2018年12月02日

機動戦士ガンダムNT MV-202

家族三人でMOVIX倉敷で映画を見ました。奥さんと娘は,"ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生"を観たのですが,五六式は,敢えて,"機動戦士ガンダムNT "を観ました。家族不和ということではなく,"ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生"は,近場のTOHOシネマズ岡南でやっているので,観に行くのによいしょがいる"機動戦士ガンダムNT "を観ることにしただけです。・・・寂しくなんかないやい・・・!!。

<お話>
ジオン軍によるコロニー落としを予知したリタとそれに感応したヨナ,ミシェルの三人は,奇跡の子とたたえられるが,親を失い,養護施設を転々とした後,ティターンズのオーガスタ研究所に送られる。ティターンズの壊滅を前に業績を上げることを焦った研究所のスタッフは,子ども達に危険な実験を重ねていく・・・。

<ディジェ>
冒頭、大活躍。ジェガンより強いのね。もうすぐ,HGUCでキットが出るのでそのプロモーションかな?

<ミネバ様>
相変わらず,人類の平和を願って戦っています。バナージ君(彼の乗機、映画のパンフに載っていません。ドーベンウルフ/ガンダムマークVの改装機らしいです。)も密かに彼女のために戦っています。

<ガンダム>
ガンダムのお話って,いつも女の人が男の人をかばって死ぬのな・・・。

<シェザール隊>
おっさん達がいい味出しています。若い人が世界を革新するのかもしれんが,世の中はおっさんやおばさんが回しているんだなぁ。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185173121
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック