2021年01月30日

できました。BANDAI 鬼滅模型 竃門炭治郎

スケールキット(タミヤのG.91)を作っていて煮詰まってしまっていたとき,手に取っていじっていたら,2日でできてしまいました。

炭治郎
基本、キットのままで各部が色分けされており,ほとんどの彩色が終わってしまいます。フィギュアモデルの製作で最もハードルの高い顔のペイントも,部品の巧みな成形で再現されており,手間いらずです。細かいところは,シールで補いますが,写真の通り,シールはほとんど使わず筆塗りで仕上げています。「滅」のところは,部品にモールドがあるので筆塗りでも大丈夫。

炭治郎
羽織の市松模様は,塗装済み。艶を抑えるためにつや消しトップコートをスプレーしています。シャツとズボンは,どうしても部品の合わせ目が残ってしまうのでスナップフィットはやめにして接着しました。合わせ目の処理をした後,タミヤのアクリルで成形色に近い色を作って筆塗りしています。

炭治郎
どんな角度から見ても破綻のない素晴らしい造形です。

58/1000  D-009
posted by 五六式 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188356553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック