2019年03月05日

船越金刀比羅宮(玉野市) TNG-008


SHINAI TREK TamaNo challenGe SEASON 2

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

熱中症を誘発しないよう,去年の夏より,お休みしていました"SHINAI TREK"ですが,今回,めでたく,再開となります。

まだまだ寒い日もありますし,イノシシ君も出没している(先日、午後3時頃,日比中学校のすぐ近くで遭遇しました。)のでお出かけの際は,十分気をつけてください。

今回は,宇野駅から,船越金刀比羅宮を経由して尾根筋に至る道に挑みます。

宇野駅から田井駅に向かう線路沿いの道(ヤマダ電気やしまむら,マルナカが並んでいる)を北進して・・・

金刀比羅
玉野市の山には,巨石、巨岩がゴロゴロしています。

金刀比羅
宇野みなと線を跨ぐ立体交差のところで右折すると大きな岩が尾根沿いに並ぶ山が見えます。

ぶっちゃけ,本稿は,その岩のあるところまで行けるというお話になっています。

kp
玉野競輪場や日の出ふれあい会館の手前にある船越金刀比羅宮の入り口です。

金刀比羅
船越金刀比羅宮へは,階段を暫く上って,その先は,一本道となっています。他に,前述の三叉路の近くにも参道があります。

金刀比羅
さほど頑張らなくても,ここまでは簡単に来られます。

お社の右脇に,山の尾根に至る更に道が続いています。

KP
尾根に出ると,視界が開けます。

左右に通っているのは,宇野みなと線。

KP
尾根沿いに岩が転がっています。

KP
1987年に,岩の落下防止のための補強工事が行われています。

その頃,岩が一つ落ちて,住宅が半壊しました。幸いにも住人の方は,潰されなかった部屋で寝ていて無事だったそうです。

KP
突き当たりまで来ると,また,山道が・・・。次の踏査対象を見つけてしまいました・・・。

尾根筋のすぐ近くに車道が通っていますが,私有地なので入れません。楽をして帰れると思ったら,目算が外れてしまいました。帰りも,尾根筋を通って行くしかありません。

KP
尾根筋は,視界が開けているので玉野市築港から宇野にかけての市街地の様子がよく分かります。左端に見えるのは,最初の最初に右折した交差点にある立体交差。

KP
今回、歩いた尾根筋は,下から見ると,このようになっています。

KP
宇野みなと線を跨ぐ立体交差から,撮り鉄になって車両を撮影しました。

※本稿は,2018年2月に撮影した写真を元に構成しています。
posted by 五六式 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185658431
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック