2020年04月15日

FIAT 126 1972〜2000 QC-047

今回は,チンクチェントの正統後継車、フィアット126です。

FIAT

<実車について>
FIAT
フィアット500ノーヴァの基本メカニズムを継承して開発された小型乗用車。本国イタリアでは1980年までの生産であったが,1973年からライセンスを取得したポーランドでは,2000年まで生産された。

FIAT
トコッ〇とよく似ています。エッセといい,ミラ・ジーノといい,ヨーロッパの小型車によく似た軽自動車を開発しているダイハツですが,今度は,フィアットですか・・・。うちの娘は,トコ〇トは,ダサいと言っていますが、おやぢは,ト〇ットはいいと思いますョ。今の軽自動車の性能と信頼性でこじゃれたイタ車の気分が味わえるのですから。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187436813
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック