2016年08月07日

ヤノベケンジ展 「CINEMATIZEシネマタイズ」

同窓会の翌日,うちの奥さん(も,同窓生)やその友達と一緒に高松の商店街を歩いた後,高松市美術館で開催されている"ヤノベケンジ展 「CINEMATIZEシネマタイズ」"を観に行きました。

cinematize cinematize
高松市美術館に入ってすぐのところに展示している巨大な女の子のフィギュア。
1日に数回,立ち上がります。スカートの中には・・・

同展は,瀬戸内国際芸術祭2016連携事業で,ヤノベケンジの四国初の大規模な個展ということです。立体作品が目を引きますが,チェルノブイリや福島の事故を経て描かれたアイデアスケッチも大変興味深いものでした。

作品群は,撮影可ということだったのでちょこちょこと写真を撮らせていただきました。ただし,動画撮影は,不可なので注意してください。

cinematize cinematize
アトムカー。スバル360やシトロエンDS19に通じるレトロフューチャな有機的ラインが魅力的です。ちゃんと人を乗せて走ることができるこの自動車は,ガイガーカウンター搭載で,空気中にある放射能を10回感知したら止まる仕組になっているそうです。

cinematize
アトムスーツ。放射能防御スーツですが,2本の角がア◯ムみたいです。同展では,大小さまざまな大量のアトムスーツが展示されています。

cinematize
アトムスーツ以外にも,さまざまな放射能防御スーツが展示されています。

cinematize
作品の一部は林海象監督の新作映画「BOLT」の美術セットとしてヤノベさんが手がけたもので,この作品は,原子炉を模しています。

cinematize
"風神"。突然,口がくわっと開き,大量の水がだーっと流れ出ます。

ヤノベケンジ展 「CINEMATIZEシネマタイズ」
2016 年7 月16 日(土) 〜 9 月4 日(日) [会期中無休]
高松市美術館 
開館時間:月〜土9:30~19:00 日曜日9:30~17:00 * 入館は閉館30分前
入場料:一般1,000円、大学生500円、高校生以下無料
主催:高松市美術館

ということなので,近在の方で興味がある方は,観に行ってみてはいかがですか? 

※ この記事からのリンク先は,近い将来,改変されたり廃止される可能性があります。ご注意ください。
posted by 五六式 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176430123
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック