2014年11月30日

INTERSTELLAR MV-169

う〜ん・・・。"ゴジラ"を見に行ってから3ヶ月余り,ず〜〜っと映画を観に行っていなかったんですね。

で,今回は,奥さんがSF映画を観に行きたいと言うので"INTERSTELLAR(←"星間"という意味) "を観に行ってきました。

<お話>

近未来,地球全体が乾燥していき,穀物の収量は激減した。食料の確保もままならなくなった人類は,戦争によって食料を奪い合った。。しかし,その戦争さえも継続不能になり,各国の軍隊は解散,各国は,食料の増産に励むがさしたる成果を上げられず,人類は滅びの道を歩み始めた。

元NASAの宇宙飛行士クーパーは,新型宇宙船のテスト中,原因不明の墜落事故によって現役を引退した。その後,国の疲弊によって科学技術も廃れていき,NASAは解散,医療技術も同様で満足な治療も受けられず妻は病死し,二人の子どもと自分の経営する農場でトウモロコシの栽培に励んでいる。

そんな彼の家で不可解な現象が続けて起こる。本棚の本が落ちたり,埃によってバーコードが描かれたり・・何者かが重力波によって何かを伝えようとしていると気付いたのは,娘のマーフだった・・・。

<ウラシマ効果>

超高速で飛行する宇宙船の中やブラックホール周辺では,時間の進み方が遅くなります。また,それゆえ,1つアクシデントが起こる度に十年単位で帰還が遅れてしまいます。第2の地球探しに出たクーパーは,再びマーフに会うことができるのでしょうか?

<第2の地球>

今,太陽系外の惑星の研究が進み,第2の地球を探そうという試みがなされています。そういった試みに呼応したかのようなこの作品,3つの地球型惑星の景観を見せてくれます。

<突っ込みどころ>

・ 衛星軌道上で観察したら,絶対着陸(水)しちゃいけないことが分かる惑星がありました。後先考えずに突っ込んじゃダメじゃろ?

・ M博士,いっしょに着陸したスタッフを◯っちゃったんじゃね?

・ 何でクーパーが気がついたら土星軌道上におったんじゃろか?そんなことができるんなら,登場人物の何人かは死なずに済んだんじゃなかろうか?

・ クーパーのおかげで何とか人類は滅亡せずに済みそうです。でも,際ど過ぎ!!もっと地道にやろうよ?

<泣いた>

生きて地球に帰って娘に再会するべくクーパーはがんばって,がんばって,がんばり倒します。その姿に涙がだだ漏れです。詳しくは,ぜひ劇場で!!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106251124
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック