2019年03月07日

大山稲荷と木里大明神(その2) TNG-010


SHINAI TREK TamaNo challenGe SEASON 2

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

前回の続きです。

TNG
尾根に出ると,ここもまた,岩がゴロゴロしています。ここも転落防止のために工事が入っています。

TNG
なおも進むと,一旦下って茂みに入った後、この二つの岩のところで行き止まりとなります。

TNG
左の岩のつけ根から下を見下ろします。

TNG
右の岩をよく見ると・・・

TNG
TVの受信アンテナがありました。どうやって,設置したのでしょうか?

TNG
行き止まりから北の方を見ると,更に未知の領域が・・・道だけに・・・!

TNG
上に登っていくのは,道が見つけやすいですが,帰りの下り道は,迷いがちです。左に入ると,帰れません。

TNG
三角点があれば安心。尾根沿いに木里大明神のところまで帰れます。

TNG
麓から,今回行き着いた岩(一番左の家の屋根の右)を見上げます。

TNG
陸橋を渡って線路の西側へ。

TNG
先の岩の望遠写真です。

TNG
宇野港に向かって南下すると,パン屋さんがあります。

TNG
手作りパン"プチ"のベーコンパン¥400です。最後の1個をGETしました。歩いて持ち帰ったのでちょっとへこんでますが,本当はもっと膨らんでいます。

家族4人で分けて食べました。もふもふのうまうまで,好評でした。

食パン¥280もおいしそうだったのですが,次の機会に買うことにしました。

・ 所要時間は,ツタヤより往復2時間半。暗くなると危ないので行ってみようという方は,時間に余裕を持ってチャレンジしてください。

・ 尾根筋は,やや滑りやすいです。慎重に進めば,滑落することはありませんが,舐めてかかると大変です。滑落すれば,最悪の場合,死にます。

・ 子ども同士では,絶対にチャレンジしないでください。

・ イノシシの足跡があるところでは慎重に。瓜坊が生まれる頃以降は,しばらくイノシシの痕跡があるところには近寄らない方がよいでしょう。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185658383
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック