2016年02月28日

オデッセイ MV-182

およそ2ヶ月ぶりに奥さんと映画を観に行きました。SFがいいということでマット・ディモン主演の"オデッセイ"(原題は,"MARTIAN")を観ることに・・・で,MOVIX倉敷でポイントカードに点数を入れてもらおうとしたら期限切れで以前のポイントが0になっていました。とほほ・・・。

<お話>

有人火星探査計画アレス3に参加し火星に降り立って観測や標本採集を行っていた宇宙飛行士達は,巨大な砂嵐に巻き込まれ,軌道上に撤退を余儀なくされる。その際,吹き飛ばされた観測機材に叩き付けられた植物学者マーク・ワトニーは,行方不明となり,宇宙服の破損情報が送信されたため,死亡と判定され,火星に置き去りにされてしまう。

しかし,突き刺さったアンテナと吹き出した血液によって宇宙服の穴は塞がれ,マークは,窒息死を免れる。火星に残されたラボでマークは,傷を治療し,酸素と水,食料を確保して救助が来るまで生き延びるための戦いを始める。

<はらはら>

こういう映画だと,はらはらするシーンがてんこもりになりがちですが,本作ではそういった過剰な演出は押さえられています。・・・渋い・・・。

<ジャガイモ>

大航海時代,大洋に進出した帆船にはジャガイモが食料として積み込まれていたそうです。でんぷんを多く含み,ビタミンCも含んでいるジャガイモは,長い航海を支える主食として最適でした。そんな過去の逸話をうまく取り入れています。

<ディスコ・ミュージック>

ラボに残されたパソコンに入っていたキャプテンの音楽ファイルが全部ディスコ・ミュージック・・・孤独を紛らわそうと音楽を聞こうと思っていたのに・・・。こりゃ,絶望するかも。"Terrible sence of music"ですと。

<ヘルメス>

宇宙探査船HERMESは,英語では「はーみーず」と発音されています。ともあれ,このヘルメスがマーク救出の鍵になるとは思って・・・・・・いました。ばればれじゃん。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174264863
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック