2017年01月22日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MV-190

うちの奥さんの大好きなスターウォーズシリーズの外伝です。

今回は,最近リニューアルした倉敷のMOVIXに行ってみることにしました。

<お話>

ゲイリン・アーソとライラ・アーソ夫妻は,娘のジンとともに辺境の惑星で隠遁生活を送っていた。ある日,そこへ,帝国軍のシャトルが着陸する。帝国軍の目的は,ゲイリン・アーソの確保であった。彼は,優秀な物理学者で,帝国が開発を進めている究極兵器の完成になくてはならない人物だったのである。

ジンは,目の前で母親が殺害され,父親も連れ去られてしまうが,両親が用意していたシェルターに隠れて難を逃れることができた。

<ソウ・ゲレラ>

シェルターに隠れていたジンを救い出した,養い親とも言うべき人物です。彼は,ジンに生き延びるための戦闘術を身につけさせた後に戦乱の中でジンと生き別れとなり,ジンは,そのことを大層恨んでいます。彼が死を目前にしたとき,最期に漏らした言葉は・・・。

<K-2SO>

再プログラミングされた元帝国軍の戦闘ドロイドです。基本,殺人兵器ですね。♪善いも悪いもリモコン次第♪・・・ならぬ,プログラム次第です。キャシアンが信用しようとしないのも分からないではないです。が,彼の献身的な行為は,はたしてプログラム故だったのでしょうか?

<薄氷を踏むような>

・・・とにかく,最後には,デス・スターの設計図が反乱軍の手に渡るわけですが,参加した誰もが,命をかけて目一杯頑張らなければ,そして,そのことが生み出す幸運が無ければ,成功しなかった任務でした。そして,最後の最後で"EPISODE 4"につながっていくのですね。

・・・キャリー・フィッシャーさんが亡くなってしまいました・・・涙・・・。


・・・HDSEDの今年の目標は,「(結構いい歳なので)頑張らない」ですけれど・・・宗旨がえしようかな・・・。
posted by 五六式 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178508732
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック