2015年12月01日

鳥取県倉吉市までお買い物ツアーへ

うちの奥さんが11月28日から29日まで開催している第18回「手作り&雑貨マーケット in くらよし」に行ってみたいと言うのでドライブがてら行ってきました。

玉野市から出発して国道53号線を北上,津山市で179号線に乗り換えて人形峠を越え,三朝町経由で倉吉市に入ります。津山市から179号線に入るのは,立体交差に乗って左折するというややこしい道になっており,くいっと右に折れて奥津温泉の方に行くところも分かりにくいので難儀します。地元の人以外は,さっぱり分からない難所です。奥津の道の駅で休憩した後,人形峠を越えて鳥取県に入ります。

kurayoshi
ここで再び道の駅,三朝・楽市楽座でお買い物,奥さんは,道の駅で地元の物産を買って帰るのを趣味にしています。今回も,カブを買ったり,小松菜を買ったり,お菓子を買ったり・・・「手作り&雑貨マーケット in くらよし」はどうなったの?

kurayoshi kurayoshi
倉吉市に入って市役所を目指して行くと,市役所の1kmほど手前に大きな駐車場を備えた奇妙な建物が見えます。ここが会場の倉吉未来中心アトリウムです。

kurayoshi
中は,こうなっています。ガラス張りのイベントホール(アトリウム)とドーム状の二十世紀梨記念館,なしっこ館とが一体となっています。

kurayoshi
肝心の「手作り&雑貨マーケット in くらよし」は,こんな感じ。大山に行ったときに書いた"かえる工房"さんも出店していました。それぞれのお店は,残念ながら撮影禁止ということで雰囲気のみでご容赦を。

kurayoshi 展示されている梨の巨木
なしっこ館の中は,こんな感じ。入場料は,おとな¥300というので「しょぼいのかな?」と思っていたら大間違い。施設はきれいに保たれているし,資料的な価値の高い展示物も多いし,いろいろな梨の品種の試食もできるし,¥300は安すぎるじゃろ?という感じでした。

kurayoshi kurayoshi
梨の民話や童話のジオラマの展示です。

kurayoshi kurayoshi
しばし,楽しませてもらった倉吉未来中心を出て,次は,倉吉市の観光駐車場に自動車を停め,レトロな街並とお買い物を楽しみます。市役所近辺は赤瓦と白壁の建物がいくつか並び,用水路にコイが泳ぐという風情ある景色が楽しめます。赤瓦と白壁の建物は,おみやげ屋さんやカフェ,醤油屋さんなどになっており,休日には,観光バスでお客さんがどっとやってくる観光スポットとなっています。

kurayoshi
町の中に自然に建っている弁天様のお堂。昭和の街並ではごく普通の景色だったのですが・・・。私たちは,いつの間にか大切なものをいくつも切り捨ててしまったような気がします。

kurayoshi
帰りは,国道313号線で山越えをし,勝山,高梁経由で帰って来ました。その際,県境近くの道の駅犬鋏(いぬばさり 鳥取県倉吉市と岡山県真庭市が共同で運営する全国でも珍しい道の駅)で休憩,ここは,コンパクトな見た目に反して品揃えが豊富,ここでも奥さんは,お買い物をして満足、満足の一日でした。

なお,今回の総走行距離は,約310km,13時間の道行きでした。
posted by 五六式 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169008559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック