2015年11月07日

PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜 MV-180

久々に奥さんと映画を観に行きました。お題は,"PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜"。上映時間の都合で東宝シネマズ岡南に出向きました。

<お話>

ピーター・パンの誕生物語です。  お終い  じゃなくて・・・

ピーターは,赤ん坊のとき,ロンドンの孤児院にあずけられ,意地悪な院長達の虐待を受けながら少年期を過ごしていた。院長達は,配給された食料を着服し,何者かに孤児達を売っていたのだ。日に日に姿を消して行く孤児達,ピーターとその親友ニブスは,院長の秘密を暴くためドイツ軍の空襲のときに防空壕に入らず,院長室に忍び込む。案の定,二人は院長が着服した食料や現金を発見するのだが・・・

<黒髭>

海賊フックはまだ誕生していません。今回の悪役は,世界のあちこちから人夫をつれて来て若返りの力がある妖精の粉を発掘させている海賊黒髭です。演ずるのは,不死身の超人類から訳ありの市長まで何でもこいのヒュー・ジャックマンです。オーラが出まくっています。権力者だし,戦士としても手練だし・・・。

で,フックって誰?という話ですが,登場したときから見え見えなんだな・・・。

<立体機動>

帆船と言えば,ロープ。ロープと言えば立体機動。どこやらの兵学校で訓練しているわけではないので思った所に行かなかったり,無様に背中から着陸したり。というわけでアクションシーンはスリリング、手に汗を握るものになっています。

<スピットファイア>

ロンドン空襲と言えば,ドイツ軍のハインケル(He111)とイギリス軍のスピットファイアですね。どちらもCGで再現されています。(エアフィックスやハセガワのキットじゃないんだね。)日本人が零戦に抱くと同様に英国人もスピットファイアに特別の感情を抱いているようです。その空戦の描写がよくできています。空飛ぶ海賊船を追って高空まで急上昇し,空気が薄くなったため,落ちて行く場面は圧巻です。ROYAL AIR FORCEのパイロット達,すごくかっこいいです。自分が英国人ならここで泣きます。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167823647
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック