2015年11月21日

NEWレオマワールドに行ってきました!!

職場のレクリエーションでNEWレオマワールドに行ってきました。バブルの頃(1991年)にできたレオマワールドが2000年に休園,その後,2004年に香川県の様々な企業によってリニューアルされた中四国地方最大の遊園地です。祝25周年!!

reoma

とは言っても,四国の人口は,400万人足らず,中四国地方でも1200万人足らず,と,束になってもお客の数では,東京都や大阪府単体にはかなわない不利を抱えています。経営改善のため,オープン当時の施設の一部が閉鎖されていて,当時を知る地元の人たちにとっては寂しい限りです。

reoma

時間に余裕が無かったので,まず,昔から好きだったオリエンタルトリップを見ます。大人にとっては,こっちの方が楽しいんだけれど・・・経営再建のための経費節減の対象となっており,かつて公開されていたものの一部が見学不可になっています。

reoma
青屋根が美しいモスク。

アラブ系の文化はもっと評価されるべきです。アラビア数字(現在,私たちが使っている数字のこと)と言う言葉は,いつの間にか死語になってしまっています。これは,政治的な陰謀のにおいがするぞ!?

reoma
ブータンの僧院タシチョ・ゾン。本物の(ごく一部の)1/2スケール。

吉祥天をお祀りしています。ここは,周囲のマニ車を回してから中に入るようになっています。チベット仏教では,マニ車を右回り(時計回り)に回転させると、回転させた数だけお経を唱えるのと同じであるとされています。これなら,マントラが読めないHDSEDでも安心,安心。

reoma
アンコール・ワットの寺院プラサット・ヒン・アルンを再現しています。

タシチョ・ゾンから撮影しました。以前は,中に入れましたが,管理費の節減のためか立ち入り禁止となっています・・・涙・・・。左後方に見えるおにぎり型の山が讃岐富士こと飯野山です。標高は,400mちょっと。香川から岡山に亡命した五六式ですが,この山は,好きなんだな・・・。

reoma
タシチョ・ゾン全景。

本物は,ブータンの行政と宗教の中心地で,広大な敷地に鉄柵と城壁で囲まれた中に本殿が建っています。レオマのミニ・タシチョ・ゾンは,長い階段を上らないと見学できません。とは言っても,近くにある金刀比羅宮に比べれば楽勝です。以前は,二階に上がれたように思いますが,現在は,上がれません。

reoma

ゲートを出ると,このメッセージが。実は,レオマの中でこれが一番おもしろいスポットです。

家族サービスやお仕事の一環で何度も足を運んでいるレオマ&NEWレオマ,規模が縮小されて寂しいかぎりですが,いつの日か,目玉模様が書いてある寺院や巨大マントラが再び公開されることを祈って,今日のところは,さらば!!

※取材は,11月22日でした。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168369543
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック