2015年08月06日

ユリを観るために千種高原に行ったのだが・・・

この前,世羅高原農場のチューリップ祭りを観に行ったときに手に入れたチラシでちくさ高原ゆり園のことを知った奥さんのリクエストに従って,兵庫県の北部,宍粟市までドライブしてきました。まず,国道2号線で太子町まで行って国道29号線をひたすら北上,道の駅の播磨いちのみや,南羽賀,はが,と訪れた後,道の駅南羽賀の近くまで引き返して西に進みます。

tikusa 播磨いちのみやの隣の伊和神社

揖保の里が近いのでそうめんの品揃えがよかったです。普通の2倍以上長いそうめんやうどん(乾麺)があってぐっと心を引かれましたが,家の鍋では小さ過ぎてまともにゆでられないと思い,購入を断念・・・涙・・・。

tikusa 南羽賀で昼食。

奥さんが野菜を購入しました。前の所よりちょっと安い・・・。カツカレー,美味しゅうございました。

特産品の加工場も併設されています。

tikusa はがは,近畿の道の駅の第1号

でっかいリンゴが目印。

奥さんが野菜を購入しました。前の所よりちょっと安い・・・。食事もここが一番リーズナブル。

トンネルをくぐった後,岡山との県境の手前で県道72号線に入って,ちくさ高原ゆり園行きののぼりをたよりにひたすら進んで行くと・・・ありました。あれ?

実は,台風11号と長雨のせいでユリが十分に育たなかったとのこと。そのかわりに入園料も無料になっていたのですが・・・大変だ・・・。

tikusa

ユリは全滅に近い状態でしたが,咲いているものには珍しいものも多く,これが全部咲いていたらと思うと残念でした。奥さんは,写真の黄色いユリが珍しかったので苗を買って帰りました。う〜ん・・・次回に期待。なお,件のユリは,現在,家の庭で咲いています。

tikusa あわくらんどは,中四国の物産やおみやげがいっぱい

千種高原からさほど離れていないところに岡山県西粟倉村の道の駅,あわくらんどがあるのでナビの指示するまま進みます。ここに来ることで岡山県内の道の駅全てを訪れたことになり,道の駅が大好きなうちの奥さんの一つの野望が達成されました。・・・めでたし,めでたし・・・。ここは,岡山県と鳥取県と兵庫県の県境に近いのであちこちの物産や土産物が置かれています。愛媛県のミカンを使ったものとか,岡山のマスカットやピオーネのゼリーとか・・・兵庫県の黒豆とか・・・。生産量が少なく,地元付近でしか買えない鳥取県産のナシ,その名も"八雲"というのがあって美味しそうだったので買って帰りました。

tikusa 巨大な提灯が!!

道の駅あわくらんどから国道373号線を南下すると,再び兵庫県に入ります。しばらく行くとまたまた道の駅が・・・!!佐用町の道の駅,宿場町ひらふくです。この辺りは,昔の宿場町の面影を残しているところで宮本武蔵が初めて決闘をした所としても知られています。道の駅にも観光案内のパンフを置いているので散策の前に立ち寄るとよいでしょう。

tikusa 智頭急行・平福駅

観光案内のコーナーで奥さんと話をしていると,地元のおじさんがいろいろ町の巡り方を教えてくれました。この時点で16時を過ぎていて散策する時間がなかったのでおじさんのアドバイスを参考にしつつ,車でその辺りを1周,その後,備前市に至る近道を通って岡山まで帰ってきました。

ユリを観に行くのが目的でしたが終わってみると道の駅を5軒はしごしていました。(兵庫県の山崎にもあったのですが立ち寄れませんでした。)・・・う〜ん・・・有言不実行・・・奥さんは,満足・・・。ま,いいか。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161434789
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック