2019年03月16日

日の出公園遊歩道 TNG-012


SHINAI TREK TamaNo challenGe SEASON 2

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

前回の記事のリサーチのため,地図を見ていると,玉野競輪場をぐるっと囲む道路があったので歩いてみることにしました。出発は,天満屋ハッピータウン玉野店メルカからで,所要時間は,往復約2時間です。

日の出
宇野駅を経由して,前回と同じく,日の出ふれあいセンターを目指します。

日の出
三叉路で左折せずに,玉野競輪場を越えて真っ直ぐ進むと・・・車止めがあって,寂しげな道が続きます。車止めから先は,個人宅と日の出公園遊歩道しかないので車で強引に進まないようにしてください。

日の出
ところどころ,視界が開けるところがあって,瀬戸内海や玉野市街が眺められるところがあります。左の手前から2番目の島が,直島。遠くかすんでいるのが,対岸の高松市の勝賀山(左)と五色台(右)です。

日の出
日の出公園遊歩道の入り口です。ここにも,イノシシの影が・・・。

日の出
展望台もあります。ここから見えるのは,競輪場と田井港周辺です。

日の出
傾斜のきつい階段もあります。オフロードバイクで走ったりしないでください。進めなくなってにっちもさっちもいかなくなります。

日の出
玉野競輪場を一望できるところもあります。

日の出
全体的に,かなり道が整備されていて,先の入り口から下る限りストレスはありません。

日の出
下りきったところです。こちらから逆コースで登っていくのは,登りの最終段階できつい傾斜の階段になるのでおすすめできません。

日の出
玉野競輪場のすぐ右の玉野市ボランティア活動センター(廃屋)の看板のところに出てきます。

日の出
もと来た道で帰路につきます。8日の記事にあった製油工場の表側に着きました。ここでは,トウモロコシから食用油を作っています。

日の出
宇野みなと線を跨ぐ陸橋を渡って駅の方へ進みます。RSKの"VOICE愛"で紹介していた本場の餃子が食べられるお店もあるのですが,今回は,夕食前なのでパス。(いつか,食べに行くよ!!)

帰りは,ちょこちょことお使いをしてメルカ経由で帰宅しました。
posted by 五六式 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185721779
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック