2020年04月01日

退職して36ヶ月が経ちました。

コロナウィルス騒ぎでお出かけもままならず,何となくもやもやした毎日です。一説では,インフルエンザの方がたくさん人を殺していると言うし,他方では,一旦,重症化すると手の付けようも無く死に至るとか言うし,ネットや新聞やTVの言うことのどこに正解があるのかちっとも分かりません。発生源とみられている某国に至ってはお米の国の謀略だ何て言って,責任逃れをしようと躍起だそうです。ホントにいい加減にして欲しい・・・。

<ディスカバリー傑作選 名車再生!クラシックカーディーラーズ>

この頃,はまっている番組(BS11)です。

イギリス在住のディーラーのマイクとメカニックのエドが,往年の名車を再生して転売し,利益を得る(たまに赤字になる)という番組で,中断も挟みながら17年も続いている長寿番組です。

時々,ホンダ・シビックやマツダ・RX-7のような日本車も出てくるので日本人でも楽しめると思います。工夫と技を尽くして再生した旧車を,テストドライブしてはしゃぐ二人の姿は,在庫の古いプラモを発掘して製作する私たちモデラーと相通じるものがあります。

<ちょっと,これは・・・>

レベルの1/72MIG-21について"SCALE MATES"というサイト(キットの初版が何年なのかとか,"新キット"となっているけれど,実はOEMなのかどうかなどが調べられます。)で調べていたらこんなものが・・・。

mig
フジミの1/72 MIG-21bis BLACK LYNX(1991)です。

mig
BELFIXというメーカーの1/72 MIG-21bis BLACK LYNX(1992)です。中身は,フジミのキットでは無いようです。

箱絵以外は全く別のキット・・・汗・・・。

かと思ったら,

mig
ハセガワの1/72 MIG-21F(初版1966年・この箱絵は,1980年に再販されたときのもの)です。AMTやFROGやMINICRAFTへもOEM供給されていたようです。

mig
ア〇デミーの1/72 MIG-21F(1984)です。箱の意匠のレイアウトがそっくりです。"FISH BED"の字体も同じ,箱絵は違う絵のようですが,左右反転してやると・・・

mig

あらら・・・。

背景の山の輪郭まで一緒だよ・・・。というか,反転させて別物のように見せかけるなんて悪質だよね〜。目眩がしてきました・・・。

更に,ネットで製作記事を検索すると,部品の構成や形もハセガワのものとそっくり(〇カデミーの方は,全面筋彫り)です。

あらら・・・。昔,日本でもモノグラムの劣化キットを出していたメーカーがあったので偉そうには言えないけれどね。

アカ〇ミーさんたら・・・,ホビーショー(コロナのおかげで5月のは中止だそうな)から追放されるわけだわ・・・。

<イノシシ>

この春,庭の花壇をほじくり返してムラサキカタバミの芋とフリージアの球根をほじくり返して食い荒らされました。今年は,3日後に再度来襲。深夜の2時頃,植木鉢をひっくり返す音を聴いたので明かりをつけると,大型犬くらいの成獣がごそごそやっていました。あまりうろちょろされると嫌なので,庭と玄関の照明をつけっぱなしにしています。

イノシシを見かけたら,市役所と警察に連絡するように市報で通達されていますが,市の方では,情報を集めるだけ。警察の方は,出てきたときに追い払ってくれるとい言うのだけれど,真夜中に自宅の庭で大捕物をされてもなぁ・・・。

今日も,散歩をしていたら,別の個体がいました。しかも,幼稚園の入り口のそばに。我が家の近辺には,少なくとも3〜4頭の個体がいるようです。

<ミラ・ジーノ危うし>

娘が乗っているミラ・ジーノのエンジン周りに油漏れがひどくなってきています。パッキンを交換して効果が無ければ,エンジン積み替えですと・・・。これから,お金をつぎ込んでジャパンビンテージにするのも手だけれど,どんなものかね?

メーカーさん,現行車のデザインに魅力が無いから買い換える気が無いって娘が言ってますよ〜。

<墓仕舞い>

母方の親戚が,墓じまいのためお寺さんや業者と話を進めています。費用は,何やかやでン十万円。お墓を建てるのも大変だけれど,維持するのも大変。少子化のおかげでそうやって守っていたものも始末することになってしまいます。

父方の本家のお墓も,どうなるんだろうか?
posted by 五六式 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ご無沙汰しています(^^;)
今やコロナ騒ぎで世界がとんでもないことになっていますが、個人的には出来る事をやっていくしかないと思っています。
早く収まる事を祈るばかりです。

イノシシとは…困ったものですね。ていうか危険なので怖いですけど大丈夫なのでしょうか??襲われたら大変です。
うちは精々イタチかアライグマくらいですが。
どうぞくれぐれもご用心を。

墓じまい、はやってますよね。
やはり維持する事が大変とか。
うちは元々お墓が無いのでそういう心配はないのですが(^^;)
自分は死んだらさっさと火葬だけしてもらうつもりです(^^)
Posted by 秋田 at 2020年04月15日 00:34
秋田さん

こちらこそ,ご無沙汰しています。

コメント一覧に,なぜか先の投稿が反映していなくてお返事が遅れました。(どうしてなんでしょうね?)

イノシシが出没する時間帯に牛乳配達の人が来るので,用心のため,外の電灯は一晩中つけっぱなしにしています。・・・困ったものです。

お互いにお墓のことを心配するような年齢層に入ってしまいましたね。どんどん子孫が増えていくような時代なら,お墓のことで悩むことは無かったでしょうに。

Posted by 五六式 at 2020年04月30日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187331303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック