2017年06月10日

次は,伊香保温泉

尾瀬散策の翌日,伊香保温泉に一泊してから帰ることにしました。

9:27発の尾瀬戸倉発のバスで沼田駅まで行って,4駅戻って渋川からバスに乗って伊香保温泉に入ります。

バス停から宿舎(伊香保温泉 ホテル木暮)までは近かったのですが,伊香保神社や階段街までは上り坂になるので宿舎にチェックインして荷物を預かってもらった後,車で送ってもらいました。

gmm
伊香保神社前。400年ほど前に作られたという階段は,365段あります。お昼の時間になったのですが,火曜日は,定休という飲食店が多くて困りました。週休2日制と月曜日の代休の普及のため月曜日定休が火曜日にずれ込んだためでしょう。平日の旅行代金がお得・・・と思っていると,思わぬところで足をすくわれるものです。

gmm gmm
カフェレストラン"SARA'STerrace Arraiya"さんが開いていたのでお世話になりました。美味しいのはもちろんですが,器もおしゃれです。右のなんか,チャーシュー麺が入っているとは思えません。キーマカレーも,スパイシー過ぎず,適度な辛さで美味しゅうございました。

gmm
昼食後,伊香保おもちゃと人形 自動車博物館に行くためにバスに乗りました。伊香保周辺で運行しているバスは3系統(群馬バス・関越交通バス・伊香保タウンバス)あってチケットを共有できません。また,安価に利用できるタウンバスは,この博物館行きの便が土日しか出ていません。

伊香保からだと水沢観音の方に寄ってからJRの駅に向かう便がいくつか出ています。本当は,渋川駅から博物館に寄って伊香保に向かう方が合理的だし,バス代も安くつきますが,荷物を抱えての移動やバスの便がいくつあるか分からない状況だったのでまぁ,よかったことにしましょう。

gmm
水沢観音の付近は,水沢うどん街道と言って十数軒の店構えの立派なうどん屋さんが並んでいます。日本の三大うどんとは,香川の讃岐うどん,秋田の稲庭うどん,群馬の水沢うどん(3つ目は諸説あり)だそうですが,ホテルで食べた感じでは,三大うどんでいいんじゃないかと思いました。

しかし,敢えて言おう,

讃岐うどんは,単価¥200のところでも美味しいんだよ

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館は,上の原バス停を降りるとすぐのところにあります。

gmm
入場すると,すぐテディベアの展示,続いて,昭和の町の様子やおもちゃの展示となります。未だに白黒のブラウン管のテレビが当時の番組を写しているのには驚きました。写真に写っているのは,鉄腕アトムとブースカとロボコンですね。

gmm
日本一有名なお豆腐屋さんの営業車の展示です。モデルになった地元渋川市の藤野屋さんの建具や看板がこちらに移されているそうです。

gmm
40〜50年前の車のコレクションも充実しています。これは,初代日産チェリー・クーぺX-1R。1200ccの自然吸気エンジンながら100HPを発生。1tを切る車重も相まって加速力と直進性に優れるというものでした。

就職した時,購入するチャンスがあったのですが,当時の同クラスのFF車らしく,ブレーキが弱い,曲がらないという欠点があり,購入を断念しました。こういうじゃじゃ馬を乗りこなすのが漢というものだという意見もありますが,現在考えてみれば,普通に運転していればそんな欠点なんか出てこないんだよね〜。

他にも,初代セリカLBとか,初代サニー・クーペとか,初代ミニカとかお宝ざっくざくという感じでした。こんなにたくさん並んでいると,ありがたみが薄れるというか・・・複雑な気分です。

英国車の旧ミニの展示も充実していますが,撮影禁止だったので紹介できませんでした。

gmm
古い映画の展示もありました。屋外には,迷路のようになっている中に映画のパネルや"三丁目の夕日"のセットが展示されています。

他にも,リス園があったり,カフェやショップがあったり,キューピーの絵付けコーナーがあったりと盛りだくさんでお腹いっぱいになります。

夕方には,ホテル木暮に戻ってお風呂に入ったりお土産を買ったりしました。お風呂は,源泉掛け流しで,庭園露天風呂やジェットバスなどたくさんの湯船があり,一回りするだけでもかなり楽しめます。また,毎日,男湯と女湯が入れ替わるので夜と次の朝とで別のお風呂が楽しめるようになっています。

うちの奥さんがたくさん食べられないので,夕食なしのプランにしてもらったのですが,朝食が美味しかったので夕食も推して知るべしだろうと思います。

gmm
帰りは,温泉まんじゅうを買って早めに高崎駅まで帰って高崎駅の駅ビルでぶらぶら遊んでから新幹線の乗り継ぎで岡山まで帰ってきました。

・・・尾瀬で23km歩いた疲労はまだ残っていて,家に帰った次の日もだらだらしてしまいました。
posted by 五六式 at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
温泉にグルメ、いろいろ楽しまれたようで羨ましいです。私は精々コミケに日帰りで行くくらいで(それ、旅行とは言わない(^^;)

おもちゃ博物館だけでも一日つぶせそうです。うちもいいかげん古い家なので、掘り出せば昔のおもちゃとかいっぱい出てきそうですが、やはり保存状態は悪そう…
アトムとかあったような気がするんですよね(^^)

車も、昔のはちょっとまるっこかったりして可愛い感じがしますね(^^)
Posted by 秋田 at 2017年06月14日 11:56
●秋田さん

連投,ありがとうございます。

お宝,お家にもあるといいですね。

うちの娘なんかは,「親が死んだらみんな捨てちゃう。」なんて言ってますが・・・涙・・・。

今の車は,居住性を良くしたり安全基準を満たしたりするためにああいう不細工な形になってしまう(例えば,バンパーが太くなっています。)そうです。フロントの面構えがヤンキー風だったり凶暴そうだったりするのも,視認性を高めるためだそうです。

やれやれ,つまらない世の中になったものです。
Posted by 五六式 at 2017年06月16日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180019621
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック