2018年08月25日

え!?

お昼前,車でお使いに行っていたら,暑さでiPodがヤられてしまってちっともいうことを聞いてくれなくなりました。しかたなく,AMラジオのNHK第一放送に切り替えたら,耳を疑うような発言が聞こえてきました。

番組名は,"長崎 祈りの音色",NHK-FMで8月9日(木) 午前7時25分〜午前9時15分に放送されていたものを45分に編集したものです。

本文にリンクを貼りましたから,聞いてみてください。びっくりしたのは,長崎市浦上のキリシタン (カトリック) 信徒の指導者,高木仙右衛門の子孫の発言の内容です。32分50秒あたりから41分あたりまでを聞いてみてください。他の出演者もドン引きでした。(配信は2019年3月31日18時までで終了します。)

これが,教団の正式な見解なら,ちょっと黙っておれんじゃろ?

本当のところは,どうなんじゃろか?

25日の放送は,1時間50分の本放送を45分に再編集したもので,その際,この部分がカットされなかったということは,NHKもしくは,高木某にとって譲れない主張であったと考えてもいいですよね?

五六式がおかしいのか?

高木某がおかしいのか?

両方ともおかしいのか?

みなさんは,どう思われますか?

※この記事についてのコメントは,一切受け付けておりません。他の記事に書き込んでも片端から削除します。

 各自でいろいろ考えていただけたらと思います。
posted by 五六式 at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184269321
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック