2015年07月19日

BANDAI RE/100 1/100 MSK-008 DIJEH おすすめ度 ☆☆☆☆★

進化の果てに複雑で高価なキット群になってしまったMGシリーズとは別に,比較的簡素なパーツ構成で今までキット化されなかったMSを1/100スケールでリリースするというRE/100(REBORN-ONE HUNDRED)シリーズの第3弾のキットです。

dj

<実機について>

1年戦争後,ジオン残党の掃討を目的に設立された地球連邦軍の精鋭特殊部隊TITANSは,結果として宇宙コロニーに住む人達を弾圧する急進的な組織となって行った。それに対抗する反地球連邦組織がAEUGとKarabaである。AEUGが主に宇宙空間を主戦場にしたのに対し,Karabaは,地球上で活動を行っている。寄り合い所帯的なKarabaは,資金や機材の点でTITANSやAEUGに劣り,使用しているMSもRGM-179 GIM II などの旧式なものばかりであった。

そのKarabaがAEUGのMSであるRMS-099 RICK-DIASを基礎として地上戦に特化させた機体がMSK-008 DIJEHである。本機は,巨大な放熱板やジェット推進機関を装備し,大気圏中の戦闘能力を高めているが,一方,携帯する火器については,RMS-099 RICK-DIASやMSN-100百式等と共通のもので,特に強力であるとは言えない。また,機体のテストのため,1年戦争の英雄アムロ・レイ大尉の乗機として使用されたことがある。

背中の放熱板については諸説ある。

1 そもそもそんな大きな放熱板を晒していたら熱源探知ミサイルに当たり放題ではないのか??

2 ディジェに必要なら,他の高出力の機体にだって必要だろう?

3 実は,AMBACとして動作する。←可動範囲が狭いが?

4 緊急時には,巨大なブーメランとして使用することも可能である。←核動力の機体の放熱板を取り外してぶん投げるって!!??実は,自爆スィッチなのか?

5 骨組にセンサー・アレイを装備している。←廃熱でセンサーに悪影響はないのか?

6 実は,中にガイガンが入っている。←鰭の数が足りませんョ?

dj

リックディアスの改良型と言うけれども,胸の辺りは,ガンダムだし,顔は,ゲルググ,右肩は,ドムだし・・・ベクタード・スラスターの有効性も???だし・・・。本当に中身は,リックディアス・・・なのか・・・?

娘:親父,何か,あちこちから寄せ集めてきたみたいなものを作ってるね。
五:その通り・・・。でも,アムロが乗っていたんだョ。
娘:嘘じゃろ?
五:映画版では,リックディアスに差し替えられてました・・・涙・・・。

dj

<キットについて>

ポリキャップは,写真の3種類だけ・・・(ほぼ実物大)。後は,プラスチックの部品と組み合わせて関節などを作って行きます。塗料が乗らないポリキャップをあまり露出させないこの試みは,なかなかよいと思います。

このポリキャップ,差し込む方向が決まっているものがあるので注意が必要です。組み合わせる部品によっては,もう一度外すのが困難な場合があり,失敗するとやり直しに手間と時間を食われます。ここは,一つ謙虚に,説明書を丁寧に見てから工作に取り組みましょう。

昔は,MGも安くて簡単に完成できた・・・遠い目・・・。岡山市内にあった某模型店で発売日の次の日に塗装済み完成済みのゲルググが飾ってあったのには驚きました・・・遠い目・・・ズゴッグあたりからおかしくなって来たんだよね・・・。

このキットは,現在のMGよりは簡単に組み立てられますが,初期のMGよりは時間を食いました。部品の精度が上がっているので組立てのストレスはあまりありません。MGの初代のゲルググの膝の裏がぴったり合わず,泣いたあなた,今回は,そのようなことはありません。

頭部は何気に大きすぎるのではないかと思いますが,変にいじって小さくするとか,エポパテで新規造形とかしない方がいいと思います。欲を言えば,後少し小さい方が好みですが,逆に小さ過ぎるとそれはそれで不細工になってしまいます。もともとディジェは,こういうデザインだと自分自身に言い聞かせましょう。

・・・あなたは,だんだん眠くなる・・・そして,ディジェの頭は大きい方がかっこいいと思うようになる・・・これから3つ数えるとこの指示のことは忘れるけれど,ディジェはかっこいいという気持ちは変わらない・・・では,1,2・・・。



dj

ベクタード・スラスターは,部品1個で一発成型。

部品の精度がよいので塗装するのなら,塗料の厚みを考慮しなければなりません。はめ込む部分で見えない所には塗料をなるべく塗らないようにするとよいでしょう。

本キットには,アンダーゲートでランナーにつながっている部品がたくさんあります。ゲートの部分を削りすぎると隙間ができるし,ゲートの部分を上手く削らないと,ゲート跡が干渉して部品がぴたりとつかなくなります。よく切れるカッターやデザインナイフで慎重に少しずつ削って行くことをおすすめします。

dj

携行火器の部品精度や成型色が大変よいです。ちょっと感動しました。これは,かなり力が入っていると見ました。
posted by 五六式 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/154075462
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック