2019年10月29日

空の青さを知る人よ MV-208

映画のはしごをして"空の青さを知る人よ"と"イエスタデイ"を観ました。

まずは,"空の青さを知る人よ"から・・・。

予告でお兄ちゃんがファイアバードを弾いていたので観に行こうかなと・・・。

<お話>

山に囲まれた町に住む相生あかねと相生あおいの姉妹は,あかねが17才のときに両親を事故で亡くしてしまう。あかねと幼なじみの"しんの"(金室慎之介)は,高校を卒業するとき,あかねに一緒に上京とて音楽をやらないかと誘う。しかし,あかねは,幼いあおいと2人で暮らすために地元に残って就職する道を選ぶ。

<太眉>

あかねとあおいは,揃って太眉です。

・・・世界の宝だよ・・・。

<サンダーバード←ベースギターだよ。スージー・クアトロが使っていたアレ。>

あおいが使っているベースは,サンダーバード。"しんの"がファイアバードを使っていたのと関係があるのだろうね。ただし,"しんの"のファイアバードが本家ギブソン製(オリジナルよりもスペックを落とした(スルーネック→セットネック)ローコスト版みたいです。当時,そのようなモデルが在ったのか,ちょっと疑問。)なのに対し,あおいのベースはエピフォン製というところが生々しくて良かったです。あおいは,このベースを弾きながらパンクロック風に"ガンダーラ"を激唱するぞ!

<帰ってきた男>

ロックを目指していたミュージシャンが演歌のお仕事に携わるっていうのは,よくあることなのでしょうか?

<アリーナ>

アリーナの裏のちょっと寂れているような感じがやけにリアルでした。枯れ葉の舞い散り具合とか,件が積みの様子とか・・・ここにこんなに力を入れていいのと心配になるぐらいです。

<謎のパーカー>

あおいがいつも着ているパーカー,一体,何だろうと思っていたら,被ると〇像に変身できるという代物でした。怪しい,怪しすぎる・・・。

<初恋>

あおいが初恋のひとだという正嗣("しんの"達のバンドのドラム担当中村正道の息子)は,小学生ながら,初恋を成就させるために自分の実力を上げるべく精進していると言う。・・・立派だ・・・。

<結末>

いろいろコメントすることがあるのですが,ネタバレになるのでパスさせてください。ぐっと縮めていえば,"イエスタデイ"と同じでした。ハッピーエンドですよ。

最後に,太眉,素晴らしい!太眉、最高!
posted by 五六式 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186741609
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック