2015年10月25日

塩江奥の湯温泉でにゃんこに遭遇

大学の同窓生のM岡氏に誘われて塩江奥の湯温泉でミニ同窓会をしました。

食堂の窓の外には,小鳥のえさを置く所があって運がよいと小鳥が餌をついばむ様子が見られるのですが,そこからちょっと離れた所にネコのえさ場もあります。温泉に入ったお客さん達が余った魚の骨などを置くと,にゃんこがやって来るので,それを観て楽しむこともできると言うわけです。

nyan

写真のにゃんこは,3匹やって来た中でも一番の器量よしです。まだまだ若いので美しさも格別。しかし,温暖な香川県でも,山の中ではかなり寒いはず。来年の春,あの子達が生き残っているかどうか,かなり厳しいものがあります。

どこやらの島にたくさんネコがいるのが話題になって,わざわざフェリーに乗せてその島にネコを捨てに行く馬鹿がいるという記事を見たことがありますが,ここで同じことをするなヨ!!
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんこ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166549659
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック