2015年05月01日

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 MV-175  

毎月1日は,映画の日。ということで娘と一緒に"THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦"を観に行きました。金曜日なので仕事が終わってから観るわけですが,東宝シネマズの最終上映が16時台となっていたのでこりゃいかん・・・。21時から上映していたMOVIX倉敷に行くことにしました。

<お話>

横浜ベイブリッジ爆破をはじめとしたテロ行為を指揮した元自衛隊員,柘植のシンパによる第二のテロ事件が起こる。犯行に使用されたのは,最新鋭のAH-88J2グレイ・ゴースト攻撃ヘリであると判明,この機体は,機体全面に取り付けられた液晶パネルにより光学迷彩が施された見えないヘリであった・・・。

これに対抗するべく行動を開始した警視庁特車二課パトレイバー中隊であったが,組織は解体寸前,更に装備は旧式化し消耗しており,通常の稼働もままならぬ状態であった。

<実写化>

娘曰く,「これってアニメでもできたよね。押井監督,きっと,実物大のイングラムを動かしたかったんだよね。」

・・・ごもっとも。

<女の戦い>

戦っているのはみんな女の人。

敵パイロット灰原 零・・・女の人
海外で働いている南雲隊長・・・女の人
警視庁公安部外事三課 警部・高畑 慧・・・女の人
第二小隊研修生カーシャ・・・女の人
第二小隊一号機担当泉野 明・・・女の人

男の人はおろおろ・・・ばかりじゃないけれどね。

<音で敵の位置を知るんだ!!>

つけ加えるなら・・・音だけでなく
機体のまわりに発生する気圧の乱れと風の流れも重要だがね。

音響センサーってあんな形でいいのかしら?

<AH-88J2グレイ・ゴースト>

前に出て来たのは,AH-88Jヘル・ハウンド。この改良型だと言うのですが,似ても似つかぬその姿。液晶パネル云々は,次世代ジェット戦闘機で実現させようとしているらしいですね。

<イングラム>

何か,ガンダムの顔になっています。部品の供給もままならず,今回は,最後に大破してしまいます。何事にも終わりは来るのですけれどね。
posted by 五六式 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/130426072
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック