2016年10月03日

アオシマ 1/144 新明和 US-2 お進め度 ☆☆☆☆☆

前回に続いてアオシマさんの飛行機のキットです。

海上自衛隊が装備する大型飛行艇US-2を組み立てて手許に置きたいと思っているモデラーはたくさんいるでしょうが・・・キットが無い!!・・・いや,あったんですけれどレジン・キットだったし・・・というわけで,今回のリリースは非常にありがたい!!これからも,この調子でP-1とか,C-2とかどんどん出していただきたいですね!!(かつてのマル◯ンやイ◯イみたいにならない程度に)

us2
塗装に支障がない程度に組んでいます。

<実機について>

大戦時の傑作飛行艇,川西二式大艇の流れを汲む新明和PS-1/US-1を改設計して大幅に性能を向上させた機体。PS-1/US-1譲りのSTOL性能と消波機構により波高3mの荒海への着水が可能な他,新規にキャビンを与圧式にし,加えてアビオニクスを大幅に近代化している。このことにより,救難飛行艇として世界第一級の性能を誇る。

us2

<キットについて>

・全面に筋彫りと適度なリベット打ちに加えて,どの部品もぴたりと付く精度の高いキットです。艇体の真ん中ほどの主脚収容部の裏側あたりに補強が入っていて,しっかり艇体が組み上がります。

・展示用スタンドと尻餅防止のためのおもりが付属しています。この展示用スタンドがなかなかのものでゲート跡が目立たないようになっており,機体に穴を開けないでもよいように継ぎ手になる部品も入っています。ちょっとスタンドのアームと継ぎ手の接続がゆるくなっているので調整が必要です。

・写真の状態では,まだおもりを入れていません。このままでは,機首を上げてひっくり返ってしまうので,バランスをとるために機体を前傾させいてます。ちょっと格好悪いけれど,今は,これが精一杯・・・。

・主脚収納のためのバルジの部品の精度が高く,胴体にぴったりとくっつきます。胴体の塗り分けラインがそこらにあるのでこれは本当にありがたい!!胴体背面の部品や主翼の接合部は,少し擦り合わせをして接着するとよいでしょう。

・離水時のフラップダウン状態を無改造で再現可能となっています。ここは,その状態で組み上げたいところですが,パイロットの部品が入っていません。ドローンでもあるまいに,ここは,どっからかパイロットをスカウトしてこなければなりません。これが,このキットの数少ない欠点かな?(旅客機の完成モデルによくあるようにスモークグレーなどで窓を塗りつぶすという手もありですね。)
posted by 五六式 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177124459
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック