2020年04月30日

ただいま進行中 ハセガワ 1/200 川崎 C-1 MD-034

川崎C-1のデカール替えのキットです。

ハセガワのC-1のキットは,現在、定番から外れて時々,新パーツの追加や特別塗装のデカール替えキットが出るのみとなっています。

これは,もう20年以上前の自衛隊美保基地所属402および403飛行隊の4周年記念塗装の機体のキットです。ハセガワのキットのデカールは,すぐに黄ばんでしまうのですが(現在はどうなんだろうか?),このような別あつらえのデカールは,黄ばまないことが多く,当時は,積極的にそういうキットを購入してストックしていました。・・・にしても,20年以上も放置していてはね・・・涙・・・。

C!

キットは,かなりのテールヘビーなのに組み立て説明書には,そのことに触れていません。そのため,多くのキットが組み立てに失敗し,その結果,廃棄されたのではないのででしょうか?やっと完成したと思ったら尻餅をついてしまうのですから。塗装を終えてデカールを貼ってしまったプラモを再びばらして機首にバラスト(おもり)を入れる人などおりますまい。

風防のパーツは,胴体を組んだ後に入れるように説明されていますが,これも,大嘘。胴体左右を接着する機に組み込んでおくのが正解です。

デカールは,黄ばんでいませんでしたが,曲面に馴染みません。強引に曲げようとすると,折れます。マークセッターごときではどうにもならないのでヘアドライヤーの温風を当てながらマークセッターも併用しながら張り込むとなんかなりました。この作業でMPをごっそり持って行かれたので,ここ数日、全く作業に入れません。暫く間を置いてから,完成のための作業に取りかかることにします。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187437381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック