代 1980〜1999 QC-050

BS11の"名車再生!で採り上げられていたFIAT PANDAです。調べてみたら,一番古い子は,40才になるんですね〜。

"PANDA

<実車について>

FIATが,同社の126のコンポーネントを流用した新型車の設計をジウジアーロに外注して誕生した小型車。

コストダウンのため,平面を基調としたデザインが特徴となっている。初代モデルは,エンジンの強化などの改良を加えながら20年近く生産され続けた。

PANDA
バリエーションとして四輪駆動車やバン、富士重工製のCVTを装備したモデルなどがあり,スペインでライセンス生産されたモデルもあった。

PANDA
リアに"PANDA"のロゴがプレスされています。排気量から言えば,パッソ/ブーン相当の自動車ですね。最初期モデルは,現在の軽自動車の半分くらいのパワーしかありませんでした。

シンプルだけれど,何処か、しゃれた感じがするのはジウジアーロのデザイン力ゆえでしょうか?

プラモは出ていないようだけれど,コミック"よつばと!"(あずまきよひこ)に虎子の愛車として登場しています。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車

2020年09月03日

絵師100人展 08 岡山展

9月22日まで岡山シティミュージアムで開催されている"絵師100人展 08 岡山展"に行って来ました。

絵師

今回のテーマは,"雅"。展示されているのは,ほぼ,100%美少女イラストです。

で,太もも出ている率が約50%(あまりに多いのでもう一周してカウントしてみました。)。余計なお世話かもしれないけれど,太ももに頼っちゃいけないんじゃないかなと思います。今回、よいなと感じた作品は,太ももを露出していない作品ばかりでしたョ。今回のポスターになっているMika Pikazo氏の作品とか蒼樹うめ氏の作品(今回一押しです。)とか・・・。

和装の女の子のイラストも多かったです。本物だったらとても買えない,維持できないような着物でも腕次第で自分の子に着せることが出来るのだから,イラストっていいなぁ・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ