2020年08月09日

人類の三大激痛、来ました。その9

あっ,何か来た!!   のつづき

何か来た・・・と感じた後,あっけなく意識が無くなって目が覚めたら病室で寝ていました。手術時間は,30分ほどで,前回のように体はしびれていないので,その日のうちに歩けるようになりました。何も,びびるほどのことでは無かったですね。

翌朝、1ℓほど点滴をしたら,点滴のラインも抜けて,1泊したら退院となりました。

前の入院で買ったTVカードの残量が6時間分あったのでTVを見たのですが,TVショッピングとコロナのニュースばかり・・・くだらない・・・。前回の入院で談話室のめぼしい本を読み尽くしてしまったので,持参した本2冊が頼りでした。

KAWADE夢ムック 総集編 異界と俗世の狭間から 諸星大二郎 (2011)
山と渓谷社 山怪 山人が語る不思議な話 田中康弘 (2015)

会計の人と入院費の話をして,翌朝、担当のお医者さんと次回の外来の打ち合わせをして,病室を引き払う準備をしていたら,奥さんと落ち合う時刻になりました。五六式は,生還したよ!奥さん・・・涙・・・!

奥さんは,手術後、取り出した結石を見せてもらったそうです。びっくりするほど小さくて(砂粒くらい。そんなものでもつまると激痛が・・・!),おかげで手術も簡単に済んだのだそうです。

入院費は,前回、16万円、今回、11万円でした。高額医療なので,健康保険の事務所に申請すれば,一部返還されますが,無保険なら,90万円ぐらいになるでしょうか・・・怖・・・?とにかく,支払いを終えて,奥さんの運転で家に帰りました。ありがとう,奥さん。

・・・でも,まだ,ステントは入っているんだな・・・。

つづく!!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187791829
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック