2015年07月23日

夏の旅行は鹿児島へ その3

本日の予定は,水族館見学とおみやげさがし・・・。

連泊した鹿児島サンロイヤルホテルを後にして,(カレーライス,美味しゅうございました。)シャトルバスで鹿児島中央駅に向かい,そこから水族館行きのバスに乗り換えました。

kgsm

バスを降りると,そこに見えているのに,なかなか水族館にたどり着けませんでした。まず,船の待ち合いの建物に入って,2階に上がり,そこから通路を歩いて道路を跨いで階段を下り,やっと,水族館へのアプローチに辿り着く・・・と・・・何とかしておくれ・・・。

入場料は,¥1500のところをホテルで割引券をもらっていたので¥1400。わーい!!・・・って喜んでいいのやら・・・。

大水槽にはジンベイザメが!!・・・いなくて(7代目になる方募集中),3万尾のイワシの大群が入っています。これがなかなかおもしろく,次から次へと群れの形を変えて行きます。他には,熱帯の魚達とか,近海の魚達とか,深海の生物とか,ピラルクとか,アザラシ君とかイルカショーとか・・・押さえるべき所は一通り押さえていると言う感じがします。

ウミウシを集めて展示するコーナーがあったので何十種ものウミウシをまとめて観察することができました。ウミウシは,カラフルなものが多く,写真集も出ていたりするのですが・・・極論すると,ナメクジみたいなものです・・・うわぁ・・・。写真のアオウミウシ(アオウミガメと名前が似ているが無関係です。)は,体長1cm強の小さなものです。

奥さん(旅行先や雑貨屋さんでカメのグッズをよく買う)は,ウミガメの子どもの展示のところで「赤いのがアカウミガメ,青いのがアオウミガメ(アオウミウシと名前が似ているが無関係です。)」と言っていました。←そりゃ,そうじゃろ。

kgsm  kgsm

初日のツアーバスからも眺めることができた西郷どんの銅像ですが,今回は徒歩で側まで行きました。とは言っても,お目当ては,お隣にある市立美術館だったのですが。ここでは,企画展としてゴーギャン展をやっていました。ゴーギャン展とはいっても,ゴーギャンだけで数十点というものではなく,彼と親交があった何人もの画家の作品も多数展示し,ゴーギャンの画家としての歩みを紹介するというものでした。それらの中には,スタジオジブリっぽい人物スケッチが何点かありました。アニメに出てきそうなおばさんのスケッチもあっておもしろかったです。というか,ジブリの人達がフランスの美術に影響をうけていると考える方が真っ当ではありますね。で,フランス美術には日本の浮世絵が影響を与えている・・・と・・・ぐーるぐーる・・・。先日のフランス人一家といい,今回の旅行には,なぜか,フランスが関わってくるという不思議。

常設展の方は,モネとか,ダリとか,アンディ・ウォーホルとか名のある人達の作品を一通り揃えて展示してありました。それに加えて郷土の画家のコーナーもあり,ここでは,東郷青児の大きな絵が3点出ていました。かなり"がんばった感"が感じられるラインアップと言えるでしょう。

kgsm  kgsm

鹿児島に入って3日目,初日からこの午前中までずっと桜島に雲がかかっていたのですが,ふと気がつくと雲が消えていました(市内のあちこちから桜島が見えます。)。それで急遽,桜島がよく見えるところに移動することにしました。水族館に戻るか・・・宿泊したサンロイヤルホテルに出戻るか・・・はたまた,鹿児島中央駅に戻るか・・・。鹿児島中央駅の駅ビルの高い所にある飲食店の窓から食事をしながら眺められるのではないかと思っていたのですが,甘かった・・・周りに同じくらいの高さのビルがいくつもあるのです。そこで,お金がかかりますが,観覧車(アミュプラザのアミュラン)に乗ることにしました。料金が高いのではないかと危惧していたのですが,大人料金が¥500とお手頃,暑がりの奥さんに冷たいお茶を持たせて乗り込みました。絶景かな,絶景かな。鹿児島市街も桜島も大隅半島もよく見えました。(写真に観覧車の支柱がちらっと見えます。)

この旅行をJTBに申し込んだとき,桜島は噴火を繰り返していて,噴煙が6000mに達したとか,川内原子力発電所が危ないとか,大噴火が起こったら九州全域が火砕流で壊滅!!!とか報道されていて,「大丈夫か?」「行きて帰れるのだろうか?」等といらん心配をしていたのですが,今回,ぴたっと噴火が止まっていて火山灰一つ落ちて来ていませんでした・・・ははは・・・。

観覧車から降りて遅い昼食をとった後,次はいよいよ旅行の最終局面へ・・・!!

後は,駅ビルで食べ物を中心におみやげを抜かりなく買い集め,夕食代わりのカツサンドとコロッケを買って17時5分発の九州新幹線さくらに乗り込みました。岡山駅からは,自宅近くまで"虹バス(両備バスさん,このごろ,まゆせちゃんが乗っていませんよ!!)"が家の近くまで送り届けてくれます・・・ふぅ・・・。家に着くのは,22時過ぎなので5時間近く乗り物に乗り続けることになりますが,半分くらいは寝ていました・・・ははは・・・。帰宅したら,タマオちゃんが飛びついてきました。どうやら,帰りが遅いのでぶつぶつ文句を言っていたようです。明日からは,ちゃんと毎日帰るからね。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/156306406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック