2021年03月02日

某A新聞50000号に到達

朝起きて,郵便受けを見たら,何やら青いものが入っていました。

某A新聞が通刊50000号となりました。ご祝儀か何か知らないけれど宗教学者Y氏の祝辞と某家電メーカーの三面広告に包まれて通常の新聞が入っておりました。この本紙を包む外側の1枚が青かったわけです。何でも,1879年の1月に第1号が出て142年で達成ということらしいです。

16面と17面にこれまでの道のりを掲載していますが,戦前,戦中,戦争をあおったこととか,珊瑚にいたずらをしてニュースを作ったこととか,慰安婦関連であること無いこと書いたこととかは・・・まぁ,書けんわな・・・。こういった黒歴史については,この際だから懺悔して新たに歩んでいくみたいなことを書いとけばよかったのに・・・。

実は,2000年〜2010年ごろに公務員たたきが流行って,A新聞も二面ぶち抜きで公務員たたきの記事を大々的に掲載したことがありました。公務員は,勤務中にずっと遊んでいて退職後は,退職金ががっぽり,年金も手厚いんですと。公務員だった五六式は,我慢ができず,抗議の電話をかけたことがありました。だって,うちの職場は,BLACKだったし,朝日新聞の社員って地方公務員よりたくさん給料をもらっていたのに公務員の給与が高いって言うんだもの。弱いものいじめじゃん。

まず,岡山支社に問い合わせると,大阪本社に苦情を言ってくれとたらい回しにされ,大阪本社で応対した記者は,何を言っても「うちの親父は,公務員だったけれどずっと遊んでいた。」としか答えませんでした。つまり,ニュースソースは,その記者の父親の言動だけということです。他の事例については,一言も話さないし,こんなデータがあるとも言いません。そもそも,その親父さんが,本当に遊んでいたかも怪しいもので(子どもが父親の仕事を全く理解していないなんてことはよくあること。また,その親父さんが,頑張った頑張ったと言うのが恥ずかしいという性格だったのかもしれない。),こんないい加減な取材をして受け狙いの記事を全国紙に垂れ流すのは,許されないことではないのかな・・・?結局,高い市外通話の料金を払って少なくない時間を費やしたのに,何の成果も上げることなく抗議は終了しました。

記事の方もひどいもので,最近やたらとコミックネタの記事が目につくのです。五六式も,コミックをかなり読んでいますが,公式の場では,マンガを読んでいるなんて言わないし,話題にもしません。このBLOGは,プラモとか音楽とかコミックとかが好きな同好の人に向けて書いているもので,全国民に公的に何かを呼びかけているわけではないですからね。でも,全国紙で全国民に政治的に呼びかけるメディアに携わっている人は,「マンガばかり読んでいるのは恥ずかしい」という感覚をなくしてはいけないと思いますョ。(コミックが,小説などの他の表現手段に劣っているとは全く考えていません。誤解の無いように。)

で,何で五六式は,日付とTV番組表と"ののちゃん"ぐらいしか正しいことを書いていないA新聞を購読しているんだ?というと,母親が,やめると販売店のおじさんが気の毒だと言い,奥さんが,いろいろな有名人が記事を書いていて興味深いと言っているからです。まぁ,A新聞が変なことを書いていないかチェックするのにも便利だしね。
posted by 五六式 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188451766
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック