2020年10月31日

できました。( YS11 HASEGAWA 1/144/MARK 1 MODEL 1/144 HS.748)

ロールスロイス・ダートターボプロップエンジン双発という共通点のある2種類の旅客機を作りました。

YS&HS
一見,同一機種に見えますが,長い方が,日本人にはおなじみのYS11,もう一つは,HS(ホーカー・シドレー).748です。

YS&HS
ハセガワ1/144YS11(日本エアシステム)です。このキットは,エンジン周りや風防周りに部品の合いが悪いところがあったり,主翼にヒケがあったりして処理に手間取りますが,概ね組み立てに困難はありません。

問題は,カルトグラフ製のデカールです。曲面に馴染まず,マークソフターも効かないので位置決めをしてからヘアドライヤーでデカールを柔らかくして貼り付けました。プラスチックの部品も溶ける恐れがありますが、デカールの方が先に柔らかくなるので無理をしない限り大丈夫です。

YS&HS
マークワンモデルの1/144 HS.748(スコティッシュ・ヨーロピアン航空)です。簡易インジェクションキットで,部品をイモ付けするところが多く,組み立てが面倒ですが,部品の精度は意外によいです。

今年発売の新キットですが,デカールのフィルムが弱くて難儀しました。特にストライプのデカールは,バラバラになってしまうのでマイクロスケールのリキッドデカールフィルムで補強することをおすすめします。これで,やっと安心してデカールが貼れたと思ったら,あらあら,ストライプの寸が足りません。そんな,アホな・・・涙・・・。もしや,側面図から補正無しでそのままストライプの長さを割り出したんじゃないだろうね?仕方がないので不細工になりますが,手描きで延長しました。

今回は,大変手間がかかりました。ハセガワさんも,マークワンさんも,自社製品をリリースする前に社員自身が一度組んでみるとよいと思います。

49/1000  D-009
posted by 五六式 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188080887
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック