2014年07月13日

マレフィセント MV-167

うちの奥さんと娘が大好きなディズニーアニメ"眠れる森の美女"の実写でのスピンオフ作品"MALEFICENT(マレフィセント)"を岡山市の東宝シネマズ岡南で観てきました。

<お話>

人間の国と国境を接する妖精の国ムーア国に1人の少年が侵入する。天涯孤独の身のステファンである。侵入者を排除しようとその場に駆けつけた妖精マレフィセントは,自分と同じ年頃のステファン少年に心を許し,友達となる。

やがて,年月は過ぎ,青年になったステファンは,人間の世界へと心を移して行く。二人は,疎遠なり,更に年月が過ぎて行く。

ある日,マレフィセントは,再びムーア国を訪れたステファンと出会い,旧交を温める。しかし,ステファンの目的は,幼なじみと会うことではなかった。彼は,出世のために彼女の命を奪うためにこの地に来たのであった・・・彼は,マレフィセントに睡眠薬を盛って・・・おい!!・・・。

<マレフィセント>

ディズニー映画史上最強の悪役として名高いマレフィセント。原作のアニメ映画でオーロラ姫に呪いをかけたり,ドラゴンに変身したりするシーンで震え上がった大きいお友達も多いはず。決め台詞は,「思い知れ悪の力を!」・・・何とも清々しいではありませんか!!心の有り様によって魔力を放つオーラの色が変化します。

そんな彼女が呪いを解こうとして果たせず(呪いを自分でそう設定してしまったため),苦しむ様は涙を誘います・・・でも,ぎりぎりまでがんばるんですよ・・・。

<エル・ファニング>

オーロラ姫役は,"スーパー・エイト"で五六式をたまげさせたエル・ファニング。ダコタ・ファニングの実妹です。姉妹揃って可愛いこと・・・。そりゃ,こんなのに微笑みかけられたら復讐の心も揺らぐわな・・・。

<ステファン>

いくら出世のためとはいえ,漢なら,普通,幼なじみに手をかけたりはせんよ!!しかも,仕返しされて,逆切れ!!

<カラス>

マレフィセントの忠実なる僕。こちらは,漢の鑑。この作品では,石にされたりはしません。"アレ"にはなるんですけれどね。

<三人の妖精>

浮世離れしているため,家事全般が壊滅的に苦手。魔法を封印してオーロラ姫を育てようとしたため,却って姫を生命の危機に晒すことに・・・。見てはおれんとマレフィセントが逆に姫を助ける始末・・・やれやれ,だぜ・・・。

オーロラ姫の16歳の誕生日のために,毒々しい原色で彩られたぐちゃぐちゃのケーキを作るところは,原作に敬意を表している?
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101648303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック