2019年07月26日

JTB 2カ国周遊!アルプス三大名峰とアルザス地方の旅9 その4

<モンブランを観る>

ツェルマットからテーシュまで鉄道で移動し,その後,チャーターバスに乗り込みました。

sws
車窓から見えたエギュ・デュ・ミディ(エギーユ・デュ・ミディ)展望台。

バスは,モンブラントンネルを通り,イタリアへ。国境越えなのでトンネルの手前で渋滞しました。警備上の理由で写真はNGです。

sws
スイスからイタリアに入るとご飯がおいしくなります。

sws
イタリア側から回転ゴンドラや3連ゴンドラを乗り継いでフランス側のエギュ・デュ・ミディ展望台に達します。回転ゴンドラは,長いこと故障中でした。つい最近,直すのを諦めて新規に作り直したそうで,再開の情報が広まっていなかったので空いていました・・・汗・・・。

ツアー名の2カ国周遊の2カ国にはイタリアは入っていません。本当は,3カ国なんだけれどイタリアはほんの少しだから・・・。

sws
ゴンドラは,じわ〜っと少しずつ回転しながら中継点へ。

sws
ゴンドラからの絶景。

sws
中継点で一休み。イタリアとフランスの国境でもあるエルブロンネ展望台です。イタリア人は,「俺たち,陽気なイタリア人。フランス人は,お堅くてヤだね〜。」みたいなことを,フランス人は「僕たちは,礼儀正しいフランス人。イタリア人はチャラい。」みたいなことを言っているようです。←国民性をネタにしたギャグかもしれないけれど。EUができてよかったよかった。ま,気候や土地が違えば,気質も違うし,高い山が障壁となって国境ができているんだから仲がいいわけないよね〜。

sws
次は,4人乗りの3連ゴンドラでエギュ・デュ・ミディ展望台へ。移動距離が長いので他のゴンドラが駅に着くたびに何度も止まって,空中を上下にゆらゆらします。同乗したカップルは,高所恐怖症だそうでゆらゆらするたびに固まっていました。

sws
時間の余裕が無かったので展望台の最上階には登りませんでした。

sws
で,モンブランはどこかというと・・・。

sws
頂が多すぎてどこか分からん・・・。手前の頂らしいです。

フランス側のシャモニーに降りるゴンドラは,混雑していたので順番を待つのが大変でした。シャモニーに降りると,ツアー一行は,再び国境越えをしてモントルーへ。

つづく!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186340981
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック