2019年07月25日

JTB 2カ国周遊!アルプス三大名峰とアルザス地方の旅9 その3

<マッターホルンを観る>

sws

ツェルマットで泊まって,翌朝から登山列車でゴルナーグラート駅まで登り、展望台から雄大なマッターホルンの景観を望むはずだったのですが・・・

sws
あらあら,真っ白でマッターホルンが見えません。

sws
下りのフィンデルバッハ駅からルツェルンまで一駅分ハイキングをしました。同行の日本語が上手なハイキングガイドさんが植物について解説をしてくれました。

sws sws
左トウダイグサ(実) 右ノコギリソウ

sws
昼食後,自由行動。この日は,移動無しでもう一泊しました。宿舎は,前日と同じくアルバトロスホテル。駅から少し離れていますが,こじんまりとしたアットホームなお宿です。町中で"ゼルマット"と言うのが耳に入ってきました。それぞれのお国のZ読み方で話しているようです。

sws
マッターホルン博物館。1人10CHFですが,64歳以上の割引ありです。マッターホルン初登頂の際に切れたロープの展示や登山の歴史、かつての村の暮らしの展示などがあります。一部日本語の解説も併記されています。

向こうに見える教会とこの博物館の間に湧き水が飲めるところがあります。水量が豊富で日本人のおなかにも優しい水です。ここで飲み水を補給する事ができます。

sws
1日に2回、ヤギさんがパレードをします。伝統音楽やダンスのパフォーマンスも観ることができます。

sws
下山した後,雲が晴れてマッターホルンの勇姿が現れました。

sws
日本人の店員さんのいるお土産屋さん。添乗員のW田さんがしっかり日本人向けの1割引券をツアーの全員分GETしてくれました。

sws
毎回,食事の量が多いので自由行動の日の夕食は簡単にサンドイッチで済ますことにしました。写真のパン屋さんは同じ名前のお店が二軒ありました。おいしゅうございました。

sws
宿舎のベランダからもマッターホルンが見えました。

つづく!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186337599
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック