2017年10月13日

GRECO D-100 久々に弦を張り替えました。

久々にGRECOのリゾネイターギターD-100の弦を張り替えました。

d100
メイプル製ボディにアルミコーン付き。

d100
リップスティックピックアップ装備のエレアコ(なのかな・・・)です。

d100
弦は,ダダリオのフォスフアーブロンズのライトゲージです。

テールピースに引っ掛ける形式は,楽そうで案外不便です。ある程度,弦が張れていないとすぐ外れてしまいます。後,ブリッジのカバーも結構邪魔です。五六式は,弦をテールピースに引っ掛けずにボールエンドのところを右手で引っ張りながら左手で弦をだいたい巻いておいて,後少しで引っ掛けられられなくなる寸前にボールエンドをテールピースに引っ掛けるという方法を採りました。ちょっと気を抜くと,弦が糸巻きからほどけてやり直しになってしまうので要注意です。

新弦を張ると,チューニングも押弦の感触もよくなりました。音(特に生音)もよくなったのですが,いままでの枯れた感じとかリゾネイターギター特有のBUZZ音が減じたように感じました。あちらが立てば,こちらが立たず・・・,深い・・・。
posted by 五六式 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | GUITARS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181267056
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック