2016年05月23日

笠岡ベイファームでポピーを見る。

おかやま骨董アンティーク市で楽しんだ後,道の駅笠岡ベイファームまで足を伸ばしてポピーフェスティバルを観に行きました。

kso kso
国道2号線を西進して金光町のあたりでちょっと寄り道。以前から気になっていた(お昼時は,駐車場が満車状態)ラーメン屋さん,劉備でお昼ご飯をいただくことにしました。

ラーメンは,醤油味のみの直球勝負で,大,中,小から選べます。それに,チャーハンやデミカツ丼などのご飯ものがあり,セットにすることもできます。

麺は,細麺で固め,お醤油の香りが素晴らしい・・・ごちそうさまでした。

kso
お天気がよかったし,花も見ごろだったので駐車場は満車状態,かろうじて1カ所あいていた第二駐車場に入れることができました。

ポピーは,日頃目にするものと品種が違い,直径7〜8cmの大輪系で,6月上旬くらいまでが見ごろだそうです。

kso
ポピー畑に赤いミニ。

絵になりますね。いくら性能が良くても,ポルシェやGTRなんかじゃこうはいかないでしょう。

このごろの人は,性能,性能,あるいは,居住性,居住性,と車に多くを求め過ぎなのではないでしょうか?

だから,一連の燃費問題*なんかが起こる・・・。車ってこの程度で十分(でも,後ろの席の乗り降りは大変)と思えば,メーカーもユーザーも気が楽になると思います。賢い消費者と賢い行政がよい製品を生み出すのです。

*三菱のekワゴンだろうが,スズキのワゴンRだろうが,カタログ上は差があっても実用上の燃費はさほど変わらないはず。ほとんどの軽自動車は,カタログ上の燃費(JC08燃費 10・15燃費)を上げるために,燃費のテストに対応したチューニングをしていて,その結果,カタログの数値が出る。うちの先代ムーヴで低燃費運転をしたときの実燃費はカタログ値の8割弱程度,運転が荒い人なら,6〜7割。使い方にもよるけれど,日常の足ならば,月間で千円も差が開くことはないと思われる。メカの差よりも大事なのは運転のスタイルの差だろう。
posted by 五六式 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175397561
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック