2022年02月28日

大怪獣のあとしまつ MV-223

ひどかった・・・。

ギャラの高い俳優さんもばんばん出ているし,特撮も頑張っていたのに,でも,面白くなかった・・・。

お話は,空想科学読本に書かれていた「ウルトラマンに倒された怪獣の死体はどうなるの?」という内容をドラマ仕立てにしてギャグをまぶした感じ。でも,面白くなかった・・・ギャグも笑えなかった・・・。

前の席に小学生2人を連れたお母さんがいましたが,本当に気の毒。お子さん達は,怪獣が大暴れして最後には倒されるというシーンを期待しただろうに,お望みの展開は一切ありませんでした。まぁ,そういう映画ではないと言明されていたから自己責任の範疇であるとは思いますが。母子3人で四千円くらい使ったと思うんだけれど,この映画を観に行かなかったら,3人で広松に行って,そのお金で岡山名物デミカツ丼とラーメンのセットを食べてもおつりが出ただろうに。

もし,これがTVドラマで,地上波でオンエアされたら,あまりの不評に関係者は責任を問われただろうと思います。←だから,映画だったのかな?
posted by 五六式 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画