2021年06月30日

できました。タミヤ 1/100 SAAB J-35F & SAAB AJ-37 試作機

タミヤのミニジェット機シリーズの在庫を減らすという方針で機会があるたびに製作を進めています。

キットの初版発売からもう50年以上経ってしまいました(製作したのは,1980年代に再版されたときのもの)。設計が古いためか,部品が合わなくて苦労しました。もう,いい加減,新金型でリニューアルしてもいいんじゃないの?

SAAB
SAAB J-35F DRAKEN

機番や舞台番号のデカールの色が薄く,しかも,書体やサイズが異なっています。書体やサイズに不満があるものの,タミヤのアクリルのつや消し黄色でなぞって発色を改善し,番号が読めるようにしました。

超音速性能とSTOL性能を両立させるため,ダブルデルタ翼を採用したスウェーデン製の戦闘機です。日本では,高性能機だと思われていますが,低空では操縦が難しく,うかつに加速するとひっくり返ってしまうそうです。

SAAB
SAAB AJ-37 VIGGEN

キットは,試作機を再現しています。スウェーデン空軍で実用化されていたAJ-37と基本的に同じ機体ですが,主翼前縁の形状などが異なっています。

ビゲンは,ドラケンを更に発展させた,カナード付きのデルタ翼を採用した機体です。性能的には優秀でしたが,デンマークなどにいくつかの国に輸出されたドラケンと違ってスウェーデン以外の空軍で採用されることはありませんでした。

SAAB
2機のそろい踏み。全長はそんなに違わないけれど,胴体の太さがかなり違っています。

両キットとも,部品の合わせが悪く,現在の水準では,ちょっとおすすめできません。へたに修正などせずにぱぱっと組むならば,何の問題もないのですが・・・。

71/1000  D-011
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年06月26日

金曜日は,夕食当番 FD-099 ままお

五六式の夕食当番は,毎週金曜日ですが,奥さんのお出かけの都合で土曜日に作ることもあります。

ごはん
6月19日の夕食

メインは,シャーレン豆腐。レシピ本にある作り方ではなく,学校給食で出たものを再現したもの。味付けは,中華スープ+牛乳となっています。再現度は高かったけれど,娘には不評・・・しくしく・・・。

サラダはツナともやしで醤油マヨネーズでいただきました。

ごはん
6月25日の夕食。

2週続けての中華メニュー。麻婆豆腐は,タマネギを細かく刻みすぎた・・・汗・・・。しかし,まぁ,味的には問題ありませんでした。奥さんが唐辛子にむせてしまうので我が家では,おかずを辛くしすぎないことが優先されます。

ごはん
6月26日の夕食

娘と奥さんが,"クルエラ"を観にいくので,急遽,夕食を担当することになりました。実は,奥さんは,この日の夕食に麻婆ナスを作ろうと材料を揃えていたのです。前日とかぶるのは避けたいので,麻婆ナスは没にして挽肉をうどんの具にすることにしました。

冷蔵庫に残っていたキャベツも消費して欲しいと言われたので,甘酢和えと塩昆布を使った浅漬けを作りました。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2021年06月15日

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ MV-220

封切りが何回も延期された"機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ"を観に行って来ました。割引無しの特別料金でパンフレットも売っていない・・・上映を何度も延期して観客をやきもきさせたのに,その態度は一体何か!かなりむかつきましたが,作品自体には何の落ち度もないので仕方ありません。

<お話>
シャアの反乱から12年,地球圏から戦乱が消え去ったかに思われたが,対抗勢力の無くなった地球連邦政府要人の権力の私物化が進んでいくこととなった。

1年戦争でホワイトベースの艦長を務めて以来、数々の戦役で殊勲艦の艦長を歴任したブライト・ノアの息子であるハサウェイ・ノアは,地球連邦高官が地球に向かう特権階級専用往還シャトル「ハウンゼン」に乗り合わせた。そのシャトルを反政府組織マフティーを名乗るテロリストが乱入してくる・・・。

<やっぱり・・・>
女性をだしにするんかい・・・。いい加減にその癖をやめたら?

<ケネス・スレッグ大佐>
有能な指揮官です。やり手です。

<分かっていない>
自分たちが地球に住み続けるために一般人を強制的に宇宙に移民させている連邦も,地球の環境を守るために全人類が宇宙に住むべきだとするマフティーも,人がどこかに住むということの意味が分かっていない。ヒトも,生態系の一部。ぽつんと一軒家に住むじーさんも,ネパールの山奥で塩を運ぶおっちゃんも,川に洗濯に行ったばーさんも,野原で花を摘む少女も,地球で何らかの役割を担っている。

また,そもそも,人々は,地球にとって価値があるとか無いとかそんなもののために生きているわけではない。邪魔だからと十把一絡げに宇宙に放り出すのは傲慢だ。

核動力で動くロボが作れるのなら,人口の問題だってたやすく解決できるはず。ヒトのいない美しい地球と同じくらいヒトのいる美しい地球も実現可能だと五六式は信じているよ。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2021年06月12日

シドニアの騎士 あいつむぐほし MV-219

シドニアの騎士のTVアニメ第2期第九惑星戦役の続きは,劇場版となりました。コロナのおかげで封切りが延期になりましたが,岡山メルパで観られるようになりました。

本作の巨大ヒロインである人類とガウナの融合体,白羽衣つむぎのけなげさ大爆発です。

<お話>

未知の生命体ガウナの来襲によって母星を破壊された地球人類は,種族の存続のためにいくつかの播種船を建造し,宇宙に逃れた。シドニアと命名された播種船は,宇宙空間でのガウナの襲来を退けて以来,100年ぶりにガウナと遭遇,エースパイロット谷風長道(ナガト)たちの活躍によってからくも,これを退けることができた。しかし,この戦いによってもたらされた平和は,10年しか続かなかった。

<白羽衣つむぎ>

谷風と同期のパイロットで過去の戦いで戦死した星白閑(ほしじろしずか)の形質と感情を受け継いだガウナと人間の融合体です。身長は,人間の約10倍で強力な戦闘能力を持ついわゆる,生体兵器なんだけれど,誕生して10数年の少女に近い精神性も併せ持っています。物語の終盤で瀕死の重傷を負いながら谷風を助けるために特攻・・・原作は読んでいるのですが,涙が止まりません・・・。

<ララァ>

外見は,森のクマさんだけれど,この姿になったのには理由が・・・。科学者落合の暴走の理由もここに・・・。

本作では,これまでに伏せられた過去の歴史が次々に明らかになります。

<衛人>

本作でのメインメカの一つです。戦闘機だけれどロボットみたいな機体です。

新型の衛人は,自動化が進んで高い性能を発揮できるようになりましたが,かえってそのことが仇に・・・。

ヒロイックな要素がない,感情移入ができない,兵器の中の兵器です。・・・プラモは出ていますが,果たしてこれが,売れるのだろうか?と心配になります。

<物語の結末>

原作の通りです。でも,映画版を観ても,がっかりしませんよ。

posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2021年06月11日

金曜日は,夕食当番 FD-098 ままお

最近、ちょっと不調・・・。

夕食
5月28日の夕食  厚揚げと肉団子の煮付けに味噌汁ともやしサラダを追加

TVで見たのは,高野豆腐だったのだけれど,うちの奥さんは,高野豆腐が苦手なので厚揚げにスイッチ。で,不評・・・。高野豆腐にしておけば良かった・・・涙・・・。

夕食
6月4日の夕食   毎月第1金曜日は,カレーの日。写真を撮り忘れたのでおかわりの分で撮影。

生協に早めに行ったら,カレー用の豚肉があった。必要なだけかごに入れて,次は,リクエストがあったお弁当をGET。かごに入れて右を向いて左を見たら,もう,件のお弁当は,棚から消えていた。豚肉もあっという間に売り切れ。午前中の店内は,五六式みたいなじじばばばかり・・・怖・・・。

今回のカレーは,トマトを増量したけれど,あまり味に変化がなかった。たくさん入れれば良いというものでもないということが分かった。

夕食
6月11日の夕食    水餃子と焼き餃子、買ってきた唐揚げとナスの含め煮

餃子のたねには,豚ミンチ、キャベツ、タマネギ,ニラ,干し椎茸を。水餃子は,できてから時間が経ちすぎて皮のもちもち感が薄れてしまった・・・涙・・・。ナスの含め煮は,まあまあ。も少しだけ甘いと良かったかも・・・。奥さんが唐辛子に弱い体になってしまったので唐辛子が使えない・・・。 
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS

2021年06月08日

6月は,アジサイ

梅雨は,うっとうしいですが,アジサイが咲くのと庭の水やりがサボれるのは良いですね。うちの庭のアジサイの写真をあげてみます。

アジサイ  アジサイ

アジサイ  アジサイ

アジサイ  アジサイ

アジサイ  アジサイ

アジサイ  アジサイ

アジサイ

奥さんの実家からもらって来たちょっと珍しい品種も混じっています。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記