2016年11月28日

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 MV-189

奥さんが「映画が観たくなった。」というので,娘も誘ってちょいと東宝シネマズ岡南まで行って来ました。

<お話>

ハリーポッターシリーズよりも70年前の話。時は,1926年,第一時世界対戦の傷も癒え,地下鉄の建設が進み,電灯が整備され,自動車が行き交う大都会ニューヨークにイギリスからの客船が着岸した。

客船から上陸したのは,ニュート・スキャマンダー,魔法学校ホグワーツを卒業後,イギリスの魔法省に勤めていたが,現在は,魔法生物の研究家である。彼は,ある目的のためにニューヨークに来たのだが,上陸早々,持参していたトランクから何匹かの魔法生物に逃げられてしまう。ニュートは,逃げた魔法生物達を追ううちに,缶詰工場に務めてはいるが,パン屋として開業しようと銀行を訪れたジェイコブ・コワルスキーと関わることになる。

<アメリカ>

子どものときに思い描いていたアメリカってこんなんでした。アメリカの女の人も,こんな感じ。色彩も押さえ気味で大変よかったです。

<コワルスキー>

ロシア系の移民かしら?昔,キラー・コワルスキーっていうプロレスラーがいましたね。←歳がばれる。

戦争でひどい目にあって,何もかも失って缶詰工場の工員になっています。見た目は,太めのおっさんですが,優しく善良で志のある人物です。本作のコメディー・リリーフ。

<大人の魔法使い>

ハリー・ポッター・シリーズと世界観をともにしているので魔法を使う仕草や人物の相関関係が共通しています。今までのシリーズを観て来た人達には,うれしい配慮ですね。

ここで注目したいのは,ニュート達の魔法の使い方。魔法学校に通っているような拙いところはなく,成熟した使い手の技が堪能できます。

<続編>

ニュートは,もう一回ニューヨークにやって来そうだし,ニュートと英国魔法省とのトラブルなど回収できていない伏線もあるし,続編は,きっと制作されるでしょう。老後の楽しみが増えました。
posted by 五六式 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177835651
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック